<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
IWC
IWCといえば、インターの腕時計の文字盤にに燦然と輝くマーク。インターナショナルとも呼ばれるスイ
スの高級腕時計メーカー、インターナショナル・ウォッチ・カンパニーの頭文字だが、最近IWCといえば
(個人的には悪名高き)国際捕鯨委員会の略称だ。

はじめから結論ありきのような議事運営は到底納得できない!!

e0082981_22175296.jpg


e0082981_22181324.jpg


e0082981_22182848.jpg


e0082981_22184326.jpg


e0082981_2218594.jpg
                      〔 CAPLIO GX100 〕

イルカは大好きな動物、いつか日本海を渡る佐渡汽船のデッキからイルカのジャンプを見てみたいと
思っている。もちろん泳ぐ鯨も好きだ!!
[PR]
by ara_umi | 2007-05-30 22:52 | 小さな旅 | Comments(2)
Rail Town
午後より当局主催による指導会(!)参加のため、鉄道の街新津へ。
せっかくのありがたい御指導を聞いた研修後、まっすぐ帰るのはもったいない(?)と駅周辺を散策(笑)

SLブーム真っ盛りだった中学生の頃、新潟の隣街のこの駅にはまだ蒸気機関車の基地、新津機関区
が存在していた。当時は国鉄もおおらかな時代で、赤旗系独特の書体でいたるところに“順法闘争”と
か“○○を糾弾せよ”とかの勇ましいメッセージが書かれた機関区内を自由に見て廻り、写真を撮った
り、機関車のプレートをとったり(!?)することが出来た(笑)

e0082981_21241533.jpg

この公衆便所の庭園灯のプレートが記憶の後を引き、戻って撮影。よくみると正面には外された跡が…
e0082981_21243541.jpg


e0082981_21245088.jpg


e0082981_2125559.jpg


e0082981_21252363.jpg


e0082981_21254183.jpg
                     〔 CAPLIO GX100 〕

線路端に建つ公衆便所の庭園灯は、機関車の動輪をモチーフにしたデザインで、たしか当時の国鉄職
員のバッジもこんな感じではなかったかと…(このあたりの記憶はまったくあやふや)
この動輪を菊花に見立て、カウンターバランスをとる部分で水に浮かぶようにデザインしたこのマークに
は昔からそのセンスに対してまったく尊敬している、今日見てまた感心!!
↑しかも尊敬しすぎて日本語も意味不明(笑)

ただ、この庭園灯のプレートはたぶん建築業者に頼まれた看板屋が作ったもので、鉄道用品的な価値
は皆無なので持っていった人は早く返してくださいね!
[PR]
by ara_umi | 2007-05-29 22:14 | 小さな旅 | Comments(6)
日本海まで200m
お昼前より海に近い場所にあるお客と打合せ。ランチ&シエスタの時間はなくなってしまったが、車を
駐めた海岸道路の駐車場まで200mの道程の中で本日のブログのネタを仕入れる、エコ撮り(笑)

e0082981_2146515.jpg


e0082981_2147838.jpg


e0082981_21471815.jpg


e0082981_21472947.jpg


e0082981_21474068.jpg
                      〔 CAPLIO GX100 〕

5月後半は休日に写真撮影のための行動をおこしていないので、ブログのためのストックはほとんど無い。
最近自転車の画が多いのはそんな操業状態を無意識のうちに表しているのか(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-05-28 22:01 | 小さな旅 | Comments(8)
黄砂一過
黄砂で遠くが霞んで見えた土曜日から一夜明けて、天気予報どおりの曇り空の日曜日。
あちこちの小学校から運動会の歓声が聞こえる。新潟市は夕方6時ころより雨の予報、それまでは天
気もなんとか持ちそう。
しかし、九州の北部の学校では光化学スモッグにより運動会は中止。また、中越地震の被害から復
興し3年ぶりに運動会が開かれる事になった川口町立田麦山小学校では、地震後の住民の定着もま
まならず閉校が決まり、最後の運動会となる。

新潟市では夕方近くになって雲が切れ始め青空が顔を出すも、夜になって予報より少し遅れて雨。

e0082981_22251961.jpg


e0082981_22254413.jpg


e0082981_2226163.jpg


e0082981_22261999.jpg


e0082981_22263483.jpg
       〔 CAPLIO GX100(1,5枚目) GR DIGITAL with GW-1(2~4枚目) 〕
[PR]
by ara_umi | 2007-05-27 23:38 | 小さな旅 | Comments(2)
土曜日の午後
遠くのビルを霞ませていたものは、中国からの黄砂だったのだとか…
ポール・ニューマン引退、82歳。
来月に入ると太陽に一番近い惑星“水星”が観測できるのだとか、写真にとってディスプレーでじっくり
眺めて「これが水星か!?」と認識した事はあるが、実際に肉眼で星を見て「あれが水星だ!!」と確認した
事は、まだない。
来月初めの晴れた夕方に黄砂が来ないことを願う(笑)

e0082981_21374927.jpg


e0082981_21381624.jpg


e0082981_21383286.jpg


e0082981_21384861.jpg


e0082981_2139367.jpg


e0082981_21394755.jpg
                 〔 GR DIGITAL 〕

    It's just come for you and me Oh Girl... , Saturday night

【平成19年11月12日追記】

昨夜はGRカレンダーコンテストへ応募するべくHDDの中のデータを見返す。この画は撮ったときから
結構お気に入りで出品しようかとも思ったが、縦位置であることと、HISという旅行社の幟がバッチリと
写っていたので減点ポイント多しということで断念(涙)

しかたないので(笑)今年撮った中でマイ・フェイバリット・ベスト10にはいる、6枚目(最後)の写真

        GRブログ 「トラックバック企画『スナップ』に参加」 です。
[PR]
by ara_umi | 2007-05-26 22:59 | 小さな旅 | Comments(6)
今日の路地 #021
「ワン、ツー、ワン、ツー♪旅の入り口はぁ~ 歩いてこない、だ~から歩いてゆくんだねぇ~♪」
ということで、今日もGR Dスペシャルカタログの銘コピー「いつもの路地が、旅の入り口になる。」
へのオマージュを探す旅に出る。

今度仕事で通う街、城下町でかつての軍都。フォトジェニックなもの沢山…タノシミ、タノシミ

e0082981_22443314.jpg

e0082981_22445237.jpg

e0082981_2245667.jpg

e0082981_22452093.jpg

e0082981_22453228.jpg

e0082981_22454429.jpg
      〔 2007.5.25 Miyuki-cho Shibata C. GR DIGITAL 〕

                 しかし、魚屋の多い街だ!
[PR]
by ara_umi | 2007-05-25 22:55 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(2)
Black Sand Beach
新潟の浜の砂は砂鉄が多く黒砂の浜だと思っていたが、加山雄三の名曲Brack Sand Beachを思い
浮かべながらじっくり見るとそれほど黒くもない…
まぁ、このあたりは日本海の荒波の浸食もひどく、ワイキキビーチよろしく何処ぞの砂をトラックで運び入
れているので、いつの間にか砂の色も変わってしまったのかもしれない。

e0082981_21294757.jpg


e0082981_2130728.jpg


e0082981_21303419.jpg


e0082981_21302299.jpg


e0082981_21304541.jpg


e0082981_21305880.jpg
                     〔 CAPLIO GX100 〕

ブラック・サンド・ビーチへはこのあたりから…
[PR]
by ara_umi | 2007-05-24 22:06 | 今日は音楽の話 | Comments(8)
RICOH さんへお願い
こんなの発売していただけませんか??

CAPLIO GX100のEVF用の延長コードが欲しいのです!
e0082981_21412961.jpg


EVFのアイカップも吸盤状にして眼鏡に取り付けられるとありがたいのですが…
もしくはスイスの時計師たちがハンズフリーでルーペを片目に固定するような金具でもOKです(笑)
e0082981_21415142.jpg
                    〔 GR DIGITAL with GW-1 〕

延長コードの長さは1mもあれば充分です、なるべく軽くしてください。
あ、それから本体側のコードは後方に出して下さいね。

本当に発売されたら凄い(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-05-23 21:56 | ちょっとカメラの話 | Comments(12)
今宵のYOU  エピソード5
「いつものカウンターが、恋の入り口になる」

…かどうかは知らないが、GR Dを忍ばせてバー(今日はやきとり屋ですが…しかもGX100だし…)
のドアをくぐったからにはピースサインのツーショットばかりを撮るわけには行かない(笑)

e0082981_2145414.jpg

「今宵のYOUはCHANELのJ12だね、セラミックの白が君の肌によく似合っているよ…」
「それより、やきとりの煙がけむいんですけど!!」
「えっ!?」


e0082981_2151551.jpg
                    〔 CAPLIO GX100 〕 

ara_umi行きつけのやきとり「大吉」某店の名誉のために付け加えておくけれど、この店は若い頃
京都の料理店で修行をしたマスターの焼き加減が絶妙で、全国津々浦々にある大吉とは一線を画
す味がする!のです!! (もちろん、煙くはありません)

この“つくね”がまた絶品なんだわ(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-05-21 21:08 | 小さな旅 | Comments(6)
期待以上でした [OMEGA SEAMASTER CALENDAR Ⅲ]
10日ほど前に突然親よりの形見として(まだ生きてますけど)手元にやってきたOMEGA SEAMASTER
だったが、webで知った石川県の修理が評判の時計店で断られた事から地元でオーバーホールに出
したことが幸いし(?)早くも“生まれ変わって”再び手元に戻ってくる。
当初、金メッキなので磨けないという話だったが、メッキというよりは金張りという感じだったので磨くこと
が出来た。プラスチックの風防もキレイに磨かれて新品とまではいえないが、とにかくキラキラしている。
中身はどうでしたかの問いにも、多少減っている部品はあったけれど問題はないし、時間も良く合うとの
診断。さすがに機械式時計研究の権威(!)栗﨑賢一が、自著『機械式時計の名品=1910年代-60年
代』のなかで名品としてセレクトしている25本のうちの1本“キャリバー355”である!!

e0082981_22135792.jpg


e0082981_22141685.jpg
                     〔 CAPLIO GX100 〕

時計バンドについてもwebを彷徨いながらあれこれ思案していたが、OHをお願いしたお店の3件となり
のやはり機械式時計専門の時計店に良さそうなバンドが陳列してあり情報収集も兼ねて店のドアをくぐ
る。バンドの素材はワニ革でいくことは決めていたのだけれどOMEGAの純正品かオーダーメイドを考え
ていた。しかし、その店でMORELLATOの時計バンドが陳列されているのを発見して突然宗旨を変える(笑)
最近、書店で立読みした『松山猛の時計王』の中に時計バンドの話しがあり、世界最大の時計バンドメ
ーカーMORELLATOという名前はインプットされていた
(つもりになっていた…まったく単純)
[6月4日追記:『・・・時計王』に記載の時計バンドメーカーはモレラートではなくフランスのカミーユ・フォ
ルネ社の誤りでした。フェラーリの記事をうろ覚えにポルシェを買ったみたいな話…(かぁ?)]

黒い文字盤の金時計なので、普通は黒いバンドになるのだろうが、あまりにもドレッシーな感じがするこ
とや、どちらかというと少しドレスダウンしたときに着けたいと思っているのでゴールドブラウンをチョイス。
最近の時計を見ているとワニ革は竹符と呼ばれる四角いしわのよった柄が多く見られるが1950当時の
時計を見ると、トカゲかワニなら丸い柄が圧倒的に多い事を突き止め(?)あえて艶ありの玉符柄にする。

e0082981_22144071.jpg
         〔 D100 / Micro-Nikkor 60mm F2.8 〕

50年以上前の時計が、ちょっとした投資(OH代¥12,000-+時計バンド¥10,500-
と安かった!!)でよみがえり、更に50年時を刻もうとしている。

ちょっとうれしい(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-05-20 22:24 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(19)