<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
素顔のままで
29日はブログでも街でニアミスしても親しくしていただいている『Yoshi-A の写真の楽しみ』のYoshi
passさんと彼のお仲間の写真家の人たちの写真展『三人展 “Step By Step”』の会場へ、そこで
このブログでバーチャルに会話を楽しんでいる何人かの人たちとも遭遇。そのときは世を忍ぶ仮の(普
段の)姿で会場へ行ったので少し誤解を与えたかもしれない(笑)…

「ちょっとペースを作れずに上手くコミュニケーションがとれなかった…また次回に!!」
出来れば次回は本来の姿に戻って(?)ara_umiワールドを展開したい…

そのあと、呑納会と称する呑ベーの忘年会ではある仕掛けですこしワールドを作ったのだけれど、写真
が上手く撮れずに紹介できないのが残念!!
仕方がないので(?)やはりブログ友達のphoto_artisanさんが紹介していたイベントに乗る。だんだ
んセルフポートレートも様になってきた!?暮れの真夜中にこの写真のためにドレスシャツに着替える俺って…



e0082981_2262073.jpg



写真展も実力者3人の揃い踏みで見応えがあったのだけれど、きっちりと鑑賞をしていないので(何
をしに行ったのか???)新年にもう一度訪ねて穴が開くほど鑑賞するつもり(老眼鏡も忘れずに(笑))





Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-30 23:59 | 小さな旅 | Comments(6)
98時間
12月が忙しいのは毎年の事であるが、昨年はどうだったかと2006年12月のエントリを見返してみる。
昨年の12月もほぼ今年と同じ更新ペースなのが可笑しい、しかも昨年の今日も「写真のストックが無
い」などと云って古い写真でお茶を濁している(笑)
今年はその古い写真もろくなモノがないので、昨夜の宴席から新しいカメラ(!)のシェイクダウン編(笑)

リサイズのみ
e0082981_21135229.jpg


e0082981_21141177.jpg


e0082981_21142787.jpg


e0082981_21144170.jpg


e0082981_21145352.jpg

前のモデルとは塗装の仕上げが違うのか手触りが変ったことで少々違和感があるのだけれど、スローシャッター
でも驚くほどよく止まる!!

ISO オート
WB オート
画像設定 普通
露出補正 -0.3~-0.7EV

みなさん呑み疲れで1次会で解散、ara_umiも流石に…で、なじみのおでん屋に暮れの挨拶(?)をして帰艦
e0082981_21265493.jpg


e0082981_2127883.jpg


e0082981_21272055.jpg


e0082981_21273388.jpg
                          〔 GR DIGITAL II 〕

画像は明るくあっさりした印象であるが、シャープさやノイズレス感は確実にUPしている。
               「また次の旅がはじまる…!?」

そうこうしているうちに今年も残すところあと98時間!  去年より1時間早くUPできた(笑)





Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-27 21:38 | 小さな旅 | Comments(20)
クりスマス・イブのありがとう
今朝少しだけ(?)寝坊をすると、目が覚める前に悪友が酒(もちろん地酒)を2本届けていてくれる。
すこし遅れてメールを開くととりあえずお祝いのメールが2通…今日は誕生日だった!
人の誕生日は祝うけれど、自分のはスルーというのがここ数年のパタンではあるが、誰かが覚えて
くれているというのも少しうれしい。足場は正に崖っぷちで齢の事は考えないようにしているが(笑)
昨年の今日のエントリもこの話だったが、今日もまさにルーティーン!個人版の年賀状のネタ造り。

1998年より始めたこのシリーズも1度の喪中年賀欠礼を挟み今年で10本目、一座の役者がひとり
引退するということ事で、このパフォーマンスは今年でおしまい。寂しいようなほっとしたような…

画コンテ版ですが、
2006年版
e0082981_2292724.jpg

2007年版
e0082981_2295552.jpg

2008年版(予定)
e0082981_22134215.jpg
                〔 GR DIGITAL with GW-1 〕

1998年から始めたシリーズは積み木を使ったパフォーマンスの(例によって)自己満足シリーズ、
一応毎年シーンのモデルがあるのだけれど、200枚ほど投函される年賀状の受取人の3.2%程が何
を表しているかを認識するらしいというリサーチの報告もあり(涙)
2006年版は結構有名なシーンだったと思うのだが、反応はいつもの通り低調だった…昨年の今日の
エントリであの絵「正井建築舎 勝手口」のMasaiさんに朱鷺メッセと言い当てられたのは、逆の意味
で驚愕だったのだけれど…(笑)
最後の年である今年はある世代にとっては感慨のあるかもしれないあの建物を、違う祈りを込めて…(笑)

夕方になって車の中に置き忘れていた携帯電話をチェック、オネーサンからのお義理メールとともに予
約していたアレが入荷したとの伝言有。明日でもよかったが、保証書に今日の日付を入れたかったの
でキタムラまで… 「ara_umiさん、ありがとう!(笑)」

10年間我が家の年賀状の素材になってくれた積み木(←つみきみほという女優を好きだった事を急に
思い出した(笑))に感謝を込めて「ありがとう!」

ということで GR GBLOG「トラックバック企画『ありがとう』に参加」です!






Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-24 23:08 | 小さな旅 | Comments(16)
2つのエントリー
今日は2つのイベントへのエントリーのためのエントリ(ー)。

★ひとつめ★

最近お仲間に入れていただいた『■今日もはれ』の sa55t さんたちの覆面座談会が下記の要領
で開かれる(らしい)、参加したいが年末忙殺状態なので動きがとれず…(ブログの更新もままならず)

日時:2007年12月23日(日) 18:00スタート
場所:新宿のおでん屋「でん」(安易で分かりやすい!)
予約者名:アラーキー
持ち物:お面仮面覆面マスクなどお忘れなく
「話はしませんが」(爆)ご自慢のカメラレンズプリントなどをお持ちより下さい。
ドレスコード:Z(全裸以外何でも)


仕方がないので電子エントリーします!! …ダメ?

どうせara_umiは人見知りで無口ですので参加しても何にも喋りませんから…???


e0082981_21304040.jpg
       〔 K100D super / DA70mm F2.4 Limited 〕


■にいがたのひとたちへ
古町にもおでん屋の「でん」はあります!こちらもやりますかねっ!?




★ふたつめ★

GR BLOGのトラックバック企画への締め切りが近づいてきたが、何もエントリーする写真がない、
2005年10月22日、GR DIGITAL発売の翌日に予約していたカメラを手に入れたのだが、CCD
のゴミが気になりカメラ店へ持ち込んだら即交換になったのが12月23日。ちょうど2年前の話、こ
のカメラのおかげで本当にいろいろな意味での“旅”が出来た。

e0082981_2130125.jpg
                         〔 CAPLIO GX 100 〕

                 そんなGR DIGITALに感謝をこめて「ありがとう!」

              ということで 「トラックバック企画『ありがとう』に参加」 です





Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-22 22:00 | 小さな旅 | Comments(20)
今日の路地 #027
「ワン、ツー、ワン、ツー♪旅の入り口はぁ~ 歩いてこない、だ~から歩いてゆくんだねぇ~♪」
ということで、今日もGRDスペシャルカタログの銘コピー「いつもの路地が、旅の入り口になる。」
へのオマージュを探す旅に出る。(このところGX100ばかりなのですが…)

かつては新潟の台所と呼ばれ、鮮魚店や浜焼き(店先で魚を焼いて売る)の店が軒を連ねた本町
市場通り。かつての活気は今は昔…歩いて行ける近所の店より車で郊外のショッピングセンター
まで買出しに行く時代(季節感もないし不味いのに!)


e0082981_23484274.jpg


e0082981_23485915.jpg


e0082981_23491191.jpg


e0082981_2349245.jpg


e0082981_23494215.jpg


e0082981_23495591.jpg
           〔 2007.12.16 Niitsuya-koji +1 CAPLIO GX100 〕

それより、この市場の真ん中に昔から鎮座する神社、白龍権現の裏に市場の公衆便所が建つ!
以前は違う場所にあったのだが、神社裏にあった自転車置き場と位置をトレードする格好で建築。

発注事業者の新潟市(たぶん)は何を考えてんのじゃぁ~!!!!

お社の一番奥、すなわち、ご本尊が鎮座する場所と1mも離れていない場所に不浄物を計画する
センス(というより常識!)の無さよ!!!! 今からでもなんとかならないものなのか…





Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-18 23:59 | 小さな旅 | Comments(6)
えいっ、えいっ、おぉ~っ!!
時に元禄十五年十二月十四日
 江戸(実は新発田)の夜風を震わせて
  響くは山鹿流儀の陣太鼓
   しかも一打ちニ打ち三流れ
    耳を澄ませて太鼓を数え…

  「おう、正しく赤穂浪士の討ち入りじゃ!!」


e0082981_22394712.jpg


e0082981_2240688.jpg


e0082981_22402069.jpg


e0082981_22403273.jpg


e0082981_22404731.jpg

えいっ、えいっ
e0082981_22405917.jpg

おぉ~!!
e0082981_22411067.jpg
         〔 K100Ds / DA70mmF2.4(1,3,4) CAPLIO GX100(2,5~7) 〕

赤穂浪士四十七士の中でも一、二の人気を誇る堀部安兵衛武庸の出身地、越後新発田でも毎年12月14日は
義士祭が行われる。夏に新発田の仕事でお世話になったお客の、暮れの挨拶をあえてこの日を選んで行く(笑)

    仕上げは、この一ヶ月クルマのCDで聴きまくって空で歌えるまでになってしまったこの唱で…(笑)
                               (12/18日追記)ゲゲッ!! いつの間にか俵星玄蕃のYouTubeが削除されている…
                                        シーズンが来てアクセスが殺到したので三波家かNHKが削除依頼を出したのかも(涙)






Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-14 22:00 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(12)
メンタリングとコーチング
12月13日(木)
9:50~16:45 業界関連の診断系の講習会 ユニゾンプラザ
一旦帰社してから
19:00~21:00 任意で参加している月1回の勉強会 再びユニゾンプラザ …ユニゾンプラザな一日(笑)

勉強会の今月のお題は「メンタリングとコーチング」
 コーチするときは耳を傾けよ
 あなた自身の潜在能力を育てよ
 “教える”ことを越えよ
 「行動計画」を活用せよ


これだけ書かれても何のことかはさっぱり伝わらないと思うが、人を指導する事の難しさよ…
特に「俺が、俺が…」精神爆発の日々の中では…


e0082981_22572946.jpg


e0082981_22574710.jpg


e0082981_2258043.jpg


e0082981_2258108.jpg


e0082981_22582027.jpg


e0082981_22582923.jpg


e0082981_22583922.jpg


e0082981_22584949.jpg


e0082981_22585996.jpg


e0082981_2259109.jpg
                     〔 CAPLIO GX100 〕

写真はメンタリングとは直接関係ありません(笑)。最近写真も撮っていないので、やはりこちらも月イチ
定例交流会から加賀料理店での一コマ。今年は10/12回の参加だったのでまずまずの成績(?)





Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-13 23:43 | 小さな旅 | Comments(4)
NIIGATA ISLAND
函館、新潟、横浜、神戸、長崎といえば新潟の人間であればひとつの共通語が浮かぶのであるが、他の4つの都市の人は一瞬考えるかもしれない。更にこれらの都市以外の人でこの5つの都市だけの共通語にすぐに辿り着ける人はかなりの歴史マニアではないか。
1868年(慶応3年)日米修好通商条約により幕府が渋々認めて開いた港、開港五港と呼ばれている港の都市である。

先日ラジオで興味深い話を聞いた。新潟市に住む建築家の随想であったが、若いときにこの5つの都市を視て廻ったときに、新潟にだけなくて他の4つの街にはあるものがひとつあったそうである。それは街の背後に迫る山(高台)なのだという、なるほど新潟は2本の大河が運んだ土砂によって形づくられた平野の河口であるし、他の4つの街には夜景のきれいな丘があったりしてロマンチックな港町というイメージがある…新潟にはそれらはまったくない(笑)…ムードという観点では、当時の新潟港は今のように港湾土木事業が発達していなかったせいでほとんど使い物にならなく、外国船の利用はほとんどなかったらしい…おかげでエキゾチックな港町の面影もまったく無し…

e0082981_21164277.jpg

ラジオの話は港町のムードの話ではなかった。自分たちの住んでいる街を直接眼で見ながら都市計画をすることと、机上で図面を引くだけで都市計画をすることでは自ずと出来上がりに差が生れるのではないかという話であった。新潟に生れて新潟で育った人間には見えないことがあたりまえの景色があった…


  回転する展望台から適当に撮った画を無理やり繋げてパノラマ (クリックで拡大)
e0082981_21171053.jpg
                 〔 K100Ds/70mmF2.4(1)  CAPLIO GX100(2 : PSで4枚合成) 〕

昨日のエントリに写真があるけれど、この日はGX100に水準器を付けて撮影していた。以前もそうだったのだけれど、水平を保って撮影をすると適当に撮っても後からパノラマ合成がしやすくなる。 …ということで、デジタル水準器を手に入れたGR DIGITAL Ⅱの次なる秘密兵器はカメラ内パノラマ合成機能でしょうかっ!?(どちらかといえばGX向きのギミックにも思えるが…)        ね、RICOH さん(笑)





Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-10 22:03 | 小さな旅(湊町ブルーズ) | Comments(6)
未完成
朝起きると思いのほか天気が良い!年末なのでいろいろとやらなくてはならない仕事もあるが、「天気の
良い休日はもう無いかもしれない」などと勝手に理由付けをして久々にお写ん歩。

かつて、『チョートクのカメラジャーナル』という雑誌があった。後期には100ページくらいの立派な(?)本
になったが、当初はB5版全8ページで毎号1台のカメラについて主筆田中長徳の口絵写真2枚とコラムが
あるだけのリーフレットのようなものだった。
ここに1999年5月発行のカメラジャーナル73号<特集ザ・ワーストカメラ ニコンF5>がある。73号は特大
号ということで16ページに増量されていて(今気付いたがカメラジャーナルは1号からの通しのページにな
っているのか、この号は582~596のページナンバーが書かれている)口絵写真も6枚に増やされている
(しかし、オレも物持ちがいいね←捨てられない性格)
そして、この73号の口絵は全部新潟の写真で占められている。ほとんど街中の誰でも知っているような場
所であるし、確定できていないところも2箇所ほどあるが探せばなんとかなりそうだということで「おいかけ
て新潟」
特別版の旅をすることに…(笑)


e0082981_22524560.jpg


e0082981_2254436.jpg


e0082981_2253311.jpg


e0082981_2253187.jpg


e0082981_22532817.jpg


e0082981_22534042.jpg

結局2枚目の写真の場所が探せず(涙)、クラシックカメラを扱うカメラ店か質店のショーウインドーだった
のだけれど見つける前に日没タイムアウト…このシーンはまたいずれ。4枚目の墓地の画はオリジナル
では長徳先生の奥様のご実家の方々(たぶん)が墓参をした後の記念撮影的ショット。


一応カメラジャーナル誌に敬意を表して表紙と同じショットも撮影、オリジナル版のNIKON F5に替えて
今回の機材RICOH CAPLIO GX100
e0082981_22542164.jpg
    〔 CAPLIO GX100(1,3~6) K100Ds/DA21mmF3.2(7) 〕

ここは人もクルマも多く通るので、この写真を(じっくり)撮るのは一寸恥ずかしかった(笑)




Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-09 23:59 | 小さな旅 | Comments(8)
瑞巌寺 Paid…
なぜか唐突に11月6日のエントリの続き(笑)
奥州松島の名刹瑞巌寺の中門までは無料で見ることができるのだが、国宝の本堂を観るために中門
をくぐるときに入場料を支払う。しかし、充分に700円支払って観るに値する本堂の造作や襖絵の見事
な事!(残念ながらその見事な部分は撮影禁止(涙))

あるカメラのBBSをROMしながら“旅カメラ”について考える。若い学生さんが「海外の歴史のある都市
へ旅行して写真を撮りまくりたいのでデジイチを買うが、現地で後悔しない(学生なのでリーズナブルな)
レンズ選びは何か?」というスレッドを立てたことに対して、スレ主も候補に挙げていた18-250mmな
どの高倍率ズームにミュージアム内での撮影に考慮して50mmF1.4もあると便利とか、そのカメラの
板では人気のシグマの18-50mmF2.8(または17-70mmF2.8-4)などが推薦されている。今は本
当に便利な世の中でそれらの組み合わせでは撮れないものはない!…とワタシも思う。

…では自分の旅カメラとしてその組み合わせがあるかと自問したときに、その答えは「無い」だろう…
誰かに頼まれて旅の記録を撮るのであれば、35mm換算で24-200mm相当をカバーするレンズを
用意して旅に望むと思うが、自分の旅の記録であればいつものようにGR DIGITAL(28mmとワイコ
ン21mm)と他にはモノを注視した目線の記憶という意味の(PENTAXシステムを揃えた今であれば)
50mmF1.4や70mmF2.4のデジイチ用単焦点レンズが1本あれば足りるし、それで撮れないものは
絵葉書でも買えばいいと思っている。


e0082981_21521915.jpg


e0082981_21491114.jpg


e0082981_21493135.jpg


e0082981_21494760.jpg


e0082981_21524040.jpg


e0082981_21495923.jpg


e0082981_21501417.jpg


e0082981_21503054.jpg
         〔 K100Ds // Planar T* 1.4/50(1,5,8)  GR DIGITAL(2~4,6,7) 〕

旅カメラはコンパクトで良く写ることが第一で、後で写真を見返したときに旅の記憶が繋がればそれが
楽しい。あまりにも何もかにもが記録されていない方がいいと思っているのかもしれない…
30年近く前にRollei 35T(40mm)を買った頃は何処に行くにもそのカメラ1台で写真を撮っていたし、
その後20年くらい続いたカメラ氷河期(旅写真や記念写真は撮っていた)ではCANON AUTOBOY3
(38mm)でも結構工夫しながら撮っていた跡を見るに付け旅の記憶はよみがえる。

という意図で撮った↑のような写真を延々と見せられても、理解に苦しむところはお許しください(笑)




Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-06 22:56 | 小さな旅(奥の細道をゆく) | Comments(6)