<   2007年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
会津のシルクロード
GR DIGITAL Ⅱが発表されて、果たして2年の進化は何かと考える。CCDや画像処理エンジンは
CAPLIO GX100の延長線上にあるはず、ということでこっそり撮り比べる(UPしているのはそのと
きの画像ではありません)。いままでGR DとGX100を持ち出して様々なシーンで併用してきたけれ
ど、同じ場面を同じ画角で撮ったことはなかった。それよりも、いつもはGR Dは液晶を、GX100は
EVFを覗いての撮影だったので両者のディスプレーの見え方の違いに気付く事はなかった。今日初
めてそれを比べてみてビックリ!!GR Dの液晶画面はいかにも前時代的で、ネムク、暗く、画像の確
認が容易でない(今日は曇天で液晶画面はそれほど見難くはなかったはず)、GR Dというカメラは
結構ストイックなカメラだ思っているが、撮影者もまた充分にストイックだった!?(撮り比べの画像は
お蔵入り)

GR Dは基本的にディスプレーを見ながら撮影するスタイルだと思っているので、GR DⅡに搭載され
るはずの進化したディスプレーは撮影者にとっては進化を感じられる装備になることは間違いない!

e0082981_229243.jpg


e0082981_2294188.jpg


e0082981_229598.jpg


e0082981_22101042.jpg


e0082981_22102425.jpg

レンガ通り 福西本店
e0082981_22103680.jpg

鶴ヶ城濠脇 会津葵シルクロード文明館
e0082981_22104786.jpg
                            〔 GR DIGITAL 〕


2005年12月にCCDのゴミで新品交換されたあと、シリアルナンバーが2回ほどリセットされているが、
30,000枚は撮ったと思うGR Dのバッテリー(予備なしの1本体制)だが最近すぐにダウンするように…

 ■ 2007年10月31日時点での決意   「少なくともバッテリーは買い替えが必要だ!!」
[PR]
by ara_umi | 2007-10-31 23:12 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(6)
GR DIGITAL Ⅱ
2005年10月21日の発売以来2年と少したった本日、GR DIGITALの後継機の発表があった。
親交のあるGR D使いのブロガーさんたちはみなさん(表面上は?)静観を決め込んでいる模様。
私は早々と導入してしまったが、デジイチ方面を検討している方が何人かいるのもおかしい(笑)
かく云う私めも発売日にどうしても手に入れなくてはいけない(2年前はそう思っていた)とまでは
今のところ考えては…いない。しかし、4月のCAPLIO GX100のときだってプロカメラマンのブロ
グを読んだだけでコロンでしまった前科があるし…


e0082981_1133234.jpg


現行機と新型の差は僅かであろうことは想像できる。しかし、その自分にしかわからないような僅
かの差に存在価値を感じてしまうのもGR D使いの悪癖では…(笑)

 ■ 2007年10月30日時点での決意   「とりあえずカレンダーコンテストをがんばる!?」

   注 : RICOHはカレコンの副賞にGR DⅡをくれるとはアナウンスしていませんが…
[PR]
by ara_umi | 2007-10-30 23:59 | ちょっとカメラの話 | Comments(6)
杉林の苔
アラベスク模様と砂漠の薔薇の誘惑につられてモスクへ向かったはずが、着いたところは杉林の禅寺。
雨あがりの苔生した石仏の匂いで正気に戻る!?

e0082981_20594795.jpg



e0082981_210756.jpg



e0082981_20565462.jpg



e0082981_20571477.jpg



e0082981_2102454.jpg



e0082981_20581619.jpg



e0082981_20582867.jpg



e0082981_2058402.jpg
〔 GR DIGITAL(1,2,5)  K100Ds // Planar T* 1.4/50(3,4,6~8) 〕


GR DIGITALを補完するカメラが欲しくなり小さな一眼レフを検討、ボディもレンズも小さいPENTAXを
採用したのだけれど、(コシナ)Carl ZeissのレンズがZKマウントのラインナップをそろえていることを
知り、Planar T* 1.4/50も購入、すっかりハマってしまう(笑)。
当初そろえたDA21mmF3.2もDA70mmF2.4も出番なし、GR DIGITALと50mmの付いたK100Ds
さえあればそれでよかった…!?
しかし、HOYAとPENTAXの統合(合併)は購入前からわかっていたことではあったのだが、いざ正式
に合併してしまうとPENTAXのカメラは今後残っていけるのかが心配になる。デジイチのボディなぞ耐
久年数も短く買い替えは覚悟の上だが、買えるボディがなくなったらレンズが一切使えないのではあま
りにも悲しい。

もしHOYAが「PENTAXのカメラ部門は不要」などと云い出したら…お願いしますね、RICOHさん!!
[PR]
by ara_umi | 2007-10-29 22:12 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(10)
砂漠の薔薇
ペルシャ絨毯である。ただ、それだけ… でも、ara_umiさんがいつになく言葉少ななのは…

e0082981_22115637.jpg


e0082981_2210389.jpg

…ぜんぶ、この砂漠の薔薇のせい(溜息)
ここまで織るのに約1年…1日に織ることのできるのは約3mm程度
e0082981_2294254.jpg


e0082981_22103085.jpg

砂漠の薔薇:ペルシャ地方出身 織り子(踊り子じゃないわよ)のローズさん
e0082981_821377.jpg


e0082981_22101715.jpg
           〔 K100Ds // Planar T* 1.4/50(1,5) GR DIGITAL(2~4,6) 〕

        砂漠の薔薇は新潟にあと2日間だけ滞在するらしい… 明日も絨毯を見に行かねば!?
[PR]
by ara_umi | 2007-10-27 22:57 | 小さな旅 | Comments(10)
飯盛山にて
押入れの中から古いアルバムを引っ張り出す、
確か小学校の修学旅行で会津若松へ行った時に撮った写真があったはず…
アルバムの写真を数えてみると、カラー写真が15枚モノクロが21枚だった
、まだカラー写真が贅沢品と感じられていた時代。
海に近い平坦な街に住んでいたせいで山が珍しかったのか、
友人の写真(男子ばっかり…)の次に山の写真が多い。
当時から気が弱く、女の子に声が掛けられなかったらしく女子の写真は後姿が一枚だけと、
子供がそんなものを撮るわけがないという気もするが、
寺社仏閣など、今思うフォトジェニックな写真の類はまったく無かった(苦笑)

縦位置の写真が圧倒的に多い事から、ハーフサイズのカメラを使っていることが想像できる。
ほぼ間違いなくこの当時の国民的カメラであった「オリンパスペンEE(たぶん2)」だったはず。
とにかくシャッターを押すだけのこのカメラは、
露出が足りないときはファインダーの下から赤い舌のような形をしたエラーサインが“にゅ~っ”とせり上がり、
シャッターが切れなくなる。
それを見ては、当時流行っていたTVショー『巨泉・前武のゲバゲバ90分』の流行語(?)
「ゲバゲバッ・ピー」になぞらえて「あ、ゲバゲバが出た!」といっては残念がったものです(笑)

197X年 飯盛山
e0082981_23185052.jpge0082981_231997.jpg


時は流れ、2007年10月 飯盛山
e0082981_23202438.jpg

今から約140年ほど前、白虎隊が非業の最期を遂げたこの地には今も修学旅行の生徒たちが訪れる。
e0082981_23203651.jpg

白虎隊に感心したムッソリーニがローマ市の名で寄贈した、ポンペイで
出土した古代ローマ宮殿の円柱を使って造られた記念碑。
e0082981_23204726.jpg


e0082981_2321185.jpg


e0082981_2321166.jpg


e0082981_23213354.jpg

白虎隊(二番隊)が戦いに敗れ、落ち延びるときに通って飯盛山まで
辿り着いた、猪苗代湖の水を会津へ通していた戸ノ口堰洞門。
この後、会津の市街地の火災を若松城の炎上と錯覚し非業の自刃。
e0082981_23214469.jpg


e0082981_23215627.jpg
       〔 K100Ds // DA21mmF3.2 DA70mmF2.4 〕


被写体に関する嗜好が変わっただけで、写真の腕前は小学生のときと
ほとんど変っていないように見える(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-10-26 23:49 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(10)
14番目の月
昨夜は十三夜、ゴルフコンペの表彰式の後、古町では夜空を見上げなかったか…
当然翌日の今夜は月齢13.9(正午時)で14番目の月。「14番目の月」といえば荒井由実のアルバム
タイトル(正式なアルバムタイトルは『THE 14th MOON』)。名曲「中央フリーウェイ」はこのアルバム
の収録、松任谷正隆との結婚を直後に控えた荒井由実としては最後のアルバム。満月(=結婚?)の
直前というメッセージだったのか???

◆クリックで少し拡大
e0082981_22321036.jpg


e0082981_2233610.jpg


e0082981_2234830.jpg


e0082981_22332546.jpg

◆クリックで少し拡大
e0082981_22323984.jpg
           〔 K100Ds // Planar T* 1.4/50(1,5)  GR DIGITAL(2~4) 〕

今年はもう無いと思っていたGR DIGITALカレンダーコンテストのアナウンスがあった!!昨年のカレン
ダーコンテストの表彰式で審査員のひとり横木安良夫先生のコメントに、カレンダー向きの写真とは…
というくだりがあり…妙に納得。今年は審査員も木村恵一先生に代わっているが、カラーが変ったりす
るのでしょうか?ま、審査員先生の嗜好にいちいち合わせられるほど器用じゃありませんけどね(笑)

赤影参上!
[PR]
by ara_umi | 2007-10-25 23:37 | 小さな旅(宇宙の旅) | Comments(8)
西区DEアート(核弾頭実戦編)
ara_umi国では、
軍隊(一眼レフ)は海外(街)へ派兵しない。
核(Carl Zeiss)は持たない。
が国是だった(?)はずなのに、10月に入りごり押し採決により強行突破DEいろいろ導入(笑)

しかも、核兵器は使わない事で抑止力が働くはずという事で、導入後封印したままだったが
(本当は自腹のGOLFとか、雨天続きだったりで、撮影に行けなかった)ついにボタンは押される!!
と、大袈裟な前振りの割りにたいしたものではございませんが…(汗)

e0082981_23171771.jpg


e0082981_23173534.jpg


e0082981_23174873.jpg


e0082981_2318247.jpg


e0082981_23181646.jpg


e0082981_23184789.jpg


e0082981_23185999.jpg
                   〔 K100Ds // Planar T* 1.4/50 〕


この大きさの画像ではPlanarだから…などということはわかるはずもないが、それでも自己満足度は120%(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-10-24 00:00 | 小さな旅 | Comments(10)
西区DEアート(スクエア編)
ふだんはあまり通らない道を走っていたら、なにか街の雰囲気が違う。どうやら街全体を使ったアート
イベントをやっているようだ。古く使われなくなった事務所、古いが現在も使われている車庫、駅や川
までもアートの対象になっている。新潟市の市街地からはかなり離れていて、かつての商業地の面
影がほぼなくなりつつあるこの街ではあるが、大学のキャンパスがあるせいかこんなイベントもよく似
合う。

e0082981_2241350.jpg


e0082981_22414022.jpg


e0082981_22415291.jpg


e0082981_2242322.jpg


e0082981_22424572.jpg


e0082981_2242582.jpg


e0082981_22431046.jpg
                     〔 CAPLIO GX100 〕

最近になって、新潟市の9つの区のイメージカラーなるものが発表された。ここ西区は、夕日ライン
(海岸道路)や夕日コンサートなどがあり「美しい日本海の夕日」をイメージしたサンセットオレンジ
がイメージカラーなのだとか…


          GRブログ 「トラックバック企画『スクエア』に参加」 します。
[PR]
by ara_umi | 2007-10-23 23:09 | 小さな旅 | Comments(0)
JAPANな街
この街を歩いていたときはそんな風には感じていなかった。家で画像を見ながら外国の写真かと一瞬
思ってしまった。どちらかといえば和風の家並みが残る街なのだけれど…

e0082981_23194324.jpg


e0082981_2320687.jpg

福島県会津若松市に残る歴史的建造物、この異国を思わせる建物は当地の伝統工芸品会津漆器の
老舗、白木屋漆器店。ちなみに漆器は英語でJAPAN。

こちらは白木家の向かいに店を構える福西惣兵衛商店、店構えはモダーンだが、内部は古くからの土
蔵をそのまま使用。黒く光る扉は黒漆喰。
e0082981_23202243.jpg


e0082981_23204060.jpg


e0082981_23205569.jpg


e0082981_23211496.jpg


e0082981_23212998.jpg
                〔 GR DIGITAL (with GW-1 1~4,7) 〕

今日10月21日は名機GR DIGITALが世の中に出た日(2周年)、そして昨年は1周年パーティの会場
で何人かのGR D使いのブロガーさんたちとの出会いがあったエポックメーキングな日。

          HAPPY BIRTHDAY GR DIGITAL!

最後の画はGR DIGITALで撮ったものを1:1にトリミング、この手法は最近流行っているようだけれど(笑)
ここではわりと早い時期から採用していた事が密かな自慢(笑)  …ということで

GRブログトラックバック企画第24弾 「トラックバック企画『スクエア』に参加」 です。
[PR]
by ara_umi | 2007-10-21 23:53 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(4)
役者はそろった
10月に入り、郵便局も民営化され新しい体制での再スタートを切ったが、ara_umi家でも新ラインの
カメラシステムの導入に踏み切る。テーマは『旅カメラⅡ』…GR DIGITALとCAPLIO GX100があれ
ば充分に旅カメラは足りているのだけれど、「単焦点レンズの付いたコンパクトな一眼レフカメラでない
と旅が切り取れないのでは…」という錯覚に陥り(物欲ガマガエルの妖術ですが)、予算審議先送りで
配備を強行採決した装備のうち、納品が遅れていた核弾頭 Planar T* 1.4/50 ZK も入隊完了!

e0082981_23351472.jpg

新事業(?)の3本柱、DA21mmF3.2、Planar T* 1.4/50、DA70mmF2.4(なぜかCarl Zeissはf値とF値が逆さま)
e0082981_23355889.jpg


e0082981_23362183.jpg


e0082981_23363263.jpg


新機軸就任にあたり、記念撮影は証明写真調。ちょっとムック本を意識しました(笑)
GR DIGITALを補完するレンズはDA40mmF2.8 1本でよかったのではないかという声もちらほら…(笑)
[PR]
by ara_umi | 2007-10-19 23:59 | ちょっとカメラの話 | Comments(14)