<   2010年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
よし、分かった!(パンッ☆)

新潟のフォトブロガー7名による写真展『私たちのまなざしとその記憶』も千秋楽から2週間、お盆休みもとっくに終わり日々の仕事に流されながら思い出しますと、ずいぶん昔の事のようにも思えてきます。 そんな中でも自分の展示について終わってからあれやこれやと考えたわけです。 美しいプリントや迫力の構成で観る者を圧倒した他のメンバーの展示には開催中から溜め息モノでイチ観客として魅入っていたのですが、特にドラマチックカメラのドラカメさんのブログで紹介されていた展示に隠された深い意味(トラップ)の記事を読むにつけ、自分の展示がいかに浅い思考のもとに構成されていたかということを思い知ったわけです。

e0082981_2351794.jpg


特に、観覧に来ていただいたフォトブロガーのおひとりa1photoさんからは今回の展示写真の根底に流れる撮影者としての意思について問われ、すこし考えさせられました。 人間の思考には普段考えている顕在化された意思と、思ってもいないつもりが実は考えていたり、期せずして行動に顕われたりする潜在意識がありますが、自問しているうちに、もしかすると今回の展示の中にもara_umiさんの考え(顕在意識=スケキヨ)だとばかり思っていたものが、実は仮面の下は更にもう一人の自分(潜在意識=青沼静馬?)が入っていて勝手にトラップを仕掛けていたのでは…という気がしてきたのです。

今回のワタシのコーナーの展示は自分でも小さな紹介カードに記したように【Monochrome】【小さな旅】【宇宙の旅】という3部構成になっていて、自分に与えられた狭い展示コーナーの中を複雑な構成にしたことで焦点をボケさせてしまったことは何人かの方に指摘を受けています。 結果として撮影者からのメッセージは分かりにくいものになってしまいましたが、当初首謀者のYoshipassさんから写真展参加のお誘いがあって参加の意志を固めたときから「自分のコーナーは新潟(旧市内)の写真だけで構成する。 そして、自分なりのまなざしで捕らえた新潟を紹介する。」ということだけはコンセプトにしていたのです。

ただし、3つのセクションすべてが新潟だったのですが、新潟の街を知っている人が見る感覚と、知らない人が見る感覚は違ったものになります。 また新潟の街を知っている方でも新潟だと思わないで見てくだされば、それぞれに写真から受けるナニカは違うものにもなってしまうのですが…


e0082981_2354635.jpg


写真展の会場にも置かせていただきましたが、田中長徳さんの写真集に『Wien・New York・Niigata』というものがあります。 ワタシがこの写真集を手に入れたのは1996年頃に遅ればせながらオートフォーカスの一眼レフカメラを購入して何回目かのカメラマイブームに突入した頃だったと思います(写真集をみると1997年8月に新装版発行とあるのでその頃なのでしょう)。
その初めてのAFカメラキヤノン EOS55を購入したカメラのSタケのS武氏が地雷だった(!?)のです(笑)。 当時そこは新潟では数少ないクラシックカメラを扱う店であり、家からも近かったので頻繁に入り浸りはじめ、折からのライカブームでM3と数本のライツのレンズを購入して(買わされた?)それまで写真といえば記録と記念写真しか撮ったことがなかったものが、ライカを買ったのだから街撮りをしなくては… となり、それまであまりしたことのなかった街撮りの火種が燻ることになりました。

しかし、ライカは買ったものの、馴れない街撮りではいきなり鑑賞に堪える画など撮れるはずもなく、駄作の山が少なくないコストの出費とともに机の上に溜まりだした頃に、世はデジタルカメラの時代に代わりつつありました。 2000年にはじめてのデジカメ、ニコン COOLPIX950を手に入れて、フィルムのときからみれば圧倒的に多くの枚数を撮影するようになっていはいましたが、まだ用もないのに写真を撮ることだけを目的に街に出るということはありませんでした。 時は流れて2005年10月、リコーよりかねてからウワサがあったGR DIGITALが発売になりました。 リコーの仕掛けたマーケティングに見事にはまり発売日に購入、ライカではモノにできなかった街撮りに再び挑戦することになったのです。

e0082981_2361251.jpg


田中長徳さんの写真集『Wien・New York・Niigata』の新潟のシーンは、ワタシが生まれ育った街だったので、ほとんどページが見覚えのある場所だったこともあって、ライカ M3を手に入れたときにその撮影場所のトレースを試み、結果として一度挫折していたのですが、GR DIGITALで一から撮り直しを決意し、それでも1年近くかかって完成させることができました。 それをオンラインアルバム『おいかけて新潟』という名前でweb上に公開していたことが田中長徳先生の知れることとなり、ブログにコメントをいただいたり、その後あるパーティの会場で田中先生とお逢いしたときに「ワタシが『おいかけて新潟』のara_umiです」と名乗のりながら笑談させていただいたりして、晴れて『おいかけて新潟』も田中先生の公認を得ることになったのです。(メイキングの模様は右側の『おいかけて新潟』というタグで時系列に読み取れます)

しかし、正直に云うと1997年に『Wien・New York・Niigata』を見たときに「ウィーンやニューヨークのシーンはとてもエキゾチックで美しく撮れているのに、なんで新潟はこんなに殺風景な場所ばかり選んで撮られているのか!? 新潟だけダッサいじゃないの!!(実際ダサいのですが…)」と不満に思ったことも事実でした。 そんな思いも『おいかけて新潟』が完成する頃にはその達成感もあってか不思議と消えていったのですが、田中先生のトレースをしながらそれとは別に自分なりの視点として新潟の街を撮り始めていくことになったのです。

e0082981_2395688.jpg


と云うことで、お気づきになりましたでしょうか(笑)あの会場に田中長徳先生の写真集『Wien・New York・Niigata』がワタシの写真帳『おいかけて新潟』とともに置いておいたのは、表面上はその二つを比較して笑っていただく計画(これは実際にお客さんに説明しながら見比べていただいて笑っていただけたので大成功)の裏に、青沼静馬かはたまた犬神佐兵衛翁が仕組んだトラップ(!?)田中長徳さんの撮ったニイガタに対する新潟モンの撮ったニイガタの対比があったということを!?  しかもセクションも3つだ!!!

e0082981_23101165.jpg


だいたい、横溝正史の推理小説に出てくる名探偵・金田一耕介は、巧みな推理で最後には真犯人を炙りだしても、犯行がすべて行なわれてからその解説をするわけでして、殺人事件はひとつも防いでいないのですが、今回の推理もそんなものでしょうか…(爆)
[PR]
by ara_umi | 2010-08-30 23:24 | ちょっとカメラの話 | Comments(8)
地面が見えても
ボンネットをあけるとホントに小さなエンジン。1代前のモデルと共通のボディを使用しているらしいが、当時は3.2Lのエンジンもラインナップされていたはず。 そのスペースに1.2Lのシングルカムのエンジンを置いたのだから、ダイエット成功後のズボンのウエストがぶかぶかになったみたいになっている(笑)

30年位前に運転免許証を取って最初に運転したクルマは、家にあったカローラバン(1.2L)。 これもエンジンルームはスカスカだったことを思いだす。 よくお尻を振る愉しいクルマだった(((笑)))

e0082981_022396.jpg

e0082981_0231182.jpg

e0082981_0232377.jpg

e0082981_0233650.jpg

e0082981_0234998.jpg
〔 K20D | FA43/1.9 DA21/3.2 Planar50/1.4 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-08-25 23:21 | 小さな旅 | Comments(6)
新しいパートナー
と云っても、カメラぢゃございません(笑)

小さなエンジン、充分な広さを持つコンパクトなボディ(といっても横幅だけは十二分)、わりと細めのエコタイヤ… カタログのスペックからは想像のつかないリニアな加速と正確なハンドリング。 もちろん基本的にエコな大衆車なので、エンジンのパワーにしても乗り心地やハンドリングにしても最上ではなく、ドライバーはどこかでトレードオフ的なガマンをしているのだけれど、そんなガマンが苦にならないファン・トゥ・ドライブなクルマでございました(機種名はまだヒミツ(笑))。

昨年だったか急に懐かしくてポチッたShakatak のCD をかけながらナイト・ドライブ… ああ、80年代(((笑)))

ついでにブログ用の画をゲットするも、時々機嫌の悪くなるGXR が突然のフリーズ…orz  ということで(?)今日は1枚(笑)

e0082981_232936.jpg
〔 GXR | S10 24-72mm F2.5-4.5 VC with DW-6 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-08-23 23:08 | 小さな旅 | Comments(8)
さよなら =お台場君=
『7人展』では、この画を撮影した2年後に撮り直した 【宇宙の旅】 Love is Illusion evo.II への質問が多かった。 
質問する人の多くがたいてい「トンネルですか?」と聴いてくるのが共通(笑)

e0082981_2311548.jpg

この画は第1回 RICOH GR カレンダーコンテストの入選作(なんと!!)で、新潟の冬の風物詩=ケヤキのイルミネーションの下を長時間露光に設定したGR DIGITALを載せたクルマを走らせながら撮ったもの。 自動的に5秒に1回レリーズしてくれるインターバル撮影、コンパクトカメラなのにマニュアルモードで絞り・露出時間の設定が自由にでき、軽くて小さいボディなのでオンボード車載も容易という GR DIGITAL ならではの画像。 そして忘れてはいけないのが、GR DIGITAL をクルマのダッシュボードの上にしっかりと固定してくれる“お台場君”(笑)

カレンダーコンテストの応募時に作品名としてつけた 「Love is Illusion」 は、むかしマツダ・コスモというクルマのコマーシャルソングとして今は亡き しばたはつみ が唄った隠れた名曲(ドライビング・ミュージック)。

 
e0082981_23122715.jpg

先日来不調の続いている“お台場君号”(クルマの方です)も、いよいよ入替が決定し、明日は新車がめでたく納車となる。 “お台場君号”は移動しながらの撮影ばかりではなく、その漆黒のボディに夕陽やサクラなどを映し込んでこのブログでもたびたび登場してくれた。
時期FX(?)は黒いボディもやめたし、“お台場君”の搭載も未定… ara_umiワールドの名脇役の代わりはもういない。
[PR]
by ara_umi | 2010-08-20 23:19 | ちょっとカメラの話 | Comments(6)
諦めのわるいひと

先日の『7人展』で一番不評だったプリントの元画像ががこれ(笑)

e0082981_23283750.jpg


フォトブロガーとしては、このイメージの載ったエントリは結構お気に入りなのだけれど、
プリントでその印象はまったく伝えられなかったことも承知している。


【宇宙の旅】 蒼い星くず=世界で一番美しいゴミ

[PR]
by ara_umi | 2010-08-19 23:35 | 小さな旅 | Comments(8)
プレゼンテーションのこと
月イチの勉強会(スピーチクラブ!?)本日のテーマはプレゼンテーション。

内容をすこし… 

《聴衆はあなたの何を観ているか》
 話の内容も大切だけれど、プレゼンテーターとしてどう見られるかは話し方によって大きな差がつく。
  1) 「言葉」   あなたの話す言葉                        重要度 ★
  2) 「声」     あなたの話し方がどのように聞こえるか           重要度 ★★★★★
  3) 「視覚面」  話しているとき、聞き手の目にどのように映っているか   重要度 ★★★★★★★★

どんなにいい話をしても、話の内容はそれほど記憶に残らない。声は5倍、その人の服装や容姿やパフォーマンスなどは8倍インパクトが残るのだとか… 
確かに20数年前に一度だけ講演を聴いて、いまでも素晴しいスピーチだったと鮮明に記憶に残っている(すでに闇将軍、キングメーカーと呼ばれていた)田中角栄元首相の演説は、何を喋ったかについてはまったく覚えていないが、とにかく素晴しく感動したことだけは確か。 これも田中元首相の声や当代一の千両役者が放つオーラが強烈だったということか。

e0082981_23492258.jpg

e0082981_23494941.jpg

e0082981_235022.jpg

e0082981_23501566.jpg

e0082981_23502792.jpg
〔 GXR | S10 24-72mm F2.5-4.4 VC with DW-6 〕


ひるがえって、先日めでたく千秋楽を迎えた『新潟のフォトブロガー7名による写真展』について。 写真展はまさにプレゼンテーションみたいなもの。 ただし、直接的には言葉や声はなく「視覚面」のみで表現するものだから ↑ で書いた《何を見ているか》は100%写真をみているはずだけれど、展示の仕方によっては画像が「言葉」や「声」になって相手に伝わりにくくなるようだ。 そのことは、ありがたいことに(本当ですよ)ブログ上で辛口批評家のみなさんから優しい(!)指摘を受けている(笑)

月イチのスピーチクラブでもショートスピーチでは「云いたいことを一点に絞ること!」と厳命されているのに、脳内がお花畑のara_umiさんは、どうしても「あれも、これも、それからもひとつ…」になってしまったことも「分かっちゃいるのにヤメラレナイ」悪癖の表れだったか…orz と、反省しつつも「えぇぃ、今日は引分けぢゃ!いつかきっと支離滅裂なara_umiワールドを紙の世界で…」 と、決意も新たにするのであった(笑)

                                       … to be continued
[PR]
by ara_umi | 2010-08-18 23:52 | 小さな旅 | Comments(0)
祝! 新潟球児ベスト8
野球後進県と云われつづけてきた新潟県の高校野球が、初めてベスト8に入ったのは1984年のことだった。このときの若きara_umiさんは何故か入院中で、新潟南高校の躍進はすべて新潟大学付属病院の談話コーナーのTV桟敷で、多くの入院仲間(?)と煙草を燻らせながら観戦したものだった(当時の病院の廊下に設けられた談話コーナーは病人でもフリースモーキングで紫煙がたなびいていたのだ!!) 

昨年の夏の甲子園は、新潟代表の日本文理高校の大活躍で新潟県の野球ファンを熱狂のるつぼに落としてくれたものだったが、試合後は「これで次の県勢の活躍はもう30年後かな?」くらいのムードがあったことも覚えている。

「 あと3勝!!! 」

e0082981_1321489.jpg

e0082981_1325323.jpg

e0082981_133247.jpg

e0082981_1331537.jpg

e0082981_1332459.jpg

e0082981_1333369.jpg

e0082981_1334264.jpg

e0082981_1335182.jpg

e0082981_134110.jpg
〔 GXR | GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 〕

今宵の荒海食堂は、15日の夜に設営した『7人展』ニイガタナイトのひとこま(9枚あるが…) 「今夜もごちそうさま!」

[PR]
by ara_umi | 2010-08-16 23:58 | 小さな旅 | Comments(10)
7人展 4日目
12日より始まった 『新潟のフォトブロガーによる写真展 私たちのまなざしとその記憶』 も、早くも折り返し。 連日多くの方にご来場いただいている。 そもそも、ブログのつながりから発生した集まりなので、当所はメンバー同士も顔も素性も知らない同士だったし、それぞれのメンバーのブログを見て来場していただいているみなさんも会場に来て「ああ、この人がara_umiさんなのか!?」となる。

今回の写真展にはそのwebルートとは別に、個人DMルートなるモノが発生していて、これはすこしまずい。 本来このブログは世を忍ぶ仮の姿の自分(ふだんの自分!?)とは別人格の本当の自分(白い仮面をかぶった方??)が展開しているので、自分の周りの人たちにはブログをやっていることは告知していても、ブログ名やURLは未発表だったのに、今回の写真展によって表世界と裏(?)世界に連絡通路が開通してしまった…

ここまで、多くの、知人、ブログだけのつながりの方、初めてお逢いする方々から会場に足を運んでいただいて、賞賛、驚異、賛同、修正勧告、酷評、罵詈雑言(笑) …と、多くの暖かく、ありがたいご感想を頂戴している(笑々) ということで元来、温室育ち(?)気弱な性格なので(?)そうした世間の声に耐えられず、古町の喫茶店に逃げ込んでしまうことになるのかと心配したことも杞憂に終わりそう(笑)
 
e0082981_1242124.jpg

e0082981_124502.jpg

e0082981_1251100.jpg

e0082981_1251290.jpg

e0082981_1252415.jpg

e0082981_125355.jpg

e0082981_1254539.jpg
〔 R-D1s | Elmar f=5cm 1:2.8 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-08-15 23:58 | ちょっとカメラの話 | Comments(0)
越路の華か白雪か
今日8月13日の甲子園は朝から、新潟、秋田、山形、青森と順番に登場して、さながら東北デーという感じ(新潟は厳密には東北ではないが、電力供給が東北電力ということでお仲間に…)。 しかし、残念ながら第1回戦の新潟明訓高校以外の東北勢はすべて敗退(><) 相手はみな強豪校だったが心情的には絶対北国派。

そんな今日は、朝一の墓掃除&お参りから新潟球児の活躍を確認した後 『新潟のフォトブロガー7人による写真展 私たちのまなざしとその記憶』 の会場入り。 お盆にもかかわらず大勢の方から足を運んでいただく。ゴルフ仲間のお嬢さんたちや、業界の人、そしてブログを観てコメントをいただいた大阪在住で帰省中のHIGUさん 「みなさん、ありがとうございます。 まだまだやっていますのでいつでもどうぞ」

e0082981_96271.jpg

e0082981_962965.jpg

e0082981_964148.jpg


今日のお盆は久々に実家に集合してご先祖様と対面(?) 実家の親も年をとって料理もしたくないというので近所の寿司店から折り箱を持ち帰る。 台風の時化で船も出なかったはずなのにさすがに新潟の名店!結構なお味でございました(笑)
[PR]
by ara_umi | 2010-08-14 09:12 | 小さな旅 | Comments(12)
COMING SOON!
さあ、準備は終わりました。 夏休みの宿題といっしょで、あれだけ準備期間があったのだからもう少しなんとかなったのでは… という気も幾分しますが(汗) もう羽化してしまいました。 あとは、何処へでも飛んでゆけの世界です(笑)

ワタシの出品はともかく、他の6人のメンバーのみなさんの作品をじっくりと鑑賞したいことは間違いありません! 展示が完了してますます愉しみになってきました!

e0082981_09177.jpg



e0082981_0202212.jpg



e0082981_010578.jpg
〔 GXR | S10 〕


『新潟のフォトブロガー7名による写真展 私たちのまなざしとその記憶』 は8月12日(木)~17日(火)まで、新潟市の北陸ガス ガスホールにて開催します。

   ちなみに、ワタシの在廊予定は

     12日(木)  (ほぼ)不在
     13日(金)  お昼頃より終了時まで在廊
     14日(土)  開場時よりお昼過ぎまで在廊
     15日(日)  終日在廊 (この日の夜はニイガタナイト設営のウワサあり?)
     16日(月)  不在
     17日(火)  お昼頃より終了まで在廊(この日の終了は午後2時となります)

   というように考えています。 悪口を云いたい人は不在時をめがけて来てくださいね(笑) 
   また、在廊予定時間でも会場が満員で息苦しいとき、辛口批評家のみなさんの批判に耐えられなくなった時
   などは古町周辺でお茶を濁したりしているかもしれませんので探さないでください(笑々)

   ということで、多くの皆さまのご来場をお待ちしています。
[PR]
by ara_umi | 2010-08-10 23:58 | 小さな旅 | Comments(8)