<   2007年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
スモーク・オン・ザ?

e0082981_2235851.jpg

■クリックで拡大
e0082981_2241671.jpg

きのうの続き

工場にはつき物の煙もまた好い。ただし、夜間の長時間露光では原型を留めずに(これはまた非現実的な造
形でいいのだが)感じたものとは程遠い。気温が下ってくると排煙も低く垂れ込めプラントのグロテスクな配管
に絡み付いて、重い雰囲気を出してくれる。決して環境が良さそうとは感じ得ない風景なのに何がオレをひき
つけるのか(笑)
夕日の画は2005年12月の夕景。この水溜りのある辺りは現在一大ショッピングセンターと化していて、もう
二度とこのアングルからの風景は見ることはできない。


e0082981_2243051.jpg


e0082981_2244371.jpg

■クリックで拡大
e0082981_2245654.jpg
           〔 GR DIGITAL(1,2,5) CAPLIO GX100(3) D100(4) 〕

この3つのカメラのホワイトバランスは全部オートなのだが、この色の違いは…
そして、一番古いが一番撮影枚数の少ないD100のCCDに無数のドット落ちがあることが判明!!
ここへ来て選択肢(何の?)も無数にあるが…(笑)

◆このブログを開設して以来ずっと母港というか、止まり木にしているGRブログが2周年を迎えたそうで、
 おめでとうございます。
 そして、明日9月1日は新企画の発表とか、ニューモデルの匂いもする今日この頃、サプライズはある
 のでしょうか!?
[PR]
by ara_umi | 2007-08-31 22:41 | 小さな旅 | Comments(10)
実はボクも、

以前から君のことが気になっていたんです。

ずっと好きだったのかもしれない。

アイツが君の事を好きだと告白しているのをみたら、ボクも自分の本当の気持ちに気付いたんだ。


e0082981_22133683.jpg


e0082981_2214918.jpg


e0082981_22142084.jpg


e0082981_22143288.jpg

■この画象はクリックで少し拡大
e0082981_22135463.jpg
              〔 GR DIGITAL(1,5) CAPLIO GX100(2~3) 〕


日本カメラもアサヒカメラも今月号になにがしかの記事が載っているし、写真集のコーナーでも平積みになって
いる石井哲「工場萌えな日々」(全部立読み)に背中を押されて後出し告白(笑)

GR DIGITALでは工場の写真は役不足かという懸念は無用だった。GX100も与えられたポジション(画角)の
仕事はきっちりこなすものの、GRの画には“切れ味するどいナイフ(by RICOH)”の空気感があった(でしょ?)
[PR]
by ara_umi | 2007-08-30 22:35 | 小さな旅 | Comments(8)
ニイガタ(オオサカ?) タソガレ
世界陸上女子棒高跳びをTV観戦。その鍛え上げられた美しい肢体が次々と4mを遥かに越えるバー
を飛び越えて行くさまは夜空に咲く花火のよう!
しかも予選を通過した12名の天女がみな美人揃いと来ては見逃すわけにはいきません!!

そして、その女子十二跳棒(?)の中でも女王エレーナ・イシンバエワ(ロシア)の輝きは別格!
残念ながら自身の持つ5m01cmの世界記録を更新する事はならなかったが、5mボールター(棒高跳
びの選手をジャンパーとは呼ばないのだそうだ)の跳躍は堪能させてくれた。
独特の女王様然としたコンセントレーションの儀式(?)とは裏腹のサービス精神もよかった→すっかり
ファンになってしまう(笑)
たまたまBS-i[本当は世界陸上を観ようと思ったわけではなく「吉田類の酒場放浪記」が観たかった(笑)]
を観ていたが、TBS版を少しだけみたら案の定アナウンサーの絶叫が聞こえたので、3秒でチャンネル
を戻す。

e0082981_23161541.jpg


e0082981_23154253.jpg


e0082981_2316313.jpg


e0082981_23152592.jpg


e0082981_23164455.jpg


e0082981_23155686.jpg
              〔 GR DIGITAL(1,3,5) CAPLIO GX100(2,4,6) 〕

女子棒高跳びの華やかさとは反対に、昨年の6月頃と同じ展開(去年ほどは国民の期待を背負ってはいないが)に…

          ■2007.8.29 エントリを読み返したら気分が変わったのでタイトルとともにサイドチェンジ(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-08-28 23:50 | 小さな旅 | Comments(8)
意外な接点
我が家では、最近刺身を買う魚屋を変えた(らしい)。新潟市の台所(とは言い切れなくなりつつあるが)
本町市場の高級店から、同じ商店街にある多少リーズナブルな店にしたのだとか。
これからのシーズンであれば秋刀魚などの焼き魚は近所のスーパーでも充分に旨い魚を仕入れてくる
ことはできるのだが「刺身だけは本町市場でないと…」というのが我が家の調理担当のこだわり(もちろ
ん価格も安い事は必須)。

e0082981_20445275.jpg


e0082981_20459100.jpg


e0082981_20452123.jpg

ミソもたっぷり入って1盃1500円は安いっ!!
e0082981_2045361.jpg


e0082981_20454839.jpg


e0082981_2046158.jpg

鶏のから揚げもそうなのだけれど、蟹を喰らう(こういう表現がぴったりなのです)ときは両手をだらだら
(ギトギト)にして食べる事に集中する事で美味しいところが全部食べられると思う。それができなくて蟹
を人に剥いてもらっているのを見るが、あれでは美味しいところが食べられない!?
であるから、(蟹や鶏を)食べている間は戦場のような落ち着きの無さを感じてゆっくり食事を楽しむ事と
は縁遠くなってしまうが、ま、それもお祭りであるわけでそれを全部平らげたあと、残った刺身などを小皿
にとって一旦テーブルの上を片付けてからまたゆっくりと飲ったりするのがいいのです(笑)

e0082981_20461431.jpg
                     〔 CAPLIO GX100 〕

で、何処に意外な接点があったのかといえば、昨年完成したオンラインアルバム「おいかけて新潟」
シーンで最後まで撮影地を特定できなかったもののひとつ(p136/本町通)が、この鮮魚店の住宅だ
ったという事が最近になって判明した事。蟹の足をしゃぶりながらひとりでニヤニヤする(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-08-27 21:22 | 小さな旅 | Comments(12)
どうぞこのまま
「おれのほそ道」的には昨日で夏は終わったはずだったが、今日になって(早くも)ちょっぴり戻ってくる(笑)
が、すでに猛暑という力は無く「朝晩、次第に冷気を覚える時分」という意味がぴったり嵌る8月23日、処暑。

e0082981_22424151.jpg


e0082981_22414776.jpg


e0082981_224257.jpg


e0082981_22421937.jpg


e0082981_22425542.jpg

e0082981_2243715.jpg
          〔 CAPLIO GX100(2~4) GR DIGITAL with GW-1(1,5,6) 〕

GX100の画像は8月21日、焼けた肌に白い歯が眩しかったSURF RESCUEの隊長(?)が「救護所は
今日で店じまい」と云っていたけれど、雨の上がった23日には起こすと庇になる戸を固く閉じていた浜茶
屋も再び余韻のような営業を再開。



■カメラ雑誌の発売日(20日)をあえてスルーしたのか、CANONとNIKONがノーガードの殴り合いのよ
 うな製品発表大会!デジタル一眼レフカメラは必要なものではあるけれど、どちらもオーバースペック
 過ぎるなぁ(キカイとしては魅力的だけれど)
[PR]
by ara_umi | 2007-08-23 23:31 | 小さな旅 | Comments(10)
過ぎ行くもの
青いシートのかけられたディンギー、外された行灯、椅子が片付けられたテーブルたち…
過ぎてみれば短い夏も終わり、旬を過ぎると突然“誰もいない海”の世界がひろがる新潟の浜。
(実は夏も突然訪れる)

e0082981_22401388.jpg


e0082981_22405632.jpg


e0082981_22412119.jpg


e0082981_2241392.jpg


e0082981_2241531.jpg


e0082981_2242657.jpg


e0082981_224039100.jpg
          〔 GR DIGITAL with GW-1 (1,7) CAPLIO GX100(2~6) 〕

最後までがんばって営業していた浜茶屋(※)も、昨日(21日)までの営業でほとんど店じまい。
夏の終わりの日差しが少し眩しかった昨日に続き、今日も夕方のビーチを歩いたけれどすっかり
変わり果てたすがたに…

あ゛~昨日、最後のマーメイドに勇気を出して「May I take your picture?」のひと言が云えれば… 

                        「また来年!!」


※ 新潟では“海の家”の事を“浜茶屋”と呼ぶ(特に昔の人は)。
   かつて旦那衆が浜でお茶屋(芸妓)遊びをした名残らしい。
[PR]
by ara_umi | 2007-08-22 23:11 | 小さな旅 | Comments(8)
速さの王様
♪ タリ~ タリ~ タリ~パラパラパラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ~ ♪ (今日も苦しいけどパイプオルガン調で…)

Goog Golly said little Miss Molly when she was rockin'
in the house of blue light

e0082981_23411398.jpg

Tutti Frutti was oh so rooty rockin' to the
East and west

e0082981_23413417.jpg

Lucill was oh so real when she didn't do her daddies will
come on baby drive me crazy do it do it

e0082981_2341489.jpg

I'm a speed king you got to hert me sing

e0082981_2342959.jpg


I'm a speed king see me fry
                                "Speed King" by Deep Purple

e0082981_23441481.jpg

〔 GR DIGITAL+天之岩戸“ロ”号 on ODAIBA-KUN 〕



土曜の晩 給料入った
宵越しの金は持たない俺さ
あの娘もロック、この娘もロック
パーティ始まりゃ救われる
頑固女と腰抜け男
すったもんだを続けてる
米食べろ 豆つまめ
ひとっ飛びだよ ニューオリンズ
俺は速さの王様
歌声聞いてよ
俺は速さの王様
飛んでいる

これは英文の訳詩ではありません、上の歌詞のあとに続く部分の直訳ロック。「深紫伝説」より“速さの王様” by王様


問題は4枚目の写真です…
じっくりと道路の右側の最奥を見てください…
見えますか??










いくら見ても見える訳ないので100%の画像を!右奥に小さな何かが立っていますね…
e0082981_23564684.jpg



更に大きく!!
e0082981_23572179.jpg

坂道を降りてきたのは猿でした(道を挟んで反対側にもいました)。佇み方があまりに自然で感心してしまいました(笑)
いよいよ地球も「猿の惑星」になる日が近いのかもしれません…
[PR]
by ara_umi | 2007-08-21 22:58 | 小さな旅 | Comments(4)
高速道路の星(山岳道路編)
♪ ズンズンズンズンズンズンズンズン ジャ~ン ジャ~ン ♪ (ズンドコじゃないよ)

 Nobody gonna take my car I'm gonna race it to the ground
 Nobody gonna beat my car It's gonna break the speed of sound

e0082981_22145383.jpg


e0082981_22154381.jpg

 Oooh it's a killing machine It's got everything
 Like a driving power big fat tires And everything

e0082981_2217638.jpg


e0082981_22174299.jpg

 I love it and i need it I bleed it yeah it's a wild hurricane
 Alright hold tight I'm a highway star

                                      "Highway Star" by Deep Purple
 
e0082981_22181176.jpg


e0082981_22182895.jpg
             〔 GR DIGITAL+天之岩戸“ロ”号 on ODAIBA-KUN 〕



俺の車にゃ誰も乗れぬ 命がけのレース
俺の車にゃ誰も勝てぬ 凄いスピードを出す
う~む最高! 言うことなしだぜ
こりゃパワーもあるし タイヤも太いし全部ある
愛してる 必要だ 首ったけ う~ 激しい嵐
大丈夫 抱いてやる 俺ら 高速道路の星

日本語の歌詞はara_umiさんの訳詩ではありません、れっきとした日本の楽曲の歌詞(「深紫伝説」より
高速道路の星 by王様)

【2008年11月25日 追記】
イカスモンさんのエントリをみて自分にもこんなのがあったことを思い出す。これをTBせずになにをTBするのか!?

            ということで、GRブログ 「トラックバック企画 道 に参加」 です!!
[PR]
by ara_umi | 2007-08-19 22:46 | 小さな旅 | Comments(12)
栄冠は君に輝く

     雲は湧き 光溢れて 
     天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ

e0082981_2137748.jpg

     若人よ いざ 
     まなじりは  歓呼にこたえ   

e0082981_21374338.jpg


e0082981_21375761.jpg

     いさぎよし  微笑む希望

e0082981_21381588.jpg

     ああ栄冠は君に輝く

《新潟明訓ナインが甲子園で奮闘していた頃、越後ニ王子岳に沸き立つ雲 クリックで拡大》
e0082981_2138466.jpg
        〔 GR DIGITAL[1(with GW-1),5(with C-PL)] CAPLIO GX100(2~4) 〕

奮闘努力の甲斐あって3回戦に進出した新潟明訓高校、新潟県勢久々のBest8を目前に大垣日大高校の
斎藤道三監督(一応、美濃と云うことで…)の前に敗れはしたが天晴れの戦いであった!

          「かんら、かんら…」

次も勝つと寄付金の追加徴収も待っていた(らしい)し、このあたりで…(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-08-18 22:03 | 小さな旅 | Comments(8)
喧嘩灯篭 〓祭りは参加するもの〓
観光イベント化した大きなお祭りもたのしいが、地域に根付く昔ながらの祭りもまたいい。
このブログでもリンクを貼らせていただいている「ちょっとひとり言」のqjo-s-koshi(たまら)さんからの
注文相撲で(?)十数年ぶりに沼垂(ぬったり)まつりを観にいく。4年に1回行なわれるあるイベントの
工作員活動員としてどっぷりとこの沼垂地区に入り浸っていたのは20年以上も前の事…
今でも懐かしい顔を(それなりに歳をとってしまったが)あちらこちらで見つけることができる。

e0082981_22195348.jpg


e0082981_22201146.jpg


e0082981_2229215.jpg


e0082981_22202413.jpg

「写真に臨場感を出すには少しブラして撮る事」と云ったのはロバート・キャパだったが、ここはノルマンディー
ではない(笑)
意図せぬ手振れか、はたまた自分も灯篭を御していたのか…(ほぼ、前者)

e0082981_2220361.jpg


e0082981_22204880.jpg


e0082981_22211473.jpg
                   〔 CAPLIO GX100+PE-250S 〕

しかし、この日も注文者(?)氏家・たまら・真知子さんとのランデブーは叶わず…
ますます『君の名は』ごっこ(?)は白熱中!!(お互い道を挟んで向かいにいたらしい)

 「嗚呼、真知子と春樹の運命や如何に…」    (次のイベントに)つづく
[PR]
by ara_umi | 2007-08-17 23:06 | 小さな旅 | Comments(8)