<   2007年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
今日の路地 #018 (有楽町で逢いましょう)
「ワン、ツー、ワン、ツー♪旅の入り口はぁ~ 歩いてこない、だ~から歩いてゆくんだねぇ~♪」
ということで、今日もGRDスペシャルカタログの銘コピー「いつもの路地が、旅の入り口になる。」
へのオマージュを探す旅に出る。

宵闇迫る有楽町に立つも、いざカメラを構えると説明写真のオンパレード、銀座のヌシ(都人士)
なぐさんのようには街を切り取れず…(残念!)

少し前までは、このビルを見ても1Fのニコンハウス以外眼中になかったが…
e0082981_2333545.jpg

ここも数年前までは日本一地価の高い鳩居堂前にばかり目が行っていたが、RICOH
教に入信した(?)今となってはバチカン状態(笑)
e0082981_23332465.jpg

道路を挟んで向かい側から地価日本一を奪取した山野楽器本店前、坪当たり1億円
オーバー!!あまりの重さでカメラを持つ手も傾く!?
e0082981_23333949.jpg

e0082981_23335474.jpg

e0082981_2334976.jpg

e0082981_23342284.jpg
 〔 GINZA 2007.3.24 GR DIGITAL (スクウェアな画像は長手方向のみトリミング) 〕

TAXIの行灯看板にはEXCITEのレターが…「お世話になってます(笑)」
それより、地元の学校の1級上の先輩で、仕事でもお世話になったことのある方が新潟で
起こした事業が発展し、このビルの5階に東京事務所を開設してがんばっていると聞いた。
「人ごとながら、このビルを見るにつけちょっと誇らしい。」
[PR]
by ara_umi | 2007-03-30 23:59 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(12)
TOKYO大脱出
平成17年3月25日午前9:41頃、石川県能登地方を震源とする大規模の地震の発生を知ったのは、
地震発生の数分後、遠く東京湾岸のホテルのTVからだった。
この日は上越新幹線で帰郷の予定だが、一瞬3年前の中越地震で新幹線が脱線した事故の事を思い
出し、少々の不安が頭をよぎる(実際、午前中は地震被害点検のため運休となった)。

数時間後、エプソン品川アクアスタジアムでギャラクシーエクスプレス999で機械伯爵の魔境から無事
生還したあと(笑)ちょっとしたアクシデント(個人的な)の後始末のため、東京臨海高速鉄道りんかい線
の品川シーサイド駅で電車を待っていた(14:00頃)
昨夜寝るまでは翌日の目的地は盛りだくさんであったが、ここへ来て時間もなくなり東京タワーへ行って
本日の観光は終了と予定変更。
今回の旅は、格安新幹線チケットでの上京のためあらかじめ選んだ時間(17:32分発MAXとき339号)
の列車以外は無効になってしまうので東京駅到着時刻だけは厳守である。
品川シーサイド駅で大井町行きの電車を待ちながら考えた…ところからどんどん先のギャラクシーエクス
プレス状態
になっていく…ことはこの時まだ知る由も無い。

e0082981_2319726.jpg

e0082981_23192871.jpg
          [ 2007.3.25 12:35 Aquarium 品川 ]
 
e0082981_23194522.jpg
          [ 14:32 東京モノレール 天王洲アイル駅 ]
 
目指すは浜松町か、「大井町からJRに乗り換えるも天王洲アイルからモノレールに乗り換えるもここから
は1駅だモノレールのほうが楽しそうだ」ということで方向転換。天王洲アイル駅手前で浜松町行きのモ
ノレールが頭の上をかすめる…これに間に合えば…この数分後羽田行きのモノレールが天王洲アイル
駅手前で道路工事のクレーン車と接触事故を起こし、それから数時間の間不通に!!しかたなく今来た道
を大返し!(このときはまだ時間に余裕があるとたかをくくりTAXIに乗るという選択はない)、りんかい線
=JR=東京メトロを乗り継ぎ赤羽橋で下車「あれが東京タワーだ!!」

e0082981_23195917.jpg
                  [ 15:48 東麻布 ]

ある程度予想はしていたが、東京タワーは世界の観光名所!しかも春休みの日曜日だ。展望台までは
4~50分待ちだという!!もう新幹線の発車時間も迫っている、しかしここまできたのだから「どーしても上
りたい!」客待ちのTAXIに東京駅までの所用時間を確認、15分ほどで着くという…「えぇい、ぎりぎりだ
がタッチ&リターンができなくもない…(はず)」と行列の最後尾に…昇りのエレベーターで50分待つの
なら下りも待つのだろうか…などとは考えないようにする(笑)

e0082981_23201278.jpg
                    [ 16:48 東京タワー展望台 地上150m ]

展望台を急いで1周、即下階に降りて下りエレベーターを目指すも(当然ですが)長蛇の列(汗)
しかし、昇りほどではなさそうだ…しかし、時間は刻々と無情に過ぎ行くばかり…地上に降り立ったのは17:15
新幹線発車まであと17分!!
「運転手さんっ!!東京駅まで大至急お願いしますっ!!」


e0082981_23202426.jpg
           [ 20:15 PRONTO(イタリア居酒屋) 新潟 ]

彼のTAXIドライバーが「(着けるかはどうかは)ちょっとわかんないよぉ~」とか云いながら、アイルトン・
セナ張りのテクニックで桜田通りから日比谷通りを疾風の如く駆け抜け、東京駅丸の内口にその黄色に
赤いストライプのマシーンを横付けしたのは17:25!!

「神様、仏様、運転手様ぁ~!!!!! ありがとうございましたぁ~!!」
TAXIパイロットの所属チームは、その名も東京ラッキー自動車!!

東京の幸運に感謝!

写真はGR DIGITAL スクウェアな画像は長手方向をトリミングCaplio GX100調(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-03-29 23:59 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(10)
前兆
前兆などといっても、それは後から思い起こしてそうだったと感じることのほうが多いのではないだろうか…

品川プリンスホテル内にある複合娯楽施設「エプソン品川アクアスタジアム」のアトラクションのひとつ、
ギャラクシー エクスプレス 999の搭乗ゲートをくぐった先の、小さなホールにあるこの衣装を見たときに
昨日の大道芸を見ていたブロンドさんの事は頭に浮かばなかったけれど(笑)

e0082981_21513335.jpg

この室内型ローラーコースターは、実際にコースターに搭乗する前の様々な仕掛けが
もうひとつのエンターテイメントで、ここの設定にはまれるかどうかもがツボ。
「そんな子供だましに…」乗っているのはおまえだろーが!!(笑)

e0082981_2151539.jpg
                          〔 GR DIGITAL 〕

ここでは、お客は『ギャラクシーエクスプレス(銀河鉄道)999』の搭乗客という設定。空港の搭乗掲示板を
模したパネルの下をくぐり、列車のプラットフォームへ抜ける前室(写真2枚目:一応メガロポリスの上空に
浮かんでいるという設定)でロボット風の係官に「この先は時空の変化が激しく無事に列車が運行できるか
どうか怪しいが、とりあえず発車する!?」などといういい加減なインフォメーションを受けて、指示された搭乗
ゲートをくぐる(ゲートはいくつかあるが開くのはここしかないといわれている)。
すると今度は前方のスクリーンにメーテル、鉄郎、キャプテン・ハーロック、クイーン・エスメラルダなど、おな
じみの松本零士キャラ総出演の銀河鉄道999のクライマックスシーンが繰りひろげられ、なぜかこれに列
車の乗客も巻き込まれるという演出となる。
最後は鉄郎が母の仇の機械伯爵を倒すのだが、それが原因となって今いる基地があと数分のうちに破壊
するために、急いで999(ローラーコースター)に乗ってここを離れなくてはいけないという。
しかしそれは急旋回、急降下をくり返す過酷なライドに…

あとで思い出してみると以上のようなストーリー仕立てになっていて企画としては整合性が取れているし、
ara_umi的には999の乗り込むときに場内に流れる、ゴダイゴの「銀河鉄道999」のテーマソングは何か
こう琴線に触れているですが(笑)

で、何が前兆なのかといえば、この数時間後に実際に体験する「東京タワー脱出、危機一髪!?」だが、

  それはまた、明日のココロだぁ~!!  
            
         ♪ チャン チャンチャチャ チャン チャチャ チャン チャン チャン …♪
[PR]
by ara_umi | 2007-03-28 22:37 | 小さな旅(宇宙の旅) | Comments(6)
都人士
都人士と書いて「とじんし」と読むらしい。

昨日のエントリでとりあげた新明解国語辞典の動物園の解釈は第四版のもので、webからの抜粋。
いま手元にあるMy新明解…は第五版、

どうぶつえん【動物園】
捕らえて来た動物を、人工的環境と規則的な給餌(キュウジ)とにより野生から遊離し、動く標本とし
て都人士に見せる、啓蒙(ケイモウ)を兼ねた娯楽施設。

と、ずい分ソフトな見解に変わっている。第五版の序文においてこの辞典のキャラクターを作り上げた
山田(忠雄)主管はもうこの世にはいないと書いてあるので、この変更は残された編集者の考えだろう。
しかし、今度は「都人士」である(笑)。浅学なara_umiは都人士などという言葉は知りません!

とじんし【都人士】
(生活の便利さを享受する一方、自然に接する機会に恵まれない)都市居住者。

なるほど、なるほど…、( )書きの説明がara_umiっぽくて好感が持てる(笑)


e0082981_1942094.jpg
                             〔 GR DIGITAL 〕

               コルビジェの設計した建物の前にロダンの作品が展示してあり、
               外国人大道芸人のパフォーマンスをやはり異国の旅人が見物している

               都人士とは無関係ですが…
[PR]
by ara_umi | 2007-03-27 20:09 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(6)
At The Zoo
動物園といえば、新明解国語辞典(三省堂)で洗脳された(?)

どうぶつえん【動物園】
生態を公衆に見せ、かたわら保護を加えるためと称し、捕らえて来た多くの鳥獣・魚虫など
に対し、狭い空間での生活を余儀なくし、飼い殺しにする、人間中心の施設。(第4版)

という解釈がまず頭に浮かぶ俺って…(笑)

e0082981_22343873.jpg

e0082981_22351472.jpg

e0082981_22352714.jpg

e0082981_22354480.jpg
              〔 UENO ZOO Caplio R4 〕


動物園では望遠レンズの独断場であるが、先日来アングルを考えるときに頭から離れないのは、
北斎や広重の視点。
広角レンズの視野で主題をきちんとつたえるテクニックは凄過ぎ!!(写真じゃ撮れないアングルや
画ならではのデフォルメはありますが…)

e0082981_22364261.jpg
 
e0082981_22362815.jpg
                 〔 GR DIGITAL 〕



広重先生が平成の世に生きていたらこんな感じ…
e0082981_22365680.jpg


              には描かないか…     おそまつ…
[PR]
by ara_umi | 2007-03-26 22:59 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(6)
今日の(も?)酒の陣
ただいま~

今日は眠いので報告のみ(笑)
e0082981_2325092.jpg

e0082981_23252337.jpg

e0082981_23253751.jpg

e0082981_23254924.jpg
         『せきとり』と並び、新潟B級グルメの頂点に立つ(?)『みやこや』のやきとり

e0082981_2326615.jpg

e0082981_23262011.jpg
               〔 NIIGATA 2007.3.22 22:25 GR DIGITAL 〕

                         おやすみなさい…zzz
[PR]
by ara_umi | 2007-03-22 23:30 | 小さな旅 | Comments(14)
にいがた 酒の陣 2007 「えぇい引分けじゃぁ~の巻」
前回からの続き

別に忘れてしまいたい事がある訳ではないけれど(そんなことしなくても片っ端から忘却の彼方だ!)

      「呑んでぇ~ 呑んでぇ~ 呑まれてぇ~ 呑んで~  ♪♪」

                                   と、飲りつづけるのであった。

e0082981_9511881.jpg

朝日山(長岡市越路)、越乃影虎(長岡市栃尾)、越の鶴(長岡市栃尾)、越後鶴亀(新潟市巻)、
真野鶴(佐渡市)、久保田でおなじみ朝日山は常温のみの提供。自信有り!

e0082981_9513450.jpg

天領盃(佐渡市)、美の川(長岡市)、緑川(魚沼市小出)、八海山(南魚沼市六日町)、スキー正宗(上越市)
八海山では酒のあてに赤唐辛子を麹と塩で漬けた「魚沼かぐら辛っ子」なるものを提供、これがまたいいんだわ!

ここまで飲んだところで三度ブレイク。ゲストの河内屋菊水丸の河内音頭を聞きながら…「白龍」をまた一本(笑)

e0082981_9515447.jpg

いよいよ戦も佳境に!!
君の井(妙高市新井)、千代の光(妙高市新井)、純白二峯(上越市板倉)、吟田川(上越市柿崎)、越乃寒梅(新潟市)
次はどっちだぁ~!

e0082981_9545762.jpg

ここまで約30蔵を訪ねて歩いたが、さすがに時々くじけそうになる(笑)。そんなときにきまってにっこりとお酌をしてくれるのは…
左上から金鶴(加藤酒造店)、越乃寒梅(石本酒造)、ふなぐち一番しぼり(菊水酒造)、千代の光(千代の光酒造) いやいや…
特に千代の光のオネーサンはara_umiの仕込み水がなくなりかけているのを目ざとく見つけて、自社の仕込み水に詰め替えて
くれる親切さ!!  ありがと~ぅ!!            【オネーサンの写真、酒樽をクリックで少し拡大】


e0082981_114569.jpg

ということで(?)最終コーナー??
ふなぐち菊水一番しぼり(新発田市)、越乃梅里(新潟市)、大洋盛(村上市)、高千代・巻機(南魚沼市塩沢)越の初梅
だんだん記憶も怪しくなって……

新潟県下を縦横無尽に駆け巡った酒の陣も一巻の終わり。参加蔵元91社のうち35蔵、50銘柄ほどを味わう!!

                       「呑んだ、呑んだぁ~」

会場の朱鷺メッセのバルコニーに出ると川風は冷たい
e0082981_9525733.jpg
                      〔 GR DIGITAL 〕

沖のカモメのつぶやき 「引分けじゃないでしょう?負けでしょ、負け!!」
[PR]
by ara_umi | 2007-03-21 12:16 | 小さな旅 | Comments(10)
にいがた 酒の陣 2007 「いざ!の巻」
「文武すぐれたそなたじゃが
     酒をつつしみ身を修め
       天晴れ出世をなさるよう…」

とは、三波春夫の名唱による『決闘高田の馬場』において、堀部安兵衛宛てにおじの堀内源左衛門が遺
書に残す言葉だが、安兵衛もara_umiさんもやっぱり酒の前からは逃げる訳にはいかねぇ~(笑)

というわけで今年も行ってきました にいがた 酒の陣 2007 今年は一日だけの参加でしたけれど…

e0082981_21224230.jpg

今年は県内から91の蔵元が参加、昨年は2日間で32の蔵元の60銘柄ほどを試飲(?)したようだ。今年は
半日の探検でどこまで解明できるのかぁ~(笑)
800円で購入済みの試飲券を受付できき猪口と、チェイサー代わりの仕込み水のペットボトルに交換しても
らい、いざ行かん!まずは越淡麗バーで究極の酒米「越淡麗」で仕込んだ酒からスタート。

e0082981_2123635.jpg

菅名岳(五泉市)、越後杜氏(五泉市)、金鶴(佐渡市)、萬寿鏡(加茂市)、天神囃子(十日町市)と調子
よく試したところで「このまま空酒は危険だ!」とばかりに飲食コーナーへ一旦退却(?)

e0082981_21234064.jpg

まず、新潟酒肴の王道(?)寿司と、へぎ蕎麦を注文。他には服部幸應センセイプロデュースのナントカのムースなどなど…
酒(こちらは有料で180ml入り1瓶300円)は白龍、酔星、米百俵、美の川の燗酒をチョイス、新潟芸妓の舞をめでながら
(酒)腹ごしらえ。

e0082981_2215315.jpg

いよいよ本番(?)ということで、月不見の池(糸魚川市)、姫の井(柏崎市高柳)、鮎正宗(妙高市)、
雪中梅(上越市)、鶴齢(南魚沼市塩沢) 濁り酒が旨すぎ!!

e0082981_22123430.jpg

更に、麒麟(阿賀町津川)、麒麟山(阿賀町津川)、〆張鶴(村上市)、全部旨い!紅麹の発色 赤い酒(醸
造試験場の出品ですが昔から名産品として売っています)ここまで試したところで再びブレイク。

e0082981_22154916.jpg
                      〔 GR DIGITAL 〕

今年の「酒の陣」は、同時開催として「米の陣」も開かれておりコシヒカリとコシイブキの食べ比べ…

えー、ここまでお付き合いいただいた方には、ずいぶんと長いスクロールをさせていますが、
酔いが廻る感覚も味わっていただきたいのです(笑)

  この戦、まだまだ続く…  ウィ~
[PR]
by ara_umi | 2007-03-19 22:34 | 小さな旅 | Comments(8)
村上 人形さま巡り 其の参
引き続き「人形さま巡り」の旅。

昨年の秋の「屏風まつり」では1時間半の滞在で10件ほどのお宝屏風を見せていただいたが、今回の村上行き
では3時間半の滞在時間だった。人形さまを見せていただけるところは「屏風まつり」の60件に対して75件ある
という、結果として26件の人形さまを見て歩く。
どの家もそれぞれにウェルカムマインドがあり訪れる家ごとに感心させらるのだが、フォトジェニックという観点に
立ってみると昨年の屏風まつりと同じ家の紹介になってしまう。

鮮魚店を営み、生魚の陳列台の向かいに雅に人形さまが並ぶ“うおや”の展示。螺鈿の飾り棚が豪華!!
e0082981_2340484.jpg

e0082981_23402760.jpg

e0082981_23404558.jpg

e0082981_2341076.jpg
今回観て廻ったなかでクイーン・オブ・ザ・ドールを挙げるとすればこのお姫様   …これしかない!


山上染物店、花嫁衣裳が豪華
e0082981_23412981.jpg

村上特産の漆器、村上堆朱の老舗 ふじい
e0082981_23411472.jpg
                          〔 GR DIGITAL 〕


最初と最後の画像にある比較的新しい雛人形の姿に見覚えがある…ここ村上は皇太子妃雅子様のご実家
大和田家ゆかりの地(雅子さまの本籍地でもあった)で、ご成婚の折にはそれは市を挙げて慶びを表わした
事は想像に難くない。…ということなのだろう、慶祝雛人形を飾っている家も多かった。


参考までに… 【村上 屏風まつり 其の参】
[PR]
by ara_umi | 2007-03-17 23:58 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(6)
村上 人形さま巡り 其の弐
昨日の続き

北限の茶所、越後村上には城下町ということもあり茶舗も多い。
ここ九重園(ここのえん)は屏風の飾りつけも見事だったが、人形さまもすごい!

e0082981_21201112.jpg
                    〔 D100 / VR24-120(47mm) 〕

e0082981_21203679.jpg

e0082981_21205255.jpg

e0082981_21211797.jpg

間口の広いお座敷いっぱいに繰り広げられた時代絵巻的雛人形。真ん中の人形は江戸時代のものと
説明があったがなんという保存状態の良さ!!顔立ちを見なければ昭和のものにも見えそう。
しかし、さすがに江戸の職人が作る人形や道具は凝りに凝っている。二段目の三人官女は現代のそれ
のように十二単衣など着ていないし、中央の女性は袖の短い着物(お歯黒も!)を着て既婚者(お姫様
のご指南役)である事を表わしている。道具類も蒔絵本漆塗りの本格派、いいなぁ。
下の段の殿様の行列の人形も、先頭の人形たちは緊張感のある顔をしているが、後方の人形たちは緊
張感がないところなど芸が細かい。
また、昨日の喜っ川の武者人形もそうであったが、武士の人形は鼻筋が通って目元が涼しい役者顔だが、
お付の者は必ず団子鼻のコメディアン系の顔立ちなのがおかしくも悲しい…

さすがに老舗茶舗だけに茶席の用意もぬかりなく調えてあり、たたきを挟んだ向かいの座敷では春の茶会。


お茶といえば、お菓子を忘れてはいけない…ということでもう一件

九重園と同じ通りにある菓子舗 酒田屋
e0082981_214954100.jpg

e0082981_2150956.jpg
                 〔 GR DIGITAL 〕

ここは、五月人形の展示だったが「座敷に上がって観ていってください」と即され、
お座敷からもワンショット。鯉幟を手前に、いくぶん広重を意識した構図(笑)

        なので 「トラックバック企画アングルに参加」 です。
[PR]
by ara_umi | 2007-03-15 21:55 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(4)