<   2006年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
今日の路地 #009
「ワン、ツー、ワン、ツー♪旅の入り口はぁ~ 歩いてこない、だ~から歩いてゆくんだねぇ~♪」
ということで、今日もGRDスペシャルカタログの銘コピー「いつもの路地が、旅の入り口になる。」
へのオマージュを探す旅に出る。
いつもの路地なのに“探す”のは少々つじつまがあわないが…(笑)

シリーズもののつもりだった“今日の路地”だが、10月は路地の旅へは出られず…代わりに(?)
21日に東京で撮った少ない写真を並べた特別編(くるっしい…)

【Harajuku / 2006.10.21 12:22】
e0082981_2254936.jpg

【Ebisu / 2006.10.21 15:52】
e0082981_2261256.jpg

【Ebisu / 2006.10.21 17:59】
e0082981_2262774.jpg

【Tokyo / 2006.10.21 19:09】
e0082981_226439.jpg

【Niigata / 2006.10.21 21:35】
e0082981_2265984.jpg
                            〔 GR Digital 〕

10月21日はご存知、GR DIGITAL 1周年記念パーティが恵比寿の某所で開かれ、お開きの後、
ブログつながりのパーティ参加者に、やはりブログ友達のphoto_artisanさんが合流してオフ会を
開く。その帰りの道すがら参加者の一人、闇将軍(夜景スペシャリスト)ことR.Hand師匠のお薦め
のスポットでプチ・フォトセッションをする。3枚目の写真は同じアングルから撮影したものを早々に
photo_artisanさんからTBを頂戴していた。

一枚目の表参道ヒルズの写真は、これ一枚撮るためだけに原宿滞在時間10分←駅からの往復のみ(笑)
次はもう少しゆっくりと路地の旅を楽しみたい(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-10-31 22:42 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(5)
中越漫遊 #03 祈り
中越大地震から2年、復興途中のこの地にあって信仰の力は必ず住民の心の支えになり続けている。
今回の中越漫遊ではニ寺社を訪ねることができた。

宿泊をした蓬平温泉にある商売の神様、高龍神社。急勾配の階段を昇った上に小さな祠のある神社は
地元の氏神様という役ばかりでなく、広く新潟県内から商売繁盛、家内安全を祈願しに、またお礼参り
に多くの参拝客を集める。

e0082981_2032468.jpg

e0082981_20322389.jpg

e0082981_20323690.jpg

自営業のara_umiもお札をいただいてきた。「ありがたや、ありがたや…」


↓こちらは、小栗山観音堂。木喰上人作三十三観音像を並べる、地元の庶民の篤い信仰を集める御堂。
すこし前にNHKで“世界の仏像100選”のような番組をやっていたが、新潟県ではここの三十三観音像と、
現代の大仏師松本明慶が地震の際、山古志の里で倒れた木を地蔵にしたものが紹介されていたのだが、
こちらの木喰像も、地元の人たちに信仰されている様子が詳しく放送されていたので楽しみにしていた…

e0082981_20325121.jpg

e0082981_2033563.jpg
                     〔 GR Digital 〕


…が、観音さんたちは、皆さんでお出かけの最中だった。(空のひな壇に照明があたって…)
先日、長岡の新潟県立近代美術館で観た『新潟の仏像展』にも木喰仏は何体かはあったが、こちらの
観音さんたちは上野の東京国立博物館において12月まで開かれている特別展「仏像」に出張中との事
だった。東博の平成館で開かれている展示は一木彫の仏像ばかり140余躯を全国から集めたものらしく、
こちらも観にいかなくては…という事に(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-10-30 21:32 | 小さな旅 | Comments(2)
『犬神祭り』 琴(事)の巻
12月16日封切予定ののリメイク版「犬神家の一族」に向けてマイフェスタ開催中なのである。
といっても、月に一回程度エントリの俎上に上がるだけなのである…いまのところ(笑)

犬神家には斧(よき)、琴、菊の三種の家宝があり、それらが重要なキーワードになって殺人
のストーリーなども展開するのだが…
前回、斧(よき)の巻につづき今回は“琴の巻”

e0082981_20524923.jpg

で、この画像を見せられても「???」という人がほとんどだと思う。
RICOHが8月に募集していた『Caplio&GR DIGITALフォトコンテスト』のタイトル「身近な自然」
撮映するために夜間ロケに出ていたときに撮った画像(もちろんこれは出品作ではありませんが)を
フォトショップでレベル、コントラスト、シャープネスなどを過激に調整して天頂の天の川付近の星々
を炙り出したものなのだが、自分で見ても何を写したものなのかはわからないくらいに微少な光も写
し込まれている。


e0082981_20531689.jpg
                   〔 GR Digital with GW-1 〕

レベル、コントラスト、シャープネスを元画像に近づけて説明を加えるとこのようになる。
ようは、はくちょう座(Sygnus)、わし座(Aquilae)、こと座(Lyra)の星座と、それぞれの一等星デネブ、
アルタイル(牽牛)、ベガ(織姫)の夏の大三角形を写したもの。
ということで(?)、今日の『犬神祭り』琴の巻はこれにて一件落着!?

一件訂正(汗) : 上の画像ではくちょう座のくちばしの部分にある星の名前がAibireoになっていま
すがAlbireoの間違いです。m(__)m 名前が付く星は基本的に一等星なのですが、このブルーと
オレンジの美しい二重星(双眼鏡ではっきり確認できます)は一等星ではありませんが、名前がつけ
られています。ちなみに、J1アルビレックス新潟の名前の由来にもなっている星です。


で、琴→こと座→Lyra→LAYLAといえば来月から来日公演が始まるEC(エリック・クラプトン)である!?
(いつもながら)超苦しい展開ではあるが…



【お知らせ】

『犬神祭り』と併行して勝手に盛り上がっている『エリック・クラプトン祭り』というもやっています(笑)
11月23日の公演チケットを入手して地元の友人を誘って上京しようと目論んだのですが、結局誰も
集まらずにチケットだけが手元に残っています。11月になったらweb上のオークションなどで処分し
ようと思っていますが、その前にここで一緒に見ていただける方を募集します。私と一緒にECを見て
もいいと思っている奇特な方1~3名を大募集します(笑)

エリック・クラプトン JAPAN TOUR 2006 日本武道館公演
11月23日(木)勤労感謝の日 17:00開演 
S席 スタンド 1階 東 (少々奥の席で‐といっても一桁列目です‐南東よりです)
チケット代金 ¥9,450- (定価です)

に付き合ってもよいと思う方は↓のコメント欄に非公開コメントのボタンにチェックを入れて、連絡方法
をご記入の上コメントを入れてください。追ってこちらから連絡を入れさせていただきます。
また、いきなり見ず知らずの人から連絡をいただいても、お互い色々と“アレ”ですので、リンクをいた
だいている方はもちろんOKですが、GRブログにTBしているおなじみさんまでに限らせていただきたい
と思います。
[PR]
by ara_umi | 2006-10-29 22:07 | 小さな旅(宇宙の旅) | Comments(8)
中越漫遊 #02 Swimming Jewel
中越漫遊、第二幕は“泳ぐ宝石”錦鯉。

錦鯉は幕末の頃から、明治初期にかけて、ここ山古志郷で突然変異により生まれたものを個定体に
したものなのだという。全日本錦鯉振興会のHPではより詳しい。今では世界中にNishiki Goiマニア
がいて、この時期に当地で開催される錦鯉の品評会にも大勢の外国人が訪れるのだとか。

e0082981_21303053.jpg

昨年水族館でも体験済みだったが、暗い生簀で錦鯉を撮ることは思いのほか難しかった(笑)
この生簀は、今や錦鯉のメッカともいえる小千谷市の『錦鯉の里』の鑑賞棟で、ここで泳ぐ宝石たちは
皆小千谷市有の鯉。要するに別嬪さんばかりを集めてあるという事。
さしずめこんな感じ(イカスモンさん、勝手に使っています)、ちなみに中央上部に写っている白い鯉は
胴回りはara_umiと同じ(?)80cm!、小千谷のデブシロ(TMイカスモンさん)


e0082981_2130541.jpg

e0082981_21311092.jpg

この2枚はCaplio R4 (50mm相当)で流し撮りを試みるも…    「また次回!!(笑)」


e0082981_21312490.jpg

e0082981_21314025.jpg
                    〔 GR Dijital 〕

一夜明けて、山古志郷に程近い長岡の奥座敷、蓬平温泉のホテル和泉屋。中越大地震により壊滅的
な被害を受けたが、いち早く復興ののろしを揚げた。地震後泉質が変わりより上質のお湯が出るように
なったとか、確かに以前に入ったときと比べてお湯のヌルヌル感と肌のしっとり感がまったく違った!!

ロビーにはお約束の錦鯉が…
小千谷で観た鬼の首を取ったような鯉たちに比べて街で見かける美人的な安心感がある?(笑)

案外歴史の浅い錦鯉、時代劇でたとえば『暴れん坊将軍!!』で松平健演じる将軍吉宗がお城の庭で
錦鯉にエサをやっていたらGN、当時は緋鯉や浅黄などの単色の色鯉しかいなかった。同じように、
銭形平次親分の下へ手下が「親分!親分!てぇーへんだぃ!!乃木坂で…」というのもNG(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-10-27 22:26 | 小さな旅 | Comments(14)
中越漫遊 #01 山本山風光
中越大地震からちょうど2年、復興半ばの中越地区へ小さな旅。

【小千谷市/山本山】
e0082981_21534765.jpg

e0082981_2154967.jpg
〈上〉雲の影が落ちる左側に見える山の向こうは、牛の角突きと錦鯉の里、山古志地区。
〈下〉魚野川と信濃川が合流する川口町あたりは川が大蛇行している。

トビになった気分、まさに鳥瞰。


e0082981_21542262.jpg
                〔 GR Digital 〕

ちなみに小千谷はかなでは [おぢや] と書く ojiya では変換しない。
[PR]
by ara_umi | 2006-10-26 21:54 | 小さな旅 | Comments(8)
Illusion の正体
おかげさまでRICOH 2007年カレンダーコンテストで入賞してめでたく来年の12月の1ページを
飾る事になった元の画像は、GR DIGTAL1周年記念パーティのスピーチでもすこし触れさせて
もらったが、ちょっと淋しい地方都市のクリスマスイルミネーションをいかに水増しして表現するか、
ということが発想の始まり。

e0082981_23122466.jpg

入選した画像はエントリにUPしたものとは数秒のタイムラグのあるものなのだけれど、昨年12月の
エントリを見返してみたら、12月13日のエントリではもう構想ができていたようだ(笑)
そして、運命の(?)画像をUPしたエントリは12月15日、タイミングよく(?)東証がバブリィな発注ミス
をしてしまい、錬金術のような撮影方法とフィットしたためにタイトルとしてもいただいた(笑)
撮影方法、そのときの気持ちは当日のエントリに詳しい。


e0082981_23124535.jpg

上の画像は、最終的に出品したものとどちらにしようかと最後まで迷ったもの。光の量は圧倒的にこち
らが多いが、まっすぐ一点に収束する光の方に気持ちが入り、私の中では出品作が勝ち残った。

              出展時のタイトルは「Love is Illusion」 

しばたはつみ 往年の名曲のタイトルからの引用。マツダ コスモの後期のCMソングとしても流れていたかも…
[PR]
by ara_umi | 2006-10-24 23:43 | 小さな旅 | Comments(6)
いただきました!!
一昨日の発表以来、早くも喧々囂々の議論をよんでいるGR DIGITAL 1st Annversaryモデルであるが、
一周年記念パーティ当日、会場ではブラック・エンジェル・バージョンの希望もこっそり募っていた!?
目ざとくそれを見つけたara_umiはしっかりリクエストを出していた!!??



                      「じゃ~~~ん!!」

e0082981_2040553.jpg



           なんだか、フツーすぎて面白くない…

           やはり青空に天使だからいいのか…

           「青空に一票!!」  ←いただいているのでゴマスリ? …ではない(笑)





こっそり(?)追記[2006/10/25]

   前カラ一度ヤッテミタカッタ(笑)
e0082981_1494225.jpg


e0082981_1495318.jpg



1周年記念エンジェルGR DIGITALはあそこまでやったのであれば、レンズ鏡胴、レリーズボタン
アクセサリーシューなど黒塗りの部分をライトorブルーグレー色にするだけで印象はがらりと変わる
と思う!!是非製品化のときは実現を…   お願いします
[PR]
by ara_umi | 2006-10-23 20:57 | ちょっとカメラの話 | Comments(529)
虫の眼
21日のGR D誕生パーティの会場でGRブログのブロガーさんが何人か入賞して来場する事は事前の
このブログへのコメントやGRブログへのトラックバックへのやり取りをみてある程度は把握しており、
パーティ出席の楽しみのひとつだった。

リンクさせてもらっているお仲間では、temporary photographsのR.HAND師匠、gr-digital.netブログ
のgr-digital.netさん、(前のエントリのコメントでは“さん”がとれていましたゴメンナサイ)そして、今までは
ROMしているだけだったのだがGRブログではおなじみさんの正井建築舎 勝手口の正井徹さん、
トウキョウノソラのリョウさんが出席されて親しく交流をさせていただいた。

また、私の上京を知り連絡を入れてくださった必撮!勤め人のphoto_artisanさんとのTOKYO DATING
にも皆さん喜んで参加していただき(というより皆さんphoto_artisanさんに逢いたかったみたい(笑))
やはり急遽お誘いした、カレンダー入賞者のB&Gさん、Tomopetさんも交え、ほぼ全員が初対面なのに
旧知を暖めるかのような不思議なmeetingをおこなったのであった。


e0082981_2152299.jpg


e0082981_21523169.jpg


e0082981_21524926.jpg

カレンダーコンテストの入賞作品にもあったし、選者先生のコメントにもよく出てきたキーワードのひとつに
GR Dのマクロ撮影性能の良さというものがあった。
普段GR Dばかり(というよりRICOHのデジカメを使っていると)あたりまえになってしまう性能ではあるが…
(そんな空気のような性能に感謝!)


e0082981_2153172.jpg
                      〔 GR Digital 〕

スペシャルカメラのシリアルナンバーとリングキャップに刻まれた限定シリアルナンバーの微妙な違いを
指摘してはイケナイ     …らしい(笑)



【お知らせ】
以前、ぐう☆せんめいさんにお逢いしたときにも指摘されたが、(昨日もそうだった)このブログから
想像するara_umiのイメージと実際があまりにも(?)かけ離れているのは、ページ右上の写真の
イメージが先行しているのもひとつの要因らしい(笑)。画像はクリックですこし拡大しますが、彼は
奥州松島の名刹、瑞巌寺の山門前にある土産店に佇む芭蕉の紙人形です。実際のara_umiは
ネームカードに貼り付けてある犬神佐清の画像を横にストレッチして作ったイメージに近いと思う(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-10-22 22:56 | 小さな旅 | Comments(10)
Happy Birthday GR DIGITAL!
今日がちょうどGR Digitalが発売されて2年目に入ったいわゆる誕生日ということで、誕生祭にお招き
いただき楽しいひと時を過ごさせてもらう。おめでとうございました!そして、ありがとうございました!


e0082981_23414299.jpg

明日以降様々なメディアで発表があるであろうホットニュースのさわりを画像で紹介。今日はノーコメント(笑)





e0082981_2342626.jpg

e0082981_2343913.jpg
       〔 (当然!!)GR Digital (なんとGR Dの多い集まりだったことか…) 〕



      「会場で出会えた皆さんもありがとうございました!!」



2006/10/28 追加
e0082981_1613753.jpg

[PR]
by ara_umi | 2006-10-21 23:49 | ちょっとカメラの話 | Comments(12)
女心と秋の空
曇り空の下をすこし秋の風にあたりながら、真っ赤に紅葉したはなみずきの葉などを接写したりしていた。
ひとつ雨粒が当たったと思ったら、突然の土砂降り。GR Dを雨に濡れないように手で隠し、あわててアト
リウムへ駆け込む。アトリウムと美術館を結ぶ渡り廊下を歩き西の空をみると今度は太陽が次は俺の番
だとばかりに顔を出す。

e0082981_22204128.jpg

e0082981_2221190.jpg
                〔 GR Digital 〕

e0082981_22211686.jpg
             〔 Caplio R4 50mm相当 〕


           「秋とともに、謎は深まるばかり(笑)」
[PR]
by ara_umi | 2006-10-20 23:09 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(0)