<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
いくらなんでも...
夏が盛りに差し掛かる7月の終わりにはこっそりとどこかの土手のあたりでその穂を出して、
秋の訪れの準備を始めることは気付いていたけれど、まだ6月ですぜ!

薄のダンナ...

e0082981_23151689.jpg

e0082981_2316995.jpg

e0082981_23162545.jpg

e0082981_23164193.jpg

e0082981_2317317.jpg

e0082981_23171632.jpg

e0082981_2317358.jpg
〔 GXR | S10 24-72mm with DW-6 / A12 50mm Macro 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-06-30 23:25 | 小さな旅 | Comments(2)
Born To Be Me
思い出したように探したのだけれど、見つけられないでいたVHSのビデオテープが、昨日部屋の隅の段ボールの中から出土(笑) 昔のビデオテープは結構何回かに分けて処分される時期があり、もう何を残して何を捨てたのかと云うことも覚えていないし、たぶん数百本も録画をしては捨てるという無駄な行為を繰り返してきたテープも、もう数本の最重要テープ以外は保存されていないはず。

その数本のテープの残された棚を覘いてもそのテープはなかったのできっと捨てたのだろうとあきらめていた。 最近になって別の整理で部屋を片付けていたらビデオテープが12本ほど入ったダンボールを発見、そこに(1989年)NHKショータイム トム・ジョーンズ『Born To Be Me』と書かれたテープはあった。

トム・ジョーンズがデビューして世界中でヒットを飛ばしていた6〜70年代はしっかりとリアルタイムで聞いていたと云う思いはないけれど、その頃にTVで観た『トム・ジョーンズ・ショー』からは、ある種のいかがわしさとパワフルさを同時に感じ、早くもara_umi少年のココロの中には(大人になって役立つことになる?)TJ菌がしっかりと入り込んでいたのだろう(笑)

ある程度大人になるとレコード店などで、ワゴンに入った千円くらいのベスト盤集(当然カセットテープですね)のなかでTJを見つけ、クルマの中でかつてのヒット曲を聞いていたくらいだったが、忘れた頃に(実は95年に来日公演をしている)NHKの番組で、懐かしく動くTJ様を観たものでした。 ...もう、その放送からも20年以上たっている!

その後、96年『快楽天国』、99年『RELORD』と、しっかりおじさんになっていたTJは「オレはまだ、全然ムカシの人じゃないんだぜ」的なアルバムを発表しながら健在さを世界に示していますが、ワタシもTJのファンになって30年くらいたってやっとリアルタイムで新作のCDを買えるファンになったのでしたとさ(笑) 『快楽天国』では「恋はメキメキ」(If I Only Knew)と云う楽曲のいかがわしさ(?)からか、みうらじゅんがTJのファンでもないくせに的外れなライナーを書いていることが今でもユルセナイ!

だいたい、TJは“そこ”ばかりが強調されて間違った認識を持つ日本人が多いのだけれど、その部分とは別に、正確なピッチとリズムというシンガーにとっての基本と、圧倒的な音量、音圧、猛獣のような(?)美声、そしてルチアーノ・パバロッティもかくやと云うハイC(ツェー)ヴォイスの持ち主で、歌手としての素晴しさの部分へのリスペクトが足りないのですよ… ま、それだけではワタシもこんなにファンになったりしていませんがね(笑)

今月になってまたしてもTJのベストCD(UK盤で2枚組1457円、エアメールなのに送料も340円!というのがよかった)を仕入れてしまい、何度目かのTJまつりの真っ最中(爆)

e0082981_22402392.jpg

e0082981_22424736.jpg

e0082981_22433225.jpg

e0082981_22435549.jpg

e0082981_22443392.jpg

e0082981_22445344.jpg

e0082981_22451023.jpg
〔 R-D1s | URTLON 28mm F1.9 / GXR | A12 28mm F2.5 〕


このビデオテープのトム・ジョーンズのプログラムのあとに残されていたプログラムがまた感涙もので、同じくNHKショータイムからステファン・グラッペリとジョージ・シアリング2本立て!
当時81歳のステファン・グラッペリ翁の初来日公演のライブセッションだった。これは今度ウィスキーをなめながらじっくりと観なくては...
[PR]
by ara_umi | 2011-06-29 23:07 | 今日は音楽の話 | Comments(4)
久しぶりに静かな夜
梅雨らしく雨のしっとりと降る夜。

夕食の後、近くのそれはいつも混んでいるので、10kmほど離れたドライビングレンジまでドライブ...
といっても片道15分程。最近またハマっているトム・ジョーンズと一緒にシャウトしているとあっという間(笑)

150球くらい打って今度は大汗。 家に帰ってシャワーを浴びてブログをアップ。
酒を飲みながらTVなんか観なければ結構時間は自分のものになる。

いずれまたニギヤカナ夜に呼び戻されるのですが...

e0082981_23433319.jpg

e0082981_23441960.jpg

e0082981_23443821.jpg

e0082981_2345084.jpg

e0082981_2345193.jpg

e0082981_23453329.jpg

e0082981_23455273.jpg
〔 GXR | A12 28mm / A12 50mm 〕

万代シティのイルミネーションは3月の震災前に整備が始まっていたはず。 
節電モードの世間ではこっそりと灯りたいのかもしれない。 
たぶんLEDによる省エネもはかられているのだろうし、夜は電気は余っているそうですが、
なによりも人が居ないことがいちばんモッタイナイ。
[PR]
by ara_umi | 2011-06-28 23:52 | 小さな旅 | Comments(2)
傘の華もまたいいね
Aサヒカメラ7月号は恒例のNUDE。
このところカメラ雑誌の類いは買わないのだけれど(特にAサヒカメラ)、ハナブサ・リュウが口絵を飾るときは大抵買ってしまう。
しかも今月号はピント合わせの特集ときた!
ここ一番のピント合わせに苦労の毎日(そんなに毎日写真は撮っていないが...)なので、藁にも縋る思いで購入(笑)

解ったような解らないような解説文を読み、結局はピントが合わない100の理由が書かれていただけのような...
ま、練習あるのみか...

ara_umiは乱視で老眼なので普段は累進(遠近両用ですね)のメガネをかけていますが、最近R-D1sのファインダーの二重像がえらく見難い。以前から累進鏡のときは二重像がずれているように見えて、老眼(専門)鏡のときはしっかりと一致して見えることは判っていたが、ガラス越しに遠距離を見ているものだと思っていたレンジファインダーのファインダーも実は(極近の)ガラス面を見ていたということなのか。

仕方がないので、日曜日は老眼鏡まで持ち出して街へ出る。
ピントを合わせるのは快適になっても、今度は遠くがぼやけて(美人さんの確認ができずに)えらく不自由(><)

e0082981_22244818.jpg

e0082981_22341193.jpg

e0082981_22255317.jpg

e0082981_2226824.jpg

e0082981_22262611.jpg

e0082981_2226409.jpg

e0082981_22265746.jpg
〔 R-D1s | ULTRON 28mm F1.9 / ELMAR 50mm F2.8 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-06-27 23:04 | 小さな旅 | Comments(12)
通り過ぎるだけの道
N潟にしては珍しく梅雨らしい雨の続く毎日。
雨の写真が撮りたくてすこし出かける。
と云っても、毎日で通り過ぎるだけの道にクルマを止めただけなのですけれどね...

e0082981_2347138.jpg

e0082981_23475851.jpg

e0082981_23481781.jpg

e0082981_23483667.jpg

e0082981_23485485.jpg

e0082981_23491152.jpg

e0082981_23492858.jpg
〔 R-D1s | ULTORON 28mm F1.9 ・ GXR | A12 28mm F2.5 〕

最近PCをMacに換えたのだけれど、美しいディスプレーとはウラハラに永年慣れ親しんだWindowsとのオペレーションの違いに戸惑う毎日...(><)
[PR]
by ara_umi | 2011-06-26 23:58 | 小さな旅 | Comments(2)
平成の鯨海酔侯
ィ吉田類です… と、今日も飲っていましたね、BS TBS 『吉田類の酒場放浪記』

日曜日はHARD OFF ECOスタジアム新潟で『吉田類さん野球場でほろ酔いトーク!!』と題してベロ酔い(?)トークショー。
この日は本当はゴルフの月例会が入っていたのでトークショーはスルーのはずだったのですが、モロモロの事情でゴルフをキャンセルしなくてはならなくなったところに、そのモロモロまでキャンセルになり、ゴルフは練習もしていないし吉田師匠だ! ということで、申込み期限は過ぎていたけれど主催者に電話をかけて滑り込みのエントリー。

いやいや、さすがでございましたm(__)m 呑兵衛指数に関しては自分的にはまずまずなのでは… と、自負するところもあったのですが、師匠の前では遥かに霞んでしまいましたよ、いえね、話しただけで判るのです。 少しでも剣をかじったことがあれば剣豪を前にしてその匂いをかぎ分けられるように… 判ったのです、この人は本物(の酒飲み)だって(笑)

e0082981_2315223.jpg

e0082981_2315252.jpg

フリードリンク代として2千円也を支払い、スタンドに設けられた特設ステージの周辺の席でトークショーを聴く。 当初暑さが懸念されたが、アルビレックスBCホーム(一塁)側はスタンドで日陰になっていて気持ちよい風が吹きぬけた。 吉田先生も片手にマイク、片手にはお猪口を離すことなく軽妙に普段の生活や番組の裏話をしながら酔っぱらう(笑) トークショーのあと試合の始球式を行なう大役があるのだが、もうどうでもよくなってきたようだ …案の定、始球式では大暴投(爆)

フリードリンクとは云うものの、1時間少々のトークタイムでは飲める量も決まっていて、生ビール×2杯、カップ酒×2合しか(?)飲めずにフィー的には引分けか(笑)

e0082981_23153426.jpg

e0082981_23154293.jpg

e0082981_23155079.jpg
〔 GXR | S10 24-72mm 〕

こう、なにか毎週TVを観ながら(月曜日は休肝日なので録画ですが)呑んでいると、いっしょに呑んでいるような気分になって他人とは思えないのですよ(笑)
吉田師匠、実は前週はずっとN潟滞在だったとかで『酒場放浪記』のN潟編のロケを敢行していたのでございました!
放送は7月と云うことで見逃せませんぞ!
[PR]
by ara_umi | 2011-06-20 23:58 | 小さな旅 | Comments(2)
パパの日のグリーティング・カード
パパいや父の日でございます。

    「えぇ!!? ara_umiさん、カードをくれるような子供が居たの!??」

などと云う質問は無しでございます(笑)  ネタのためなら隠し子でも何でも作りますから...(笑)
どうです!なかなか力作でしょ(笑)

  これは裏表紙ですけれど血糊や水面から出た脚など、父親の琴線に触れるアイテムが満載ぢゃございませんか!
  しかし、このいい加減に書き殴った文字とこのコラージュ、丁寧なのか、雑なのか… このへんもオヤジそっくり!?
e0082981_23104080.jpg

   表紙はお約束ですね(笑)
e0082981_23105733.jpg

   この見開きがまた泣かせるのですよ(笑) マスクの目のアナが、これは菊の花びらでしょうか…(違いますね)
   あと、酒呑むなとか、酔っぱらって裸で寝るなとかのメッセージがいいぢゃありませんか(涙々)
   どういう生活をしているんでしょうね(爆)
e0082981_2311638.jpg
〔 GXR | S10 24-72mm 〕

そしてこの素顔!? さっぱり似ていませんが、本当にara_umiさんへのカードだったのしょうかねぇ?

[PR]
by ara_umi | 2011-06-19 23:20 | 小さな旅 | Comments(0)
それぞれのまなざしと記憶の確認 2
8月の写真展『私たちのまなざしとその記憶 2』のミーティング。 

お互いがそれぞれの構想、テストプリントなどを持ち寄り、会場のレイアウトなどを確認しながら自分たちのイメージを更に明確にさせていく重要な会議。 これがまた溜息モノのプリントを先行鑑賞できる役得ミーティング ←すっかりお客様状態(笑)

ワタシは昨年と同じくアプローチを担当するので、写真展全体の前口上というか、前座というか…
ま、いらっしゃいませ係りですね。
今年もバラエティ・ショーでいきますが、昨年よりはすこしオトナになったところをお見せしたい …つもり。

e0082981_236538.jpg

e0082981_2363314.jpg

e0082981_2364297.jpg


N巨匠の愛機、SIGMA SD-1(!!!)を手にとって感触を確かめるY巨匠
e0082981_2365225.jpg

e0082981_237237.jpg

e0082981_2371130.jpg

e0082981_2371877.jpg
〔 R-D1s | ULTRON 28/1.9 // Elmar 50/2.8 〕

せっかくみなさんの素晴しいプリントを観て「よし、オレももうひとがんばり!」と決意も新たにしたのに、コンビニのタウン誌の広告で吉田類師匠の特集を知り、近所の書店などを探し回る(まだ発売日前だったが、帰る途中で置いてある書店発見!)
かつて『にいがたフォトセッション講』でもお邪魔したN潟の誇る居酒屋、喜ぐちで吉田師匠が呑んでいる記事を読みながらふたたびココロはゆるい路線へ(笑)

実は明日は吉田師匠のトークショーに行くのであった… が、何というタイミングの良さ(←全部N潟日報の仕込みだったのね)
[PR]
by ara_umi | 2011-06-18 23:20 | 小さな旅 | Comments(2)
尻がアツイ
先週『県展』の写真を観て自分はどんな写真が撮りたいのかをすこし考える。
結局はむかしこんなバトンに答えたように、自分も含めてみる人に写真の向こうにある“何か”を想像させる画が撮りたいという(潜在)意識はあるようだ。
もちろん撮っている時はそんな余裕はないので、いつもそんなことを考えながら撮っているわけではない(笑)

で、本当はそんな想像を掻き立てる画を並べたい(!?)写真展(の千秋楽)まであと2ヶ月となってしまった(焦)
「あ~~、どーしよう… 何にも準備が進んでいない… 今週末はプチプレゼンをしなくてはならないのに…」
ということで、2月の手術、3月の震災、4~5月は業界団体総会シーズンなどで、もう何ヶ月も写真を撮っていなくて、抜け殻モードになっているアタマとカラダに潤滑油をくれるべく時間を作ってすこし歩く。

急に歩いたからといって、欲しい画が撮れるわけもありませんが、もうお尻に火が点いて熱くてじっとしていられないのです(爆)

e0082981_23155730.jpg

e0082981_23192288.jpg

e0082981_23193560.jpg

e0082981_23194537.jpg

e0082981_23195710.jpg

e0082981_2320845.jpg

e0082981_23201721.jpg
〔 GXR | S10 24-72mm with DW-6 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-06-15 23:58 | 小さな旅 | Comments(10)
FERRARI と彼女
夜明け前、布団の中で聞いた土砂降りの音。 
午前中は大きな雲が空を覆い、すこし気分も重たい。

昼過ぎになって急に青空が顔を出し、空気が澄んで光も眩しい。 
ここまでは天気予報の通り。

昼下がりに仕事先から会社へ帰る大通りで、反対側の歩道を疾るスレンダーな女性が長い髪をなびかせて乗る紅い自転車にara_umi美女センサーが激しく反応! すかさずUターン(笑)

e0082981_21505587.jpg

e0082981_21511012.jpg

e0082981_21511835.jpg

本日のプチラッキー!(笑)

[PR]
by ara_umi | 2011-06-14 22:33 | 小さな旅 | Comments(4)