<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
十五夜
昨夜は十五夜、夕方の会議が少し早く終わり東の空を見上げると雲間から時々月が顔を出す。
「本当に満月か?」というくらい左上が丸くなっていながったが…
帰宅途中の夜の白山公園で(三脚も持っていなかった。灯篭などの上にコインで角度をつけて撮影)
蚊と戦いながら雲の切れ間を待つ(笑)

e0082981_22525319.jpg


e0082981_236140.jpg

実は月は明るすぎる天体なので夜景とは露光時間が合わない。夜半に家で撮った月の画像を合成。
30年前のオールドレンズと5年前の前世代デジイチと最新のコンパクトデジカメのコラボレーション(笑)





本当の景色は…
e0082981_22532667.jpg
        〔 CAPLIO GX100 (1,2:D100/Ai改300mmF4.5による月の画像を合成) 〕
[PR]
by ara_umi | 2007-09-26 23:18 | 小さな旅(宇宙の旅) | Comments(14)
村上 屏風まつり 其の六 (井筒屋)
平成十九年九月二十四日 晴。新潟県村上市、町屋の屏風まつりを散策。

e0082981_22373918.jpg

「(元禄二年)六月二十八日 朝のうち晴。やがて雨。午後4時頃、村上市に到着。菱田喜兵衛に城内
で会う。久左衛門宅に宿泊。」


芭蕉と『おくのほそ道』を旅した弟子の曾良の日記の一節、村上市の久左衛門宅こそ現在の井筒屋。

e0082981_22375858.jpg


e0082981_22381146.jpg


e0082981_22383519.jpg

芭蕉と曾良が二泊したこの場所で古の旅を思う…

e0082981_2238233.jpg


e0082981_22384786.jpg
                         〔 GR DIGITAL 〕



      『おくのほそ道』ならぬ、『おれのほそ道』本日より3年目に突入!  未だ旅半ば…
[PR]
by ara_umi | 2007-09-25 23:04 | 小さな旅(奥の細道をゆく) | Comments(10)
実りの秋
新潟市近郊の水田ではこの3連休が稲刈りのピーク。ほとんどの田んぼは刈り取りが終わり、稲の切り口
が整然と並んでいる。
昨日、野猿を探しに(?)出かけた里山では、まだ黄色く色づいた稲穂の海が一面に広がっていたが。

e0082981_22161687.jpg


e0082981_22163463.jpg

わざわざはさ木に掛けて天然乾燥させているこの米は自家用なのという(裏山!)重なり合った稲穂の
脇を歩くと、刈り取られたばかりの独特の匂いとともに「ピシッ、ピシッ」と稲が乾燥する音が聞こえた。

e0082981_22164834.jpg


e0082981_2217276.jpg


e0082981_22171430.jpg


e0082981_22172533.jpg
                           〔 GR DIGITAL 〕

新潟市内の親戚の農家でいただくご飯は決して魚沼産コシヒカリではないのに、なぜかふだん家で
食べるご飯より数倍美味しい!

そんな農家のマジックのタネ(?)新潟県阿賀野市のはさ木に干された天然乾燥のお米、
GRブログ「トラックバック企画『ご当地自慢』に参加」です。
[PR]
by ara_umi | 2007-09-24 22:45 | 小さな旅 | Comments(6)
9月23日の夕日
午前中は墓参り。TV局の取材クルーとニアミス、三度のTV出演か!?(数年前にお盆の墓参を2年連続
で取材された)と色めき立つも「取材は終わりました」と僧侶に告げて帰るところだった。

午後は野猿が観たくなり里山まで車を走らせたが、そういつでも観られるというものでもないらしい。ちょう
ど街に帰ってくると夕焼けが綺麗そうなので海へ。

e0082981_2158776.jpg


e0082981_21582129.jpg


e0082981_21564981.jpg


e0082981_215795.jpg


e0082981_21585935.jpg


e0082981_21591274.jpg


e0082981_21572583.jpg
              〔 CAPLIO GX100(1,2,5,6) GR DIGITAL(3,4,7) 〕

昨年の秋分の日は村上市の瀬波海岸でやはり夕日を観た。太陽は瀬波では綺麗に海に沈んだが、
この時期の新潟市では佐渡ヶ島の真ん中に沈む。
[PR]
by ara_umi | 2007-09-23 23:59 | 小さな旅 | Comments(2)
夕焼け薄
暑さ寒さも彼岸まで…とは言うものの、この日(20日)も暑かった。ここのところ連日暑い日が続いて
いるが、この日海岸道路を走ると浜茶屋の撤収された浜に泳ぐ人影がちらほら(全部オヤジだった…)

e0082981_22522023.jpg


e0082981_22524129.jpg


e0082981_22525685.jpg


e0082981_2253933.jpg

夕方になってパソコンのソフトを買うために新潟駅構内のヨドバシカメラへ、いい具合に日が落ちてきた
処をみてススキに夕日があたる風景が観たくなる。しかし、さすがに駅前からススキが原(それは何処
じゃ)は遠く、駅から10数分走ったところでタイムアウト(日没)手近なところで手打ち(笑)

e0082981_22532168.jpg


e0082981_22533448.jpg


e0082981_22534712.jpg
                          〔 GR DIGITAL 〕

先週の今日は中学校の同期会、どうせフォトジェニックな被写体は無い(!?)と決め付けて、撮影は専
属のカメラマン(当然かつての同級生でカメラマニア)に任せてひたすら飲んで喋る。数日後、彼から
当日の写真のCD-Rが届く。α100で撮っていた事は確認していたが、なんだか写りが良い…
EXIFを確認すると85mmF1.4とある…おぉ!これが伝説のミノルタGレンズの写りかぁ!!おじさんや
おばさんが若返って写るわけではないのだけれど、柔らかなボケ具合にグラッと来る。

最近(あと3000枚撮るまでは買い換えないと誓った)D100のCCDが長時間露光のときに大量にドット
落ちを発生する事が判明してにわかにデジイチ導入計画が緊急提案されそうな気配のなか、20日発売
のカメラ雑誌でも大変な事になっているし(何がじゃ)…物欲の妄想だけはムクムクと…
[PR]
by ara_umi | 2007-09-22 23:42 | 小さな旅 | Comments(2)
小足駄
先週末の3連休は『にいがた総おどり祭』
しかし、週末のパーティやそれに伴う後遺症(笑)など、いろいろとタイミングが合わず最終日を
サラッと流す。

e0082981_2340249.jpg


e0082981_23401968.jpg


e0082981_23403493.jpg


e0082981_23404784.jpg


e0082981_23405914.jpg


e0082981_23411592.jpg

傍観者の目線が表れていますでしょうか…(笑)

踊り子の息遣いが伝わる正統派の『にいがた総おどり祭』の様子は、たまらさんの「ちょっとひとり言」
などがお薦めです!

「にいがた総おどり」は全国的に流行っている「YOSAKOIソーラン祭」の流れを汲むものと勝手に解釈
しているが(よく知らない、間違っていたらゴメン)、300年前の新潟には民衆が3日3晩踊り明かすお祭
があったらしく、「下駄総踊り」として復活している。という意味ではこの地にもその熾きが、地面の下で
燻りつづけていたのかもしれない。

今回の総おどりにも下駄総踊りの披露があったらしいが、その下駄総踊りで履かれる小足駄と呼ばれ
る下駄を作ったり直したり(ここが素晴らしい)出来る職人はもう全国でも何人もいないのだとか。

その全国指折りの、新潟市西蒲区の下駄職人の出店
e0082981_23413063.jpg


e0082981_23414213.jpg
                  〔 GR DIGITAL with GW-1 〕


というわけで、新潟市西蒲区の下駄職人と小足駄
GRブログ「GR DIGITALで撮るトラックバック企画第24弾『ご当地自慢、パートⅡ』」 に参加です!
[PR]
by ara_umi | 2007-09-19 23:59 | 小さな旅 | Comments(8)
マジカル・メタボリック・ツアー #005 (君の名は)

  忘却とは
 忘れ去ることなり
 忘れ得ずして忘却を誓(ちこ)ふ
 心のかなしさよ


いつの日からか、新潟在住“美人人妻ブロガー”たまら さんと(同じ撮影場所を辿りながら)逢えそうで
逢えない日々が続き、かつてそのラヂオ放送の時間には銭湯の女湯を空にしたという伝説を持つドラマ
『君の名は』ごっこに突入している事は知る人ぞ知る…

今回のメタボリック・ツアーで美幌峠にさしかかったときに爆笑バスガイド(お世話になりました!!)ふらの
バスの恵嬢のアナウンスが「ここ、美幌峠は映画『君の名は』でロケが…」と云った瞬間に後宮春樹(も
ちろん佐田啓二、仮面ライダーの彼はちょっと…。あ、真知子役は岸恵子でも鈴木京香でもお好きな方
をお選びください)になりきる(爆)

どうやら『君の名は』[北海道編]では傷心の春樹を真知子が訪ねてくるらしい…あらすじはこちら

真知子と春樹が再会を果す屈斜路湖を見おろす美幌峠
e0082981_21573399.jpg

一応パノラマ写真にしてみました(継ぎ目はご愛嬌って事で…) クリックで拡大
e0082981_2241479.jpg


そこに真知子に嫉妬するアイヌの娘、ユミ(※)があらわれ… どーする春樹!?
e0082981_2265074.jpg


場面は変り、摩周湖へ。ユミは春樹に摩周湖の伝説を話します。

「これ摩周湖といってな、カムイの湖なんだ。おれたちコタンのものは、男と女がここで誓いをたてるんだ。
それを破ったら、神様が罰を与えるっていうんだよ。でも、そんなこと迷信だよな」

e0082981_22122628.jpg

春樹は答えます。

「さあ、でも美しい習わしではないか。人間は誓いをたてたら、それを守るのがほんとうだからね。摩周湖、
神秘の湖といわれるだけあって、美しいところだ。いやそれより、この摩周ブルーのソフトクリーム美味しい
ぞ!!(この日2個目)」

e0082981_22124247.jpg


3人の行く末は摩周湖のリスだけが知っている…
e0082981_22125929.jpg
        〔 GR DIGITAL(1,2,4,5) CAPLIO GX100(3,6) 〕

摩周湖と言えば“霧”、ガイドの恵さんの説明によれば「初めて摩周湖を訪れたときに霧がかかって
いなかったら、女性は3年婚期が遅れ、男性は出世が3年遅れると云われています」とか、ara_umi
が自慢じゃないがオレは今日で3回とも晴れているぜ!と云ったら、どこからか「やっぱりそれで出世
が遅れているのか…」との声が(笑)

そのせいじゃないと思うよ(笑)

※アイヌの娘ユミ(北原三枝)役には、ふらのバスの爆笑バスガイド恵さんに代役をお願いした(笑)
 機転の利く突っ込み連発で3日間の旅を爆笑の渦に…お世話になりました!!
[PR]
by ara_umi | 2007-09-17 22:26 | 小さな旅 | Comments(10)
マジカル・メタボリック・ツアー #004 (和商市場)
北海道2日目の朝は、いきなりショッピング・タイム!広い北海道、今回の行程では最終日の千歳空港
での滞在時間が読めないため、土産を買うのであれば北海道3大市場のひとつ釧路の「和商市場」が
いいということになり、急遽行程に加える。
宿泊先のJR釧路駅前の東急インを一歩出るといきなり磯の香りのするこの地であれば新鮮な魚介類は
ここで買うしかない!しかも花咲カニは今回の行程ではここでしか買えないらしいし…

e0082981_22191850.jpg


e0082981_22193742.jpg


e0082981_22195029.jpg

和商市場の名物はなんと言っても「勝手丼」鮮魚店の店先に並ぶ北海の幸を勝手に選んで丼の上に
並べて食す、というやつ!!
是非挑戦したかったが、前日炉端焼きのあとスナックで締めて午前様だったのに、なぜか早めに目覚
め朝の散歩をしてからホテルのバイキングをしこたま食べた後だったので、泣く泣く(花咲ガニの試食
だけで)パス。

e0082981_2220412.jpg


e0082981_22201962.jpg


e0082981_22203159.jpg


e0082981_22204344.jpg
                           〔 GR DIGITAL 〕

おまけ
[PR]
by ara_umi | 2007-09-16 22:59 | 小さな旅(湊町ブルーズ) | Comments(8)
マジカル・メタボリック・ツアー #003 (さる山)
ASAHIYAMA ZOO
e0082981_23502284.jpg

ママ~、ボスのおじちゃんいなくなったの?

e0082981_23504478.jpg

そうなのよ!おかげで「どんと晴れ」が最後まで観られなかったのよ!!(ぷんぷん)

e0082981_23505824.jpg

次のボスには誰がなっても貧乏クジを引くということらしい!?

e0082981_23511244.jpg

またこのお方にご出陣願おうという声も!?

e0082981_23512631.jpg
               〔 CAPLIO GX100 〕

平成19年9月12日安倍晋三首相辞意表明、衆議院代表質問流会。
ara_umi的には同世代のリーダーだっただけに幕の引き方の美しく無さに失望。
信念が本物であればたとえ誰一人味方がいなくなっても、たとえ議場に倒れてでも、
闘い続けてほしかった。    「残念!!」
[PR]
by ara_umi | 2007-09-13 23:53 | 小さな旅 | Comments(7)
マジカル・メタボリック・ツアー #002 (北の旅人)

  たどりついたら 岬のはずれ
  赤い灯が点く ぽつりとひとつ


e0082981_22595724.jpg

  いまでもあなたを待ってると
  いとしいおまえの叫ぶ声が
  俺の背中で 潮風になる


炉端焼き発祥の地、釧路で最初に炉端焼きを始めた(といわれる)店。その名も『炉ばた』
e0082981_2301377.jpg


e0082981_2302496.jpg


e0082981_2303580.jpg


e0082981_2304954.jpg

8日土曜日の朝8:30に新潟空港出発ラウンジで地ビールを口にしてから延々と飲ること十数時間、
辿りついた最果ての地で蟹尽くしの宴会が終わってもまだ飲んでいる…

e0082981_231296.jpg

  夜の釧路は 雨になるだろう …

e0082981_2311337.jpg
                      〔 CAPLIO GX100 〕

仲間内ではカウンターの一番はずれだったので、隣のお客さんとひと言ふた言。

ara_umi 「よく来られるのですか?」
旅 人(?) 「俺ァ、秋刀魚だァ…」 (秋刀魚を注文したわけではない、本当にこう喋った)
ara_umi 「(漁師だったのですね!)今、港に着いたのですか?」
漁 師(!) 「あぁ、十七年ぶりに船に乗ったんだ…」
そのあといろいろ… 以下略

彼の漁師が注文していた「めんめ(きんき)」の開きはチョ~旨そうであったが、魚はすべて時価のこの店の
当日の価格は4千円ほどであったとか!!
[PR]
by ara_umi | 2007-09-11 23:24 | 小さな旅(湊町ブルーズ) | Comments(12)