<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
雨上がりに感謝
(ゆるやかな)避難勧告発令から一夜明けて、県内では残念なことに死者を含む多くの被害が出てしまいましたが、N潟市内に関しては大きな被害はそれほど無かった。 TVのニュースの中継でN潟市内の信濃川の堤防が今にも決壊しそうな映像を流していたけれど、信濃川本川はなんとかこらえてくれた模様。

TVのニュースでは甚大な被害の模様を放送していたし、床下浸水などのニュース映像には載らない被害も多く発生したとも思う。 実際の被害者になってみれば被害の大小など関係なく大変な苦労を負うことになるが、実際に被害を受けなかった側の者としては、水害(一歩手前)の映像を見ながら目に見えないところで市民を守ってくれている治水のシステムにも思いをめぐらす。

一昨年の『水と土の芸術祭』を廻ってみて、ここに住む住民たちが、もう何百年も水と闘い、共生してきたかということのホンの一部をかいま見たのだけれど、そうした先達からの知恵と経験を生かしながら日々市民を守るべく見えないところで働いていてくれる人たち。 広大な水田を始めとする自然の保水力。 すべてのものが機能したので、高校野球の決勝戦も無事開催することができたのでしょう。

ただし、もう一日雨が止まなければどうなっていたかは分かりません。
N潟の治水と、晴れた青空に感謝でございました。

e0082981_23211323.jpg

e0082981_23221581.jpg

e0082981_23313244.jpg

e0082981_23223456.jpg

e0082981_23225567.jpg

e0082981_23231038.jpg

e0082981_23232527.jpg
〔 GXR | A12 28mm 〕

そういえば、今年の蒲原祭り=六郎のお託宣は「五穀 八分の作 水あり」だった(昨年といっしょという話)。
「八分の作」のほうはどうなのか…

忘れ物を拾いにいったら...
[PR]
by ara_umi | 2011-07-31 23:01 | 小さな旅 | Comments(8)
避難勧告発令
朝6時、町内会長のコールで起きる。
「秋葉区の満願寺の堤防が切れそうなので、この町内にも避難勧告が出た。速やかに班内の住民に回覧せよ」との指令。
なんだかヤバいことになってきた。町内会でara_umi家の担当する班は、企業とアパートしかないので回覧板は機能しない。十数枚のコピーをとってポスティング。その後2kmほど離れた阿賀野川を視察(興味本位ですが)

「おお、スゲー! 7年前の7.13水害のときでも冠水しなかった河川敷の公園や田んぼが全部水没している!!」

本日予定されていたゴルフも、会社の納涼会もすべてキャンセル。 避難勧告と云っても(この町内では)注意深く情報を観察せよと云う程度のものだったので、我が家周辺では避難した家は無かったはず。 家で固唾をのんで信濃川などのTV中継を見守る。

昼前からは天候も回復し、2日間順延になっていた高校野球の県大会決勝も行われる。
TVのチャンネルを切り替えると別世界のような光景で不思議な感じがした。

e0082981_2375434.jpg

e0082981_2383270.jpg


PSEでパノラマ化 クリックで拡大
あなたのディスプレーが自慢の27インチでも、あえて11インチ程度に狭めたウインドーで横スクロールをした方が臨場感が出ます(笑)
e0082981_2385148.jpg

e0082981_2391172.jpg

e0082981_2392563.jpg
〔 GXR / A12 28mm | 50mm 〕

夕方に再び阿賀野川。 橋長932mの泰平橋の中央でパノラマ写真のネタを撮影。
普段は両岸に河川敷があって、600mほどの川幅が(それでも日本では大河ですが)、長江(観たことはありません)の如く...

羽化の最中に洪水にあったのか、歩道に泥まみれのセミが固まっていた。
生死を確かめようと指をさし出すと、驚いたように川の方へ飛んでいった。
[PR]
by ara_umi | 2011-07-30 23:31 | 小さな旅 | Comments(4)
白山さまのごりやく
8月の『7人展』に向けて最後まで残っていたひとつのセクションの撮影。
(珍しく)日曜日にロケハンをおこなって、ある程度のイメージはつくっていた。
撮影場所に隣接する白山神社には、ロケハンの日も、今日も、撮影がうまくいくよう大(?)祈願。


 ■ひとつめのごりやく
できれば独りで撮影していたくないシチュエーションだったのだけれど、あえて誰にも声はかけず... 
でも、そんな気はしていました!? きっとあの人は通りかかるって...
ほら、やっぱり現れましたよ(笑) 
本当に(!)偶然現れた、N潟の巨匠Y氏にレフ板をもっていただいたり、荷物を運んでいただいたり m(__)m

 ■ふたつめのごりやく
まあ、だいたいそのような時は忘れ物をするのですよ(舞い上がってしまうのですね)、ワタシは。 
帰ってからPlanarのキャップが無いことには気付いていたのです。 
夕方になって近くに行く用事ができたので再び白山公園。 
日中の撮影の約4時間後、蓮池の東屋のベンチに佇んでいましたよ!!! ちゃんと m(__)m

e0082981_22403016.jpg

e0082981_2241791.jpg

e0082981_22412558.jpg

e0082981_22414144.jpg

e0082981_22415590.jpg
〔 GXR A12 50mm F2.5 MACRO 〕


 ■みっつめのごりやく
そのまま帰るのももったいないので、蓮池を一周。 聞き慣れない言葉が耳に... 
紅いアオザイをスレンダーな身にまとい、蓮の華の前を通りすぎる君は...
もう少し注意深く準備していれば横木安良夫センセイばりのショットも夢ではありませんでしたが(?)
今日は、お願いして笑顔をいただきました m(__)m

明日はお礼参りに行かなくてはなりませんね。
[PR]
by ara_umi | 2011-07-26 23:18 | 小さな旅 | Comments(6)
朧げにはなってきました
一昨日位からさすがに尻に火がついて(?)8.11『7人展』に向けて準備を少々。
全体の構成の最終決定やら、テストプリントやら...

しかし、この期に及んで、まだ企画だけあって、撮影が済んでいないものまであって(!)ロケハンを少し。

ええ、昨年同様『7人展』の入り口を飾るワタシの展示は、そのように出来たて、焼きたてのHOTなものになることだけは請け合いです... ヤケドしないでね(笑)

e0082981_2247944.jpg

e0082981_22474993.jpg

e0082981_22481143.jpg

e0082981_22483767.jpg

e0082981_2249776.jpg
〔 K20D | DA 21mm F3.2 Ltd. // Planar T* 50mm F1.4 ZK 〕

よしっ! だんだん乗ってきた!! (って、それで間に合うのか?)

[PR]
by ara_umi | 2011-07-24 23:07 | 小さな旅 | Comments(6)
頸椎ヘルニア(其の弐拾) 7年目は波乱の幕開けか!?
  ♪ Oh,Loveland
    目くるめく夏の午後
    誰もが木陰に逃げ込んでた
    焼けつく石畳の彼方に
    揺らめく逃げ水の中から
    燃える様な ...

と、山下達郎の歌みたいな夏の午後。 この日、N潟市の最高気温は37.3℃を記録。
用事がなければ、こんな暑い午後に外出をする必要は無いのだけれど、珍しく仕事で万代まで。
せっかく来たのだから(?)暑い画を撮ろうと10分ほど歩く。 達郎の歌のようにひと気の無い街。

しかし、川向いの古町地区の空洞化は皆その事実を現実のものとして受け止めているのだけれど、
今は、市内一番の繁華街のはずの万代地区も空き店ばかりが目立ち... どうなってしまうのか。

e0082981_21442149.jpg

e0082981_2145210.jpg

e0082981_21452483.jpg

e0082981_21454782.jpg

e0082981_2146310.jpg

e0082981_21462319.jpg

平成17年7月に発症した頸椎椎間板ヘルニアネタも一年ぶり。 ここ数年はリハビリへ通うことも無くなり完治(と云うことは無いのでしょうが)ムードが漂っていたのだけれど、ここ数日右肩に違和感。 ちょうどドクターに診てもらうのか、もう少し様子を見るべきなのか判断がつかないくらいの症状。 今年の冬にヘルニア発症以来封印していたスキーを再開して(震災があったので結局1回しか行けなかった)一回転んだことが災いしたのか春前に一度症状が出て、その後感じなくなっていたのだけれど、そのときのダメージが熾き火の如く燻っていたのか...

いずれにしろ、注意深く監視をしたい6周年記念日(笑)

e0082981_21464186.jpg
〔 GXR | GR LENS A12 28mm F2.5 〕

さて、昨日は日もとっぷりと暮れてから夕焼けに気付き、慌てて近所のSCの屋上まであがったのだけれど、今日も台風は同じような位置に陣取っているし、もしかすると今日も... と、皮算用をして(笑)焼けるのが判っていればここで撮りたかった場所へいそいそと...

ま、そんな段取りが良いことをすれば結果は自ずと期待はずれになることは世の常、と云うことで...
雲も無く、あくまでも澄んだ空の夜景を“夕焼けスペシャル”で撮ることも野暮と云う気分になり、WBは街灯にあわせて“白熱灯2”をチョイス。

      クールな感じが出せた(?) GRブログ TB企画『涼』に参加です。
[PR]
by ara_umi | 2011-07-20 23:21 | 頚椎ヘルニア | Comments(4)
しまったぁぁぁぁぁっ!
日本列島に台風接近。
先週は、台風にはならなかったけれど気圧の変化で台風が接近したときのようなドラマチックな雲と夕焼け
あんな夕焼けは数年に一回くらいと決めつけていたことが痛かった。
夕食も済んで、部屋のブラインドを閉じた7時半。 
南向きの窓から見える建物の西壁が真っ赤に燃えている!! あわてて外に出ると西の空がまたしても真っ赤に... 
もう日没から30分もたっている、手元に散乱しているGXRセットを鷲掴みにしてクルマに飛び乗る。
歩いて5分のショッピングセンター(SC)の屋上までクルマで急行(笑)

さすがにもう暗くなり始めているので先週のように手持ちで撮る訳にはいかない。
しかし、三脚は持ってきていない、ポーチの中からマンフロットのスタビライザーを取り出しGXRにねじ込む。
SCの屋上の消火栓の上に置いて撮影、雲台の自由度ゼロなので同じような画の連発。

そういえば先週nontanさんがものすごい夕焼けの画を撮ったときにパノラマ写真のことを書いていたことを思い出し、消火栓ボックスの上でGXRを回転。
e0082981_2137381.jpg


    ↓↓↓クリックで拡大してお楽しみください(笑)
e0082981_1817644.jpg
〔 GXR | A12 28mm // S10 24-72mm with DW-6[PSE6 Photomerge Panorama] 〕


しかし、パソコン関連の技術進歩はすごい!
GXR+S10+DW-6で撮った画を5枚、洗濯機に洗濯物を放り込むようにフォトショップにドラッグするだけで、1分も待たなくても「ハイ、一丁上がり!」とばかりにパノラマ合成をしてもらえるなんて...

               GRブログ TB企画 『涼』に参加です
[PR]
by ara_umi | 2011-07-19 23:21 | 小さな旅 | Comments(2)
祭りのあと... だもの

「 やりましたね!ナデシコ・ジャパン!! 」

実は女子のサッカーなんて… と、すこし偏見を持っていたのですが、
じっくりと(再放送を)観ると、限界を超えたオンナノタタカイだったのですねぇ(涙々)

e0082981_23485659.jpg

e0082981_23492941.jpg

e0082981_23495075.jpg

e0082981_2350785.jpg

e0082981_23502384.jpg

e0082981_23504054.jpg

e0082981_2351496.jpg
〔 K20D | Planar T* 1.4 /50 ZK 〕
 
ワタシ自身も昨日はお祭りだったのでその跡をひっそりと流して、(未だに)8.11『7人展』に向けてのネタ探しの小さな旅…

今日のテーマは 「上を向いて歩こう」(笑)

[PR]
by ara_umi | 2011-07-18 23:19 | 小さな旅 | Comments(0)
古町のオタカラ
フルマチでは6年ぶりに行なわれた業界団体による市民へのアピールイベントへ参加。 暑かった…

折からの改修工事で、道路の化粧直しが終わっていない(まさしく)工事現場のようなロケーションの中、
N潟ジャズ・ストリート、白山祭りの御輿宮入と幾つものイベントが重なり合い、
それはそれである意味「宝石箱をひっくり返したような…」 と云ったら自画自賛が過ぎますでしょうか(笑)

 ・Tキョーの本家の1/100のスケールで造られた新聞紙にエアーを吹き込んで自立するN潟スカイツリー(笑)
 ・なんだか若い衆が少なくなりましたね… って云うより、ただ歳をとっただけ(?)の江戸御輿連による宮入
 ・左甚五郎作と云われる彫刻 @小川屋さん
 ・いちおう内部に入ることもできました 新聞紙でできたエアドーム
 ・武者小路実篤筆の扁額 @横場精良堂さん
 ・弘法大師の立像 フルマチでは有名なこのスポットもこの寺院が建立された40年前までは、
  (いわゆる?)観音さまをご開帳する…(以下自粛)  …だったのですと…
 ・ジャズを知らない人まで集まって、それぞれに愉しむようになった老舗イベント NIIGATA JAZZ STREET

e0082981_23421789.jpg

e0082981_23425693.jpg

e0082981_23431180.jpg

e0082981_23433465.jpg

e0082981_23435383.jpg

e0082981_234487.jpg

e0082981_23442624.jpg
〔 GXR | S10 24-72mm with DW-6 ・ K20D | FA43mm F1.9 Ltd 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-07-17 23:19 | 小さな旅 | Comments(0)
亀萬 編
BS TBS 『吉田類の酒場放浪記』 11日の放送は“亀萬”でしたね(笑)
この(笑)には意味があるのですが、行ったことのない人にはなかなか伝えきれないとも思うし、
常連さんたちにとっては、ワタシが感じている(笑)とは違う(笑)があるかもしれませんね。

放送を観て「まったく魅力(あるのか)が伝わらなかった」ように感じられた“亀萬”の回はすこし残念でした。

N潟市中央区学校町通りに佇む亀萬は、もうその全盛期を終えて(跡継ぎがいないのでやがて来る)クローズまでの時間を、かつてこの店とこの街が賑わっていたころの余韻と、かすかに薫る正統派大衆酒場の残り香を愉しむ店という気がします(勝手に決め付けていますが)。

e0082981_2338877.jpg

…とか、エラソーに書いていますが、実は亀萬には4回くらいしか行ったことがなかったはずです。
それでも初めて行ったのはもう25年近く前だったと思うので全盛期だったはずですが…

当時は古町でしか呑まなかったので、学校町は(中学校の校区内ではあっても)よその街という位置付けだったのですが、当時の呑兵衛仲間が「学校町の亀萬に“トマト煮”というレアな料理があって、それを知らないとN潟で飲み屋は語れない…」みたいなことを云うものだから、若かったara_umiクンも何処かのお店の娘を連立って、亀萬デビューをしたのでした(笑)

e0082981_23384115.jpg

一時はN潟のボルシチ(?)とまで呼ばれた“亀萬のトマト煮”も個性的で美味しかったのですが、 …だいたいN潟では不味い飲み屋は流行りません… あまりお店に清潔感がない(N潟弁で「しょったれ」と云いますね)ところと、やはりホームグランドの古町から遠いことがネックになって足は遠のきましたね。

e0082981_2339234.jpg

でも、昔は県庁があって、国の出先機関があって、学校もあって… 当時のオトナは(役人も、先生も、出入りの業者も)みな呑ミニュケーションが盛んだったので、そんな日々の栄華の薫りが僅かに残る昔の居酒屋にたまに行ってみたくなるのです。

なんだか怖いもの観たさって云う気もするのですがね(笑)

e0082981_23392289.jpg

番組では類師匠もそんな気分だけは嗅ぎ取っていただいたのではないでしょうか…

e0082981_23394113.jpg
〔 GXR | A12 50mm F2.5 MACRO 〕

あ、↑ の画の店は亀満ではありません。 去年もちょうど今頃に誰かに連れて行かれた下(しも)の隠れ家的バーです。
ここに連れてこられるときは大抵「オマエこんな店知らないだろう…」的に得意顔で連れてこられるのだけれど、とっくに調べはついているってなもんです(笑)
[PR]
by ara_umi | 2011-07-13 23:19 | 小さな旅 | Comments(4)
嵐の前触
さあ、いよいよあと一ヶ月で始まってしまいます...
 
    『私たちのまなざしとその記憶 2』 新潟のフォトブロガー7名による写真展

一ヶ月前に描いていた構想は、未だに構想止まりなのは東電の工程表といっしょ... か(汗)

梅雨明け宣言が出されたわりには、大気の状態が不安定で今夜は大雨の予想... が、
出る前から昼間の雲の感じが台風前のそれを想像させて、
「こんな日はいい夕焼けが観られそう」との期待通り、日没頃から急激に空が焼ける。

夕飯もそこそこにカメラを抱えて、部屋から屋上まで徒歩5分のスーパーマーケットの屋上まで走る←走ったので3分(笑)

e0082981_22315680.jpg

e0082981_22323559.jpg

e0082981_2232534.jpg

e0082981_22331362.jpg

e0082981_22333390.jpg
〔 GXR | A12 28mm / A12 50mm / S10 24-72mm with DW-6  〕

GXRの設定は[MY2]にセットされた“夕焼けスペシャル”←期待通り(以上?)の色合いに...

[PR]
by ara_umi | 2011-07-11 22:36 | 小さな旅 | Comments(4)