<   2011年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
雨の日も亦善きかな
そう、前日の天気予報でも9時から6時が雨のピークだと云うことは解っていました。
朝起きて、玄関を開けたときに少し小振りだったことにガッカリしたくらいですから。

9時キッカリに十数年ぶりの、そのコースのクラブハウスにに着い時に土砂降りの雨に変わったことは嬉しかったなぁ...
Yahoo!の詳細予報の通りに午後3時頃には滝のような(予報では10mm/h)雨に変わって「あ、予報通りだ!」と子供のようにはしゃぎましたね。

風呂から上がってチェックアウトを済ませて、小高い丘にあるそのコースの帰り道から越後平野を見おろしたときに弥彦山が見えたことで「ああ、雨雲は去ったのだ」と解りましたよ。

オジサンたちが無邪気に(?)遊んでいる時間帯だけ、降ってくれた恵み(無情?)の雨に感謝!!(号泣)

■横位置の画のみクリックで少しだけ拡大
e0082981_2244759.jpg

e0082981_225272.jpg

e0082981_2254150.jpg

e0082981_2255590.jpg

e0082981_226976.jpg
〔 GXR MOUNT | Summicron f=5cm 1:2 ・ GXR | A12 GR LENS 28mm F2.5 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-09-30 23:01 | 小さな旅 | Comments(0)
猫の惑星
會津八一記念館で『北大路魯山人 vs 會津八一 ~傲岸不遜の芸術家~』を観る。
会場でもらえる出展リストの最初に書いてある番号の無い作品(?)「會津八一書き込み」と題された2葉の栞=どちらも魯山人の出版物への會津八一の書き込みなのだが、強烈で面白い。

魯山人の展覧会を観た八一が、その図録に「みせていただいたお礼に...」と、書き始め、酷いものを観た... と云うような酷評を書き込んであるもの(置いてきたのかどうかは解りませんが...)。

今回の展示そのものは、會津八一、北大路魯山人ともに素晴しいものですが=いくつかのセクションに分かれていて、同じテーマの作品で勝負する(?)構成になっています。「壺中居」と「世喜祢」の大看板どうしの対決は圧巻!=犬猿の仲だった(?)傲岸不遜どうしの展示を企画してしまうこの会館もスゴイ(笑)

もともと不勉強で、八一のことも魯山人のことも、ほぼ知らないのですが、会場のソファーの上に置いてある(今回の展示の)図録の巻頭の解説文数ページを立ち読みすることで、時代背景や往事の人間関係などが解り、より楽しめます。 ...ファンになったら、それも買ってくださいね(笑)

e0082981_21366.jpg

e0082981_2110129.jpg

e0082981_2132349.jpg

e0082981_2134333.jpg

e0082981_214552.jpg

e0082981_211261.jpg

e0082981_2142355.jpg
〔 R-D1s | ULTRON 28mm F1.9 Asph. // Elmar f=5cm 1:2.8 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-09-28 21:06 | 小さな旅 | Comments(4)
エキゾチック Nガタ
閉じる店があれば、新しく開く店もある。
すこし歩かなかった路地に新しい店が...

さまざまなリニューアル・イベントがあったり、
川向いの繁華街が大規模解体工事で街の風景が変わったりしているので、
幾分人出の戻った感のある元(?)繁華街。

e0082981_23322564.jpg

e0082981_23325632.jpg

e0082981_23332392.jpg

e0082981_2333394.jpg

e0082981_23335689.jpg

e0082981_23341697.jpg

e0082981_23342989.jpg
〔 GXR MOUNT | COLOR-SKOPAR 21mm F4 // Elmar f=5cm 1:2.8 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-09-25 23:58 | 小さな旅 | Comments(2)
まっしぐら
だいたい業界団体総会の終わる7~8月はゴルフなどで大汗をかくことなどもあって、
それまで蓄えた脂肪なども少しは燃えて、
やや顔が小さくなったり、ベルトの穴が少し昔に戻ったりするのだけれど...

なんだか順調に右肩上がりのグラフのラインが引かれたまま、秋の旅行~そのうち忘新年会...

まったく、やばい。

e0082981_23185470.jpg

e0082981_23194828.jpg

e0082981_2320249.jpg

e0082981_23201949.jpg

e0082981_23203216.jpg

e0082981_23204527.jpg

e0082981_2321953.jpg

e0082981_23212334.jpg

e0082981_23213773.jpg

e0082981_23215464.jpg

e0082981_23222542.jpg

e0082981_23223953.jpg

e0082981_232254100.jpg
〔 GXR | A12 50mm F2.5 ・ GXR MOUNT A12 | Elmar f=5cm 1:2.8 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-09-24 23:25 | 小さな旅 | Comments(2)
碧空
台風通過に伴う不穏な空模様も快方に向かい、碧空時々にわか雨。
前夜の酒もずいぶん残っていたけれど、古町。
旧大和に新しいお店が入ったり、路盤の美装が終わったりで、華やかにイベント。

何の情報も持っていなかったけれど、突然目の前でアルゼンチン・タンゴが始まる。
「よし、いよいよエルマリート9サンチ砲の出番だ!」と色めきたつも、
零戦なみの軽やかなステップには砲撃手の訓練が間に合っていずに空砲連発(泣)

その時の様子は(隣で一緒に撃った)伊藤/kin_iさんの正確な描写で再確認(笑)

e0082981_15205713.jpg

e0082981_15212824.jpg

e0082981_15214031.jpg

e0082981_15215232.jpg

e0082981_15221034.jpg

e0082981_15222318.jpg

e0082981_15223855.jpg
〔 GXR MOUNT A12 | COLOR-SCPAR 21mm F4 // Elmar 90mm F2.8 〕

その後、もう少し歩いていつものトラップに引っ掛かってしまい(?)給油(昼酒とも云う)をしてしまったので...

あまり記憶が無い(笑)
[PR]
by ara_umi | 2011-09-23 23:24 | 小さな旅 | Comments(2)
宵の入口
秋分の日も近いと云うことで、ずいぶん日も短くなった。
日が暮れたあとに、今日もやきとり屋などへ急ぐ道すがら、
やおやも、さかなやも、さかやも、かしやも、びよういんも、
明日への準備をして、店じまいをする姿が浮かび上がる。

e0082981_15133421.jpg

e0082981_15141411.jpg

e0082981_15142840.jpg

e0082981_15144073.jpg

e0082981_15145565.jpg

e0082981_1515101.jpg

e0082981_15152474.jpg
〔 GXR | A12 GR 50mm F2.5 MACRO 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-09-22 23:24 | 小さな旅 | Comments(0)
祭り囃子は聞こえない
日曜日までは猛暑! 明けて敬老のハッピーマンデーはなんだか肌寒くて、あわてて長袖のシャツを引っ張り出す。
雨も降っているし、いろいろな用事を済ませたら夕方になってしまったけれど、シェイクダウンをかねて万代。

 …なんか、やっていたんですね(笑) 祭りは参加するもの主義(?)のara_umiさんとはあまり縁の無いお祭り…

とか思うココロが写ったのか、カラースコパーもボンビー臭い写り←流石プアマンズSA …と、自虐ネタに走るのも空しい…

e0082981_21595331.jpg

e0082981_221288.jpg

e0082981_2214273.jpg

e0082981_2215834.jpg

e0082981_2221557.jpg

e0082981_2223793.jpg

e0082981_2225465.jpg
〔 GXR MOUNT A12 | COLOR-SKOPAR 21mmF4 〕

CS20/4は被写界深度が深くGXR自慢のフォーカスエイドもその威力半減… 
ドナドナされた(?)江姫のためにもこのままでは終われないと固く誓うのであった…
                                                                つづく?
   
[PR]
by ara_umi | 2011-09-19 23:21 | 小さな旅 | Comments(2)
整い(杉?)ました
思えば2008年8月にそれまでコツコツととシステムを構築していたNIKONデジイチ一式を売っ払い、
「Leitz のレンズをデジタルで!」の合言葉の基(?)、EPSON R-D1sを導入してから3年たったわけです。

その当時の経緯は

   2008.8.16 レンズ三姉妹【3】 Nikon AF や
   2008.8.20 夜間飛行

あたりのエントリが懐かしい(笑)

時は流れて、デジタル世界にもMマウントのオールドレンズを最新のデジタルカメラに取り付けて、
古いレンズにも福音の光を通す環境が整い、選択肢が多くなってきた処へ、(ワタシにとっての)真打
GXR MOUNT A12 が登場! 早速導入しましたが、なんだか(ワタシの中で)世界はGXRを中心に廻り始めたようです(笑)

リコーフォトワークショップツアーでEVFやGXR 2台体制を経験したあと、ココロは決まってしまいましたね…

e0082981_21573669.jpg

R-D1s 嬢には江姫のように3番目のダンナ様のもとでもう一花咲かせていただくとして、
(本当に彼女(R-D1s)は江姫と同じく箱入り新古品として、処女妻のままわが家へ輿入れしたのでした)、
そんなこんなで、無慈悲なara_umi自衛隊はGXR 2台体制を布くことになったのであります。

プアマンズ・ライカ(?)には、プアマンズ・スーパー・アングロンだ(??)と云うことで、
Mプカメラの交換差額に少々追い金を足して、信州コシナの銘玉カラースコパー21mm F4&LH-1も導入(爆)
[PR]
by ara_umi | 2011-09-18 23:21 | ちょっとカメラの話 | Comments(2)
ワークショップ1週間
リコーフォトワークショップツアー2011 新潟からあっという間に1週間。当日も雨が心配されながらなんとか持ったのだけれど、今日は本格的な雨。
夕方仕事が片付きどこかで写真を...と思い、再び白山セントラルパーク。今日はara_umiと同い年のElmar 5cmだ。

GXRの液晶で観る曇り空の下の盛りを終えた蓮がしょぼく見えたので、画像設定をビビッドに。50歳をとっくに過ぎて曇り気味のオールドレンズにも鮮やかな色がよみがえったのは良かったのだけれど、このビビッドと云う設定はシャープが強くなってしまう事を忘れていた。換算75mm程度の中望遠レンズでピントがスカッと合うことはとても気持ちがよいけれど、これは少し強すぎ。

e0082981_2146044.jpg

e0082981_21463736.jpg

e0082981_21465123.jpg

e0082981_2147590.jpg

e0082981_21472040.jpg

e0082981_21473846.jpg

e0082981_21475950.jpg
〔 GXR MOUNT A12 | Elmar f=5cm 1:2.8 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-09-17 23:20 | 小さな旅 | Comments(2)
華燭の宴
父ara_umiが(なぜか)役員を務める檀家寺の御当院さまの結婚式に、高齢のため出席できない父の代理として出席(ラッキィ!)

9月も半ばなのに今日も30℃オーバー! 由緒あるお寺の結婚式は(当然)ホテルのチャペルなどで行うはずは無く、灼熱のご本堂で厳かに執り行われた。仏式の雅楽の演奏が神式のそれとほぼ似ていた事は新発見... といっても仏式の結婚式には初めて参列させていただいたのですが。

関係寺院とご親戚、門徒(檀家)を混ぜて総勢250名ほどの華燭の宴。N潟の名士ばかり並ぶテーブルに(役員代理として所在なく)座り、結局はいつもと同じ荒海食堂(笑)

e0082981_214114100.jpg

e0082981_21414845.jpg

e0082981_2142623.jpg

e0082981_21422060.jpg

e0082981_2142355.jpg

e0082981_214252100.jpg

e0082981_2143476.jpg
〔 GR DIGITAL II 〕


親戚やごく近しい知人の結婚式なら大げさに撮影もできますが、この日はGR D程度がさりげなくてよい。
あ~、GR D IVならもっと美味しそうに撮れた?
[PR]
by ara_umi | 2011-09-16 23:20 | 小さな旅 | Comments(0)