タグ:おいかけて新潟 ( 13 ) タグの人気記事
タチアオイ
タチアオイが咲く頃になるとどうしても思い出すこと…

2005年10月にGR DIGITALを購入して始めたことに、田中長徳の写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」の中で新潟のシーンのトレース『おいかけて新潟』というオンラインアルバムの製作があったことはこのブログでは幾度もエントリになっているが、その写真集の139ページ水道町のシーンを観るにつけ「(オンラインアルバムでは)とりあえず撮影地はトレースしているが、大事なモノが抜け落ちている」という意識があった。 特にタチアオイが咲き始めるこのシーズンにかの地をクルマで通ったりするたびに、その忘れ物を取り戻したい感触を思い出していた。

e0082981_2223079.jpg

e0082981_2225586.jpg
                           [ 2005.11.6 水道町 GR DIGITAL ]

      ■ 田中長徳先生公認(?)オンラインアルバム『おいかけて新潟』
      ■ メイキング・エントリは右下のタグから「おいかけて新潟」へGO!

このオンラインアルバムの存在はリンクさせて頂いているブログフレンドのphoto_artisanさんから、お付き合いのある長徳先生の知れることとなり、当時先生のブログに取り上げていただいたりして、一応お墨付きをいただく(笑) その後某パーティの席で長徳先生と直接お話しすることができ、そのときにも少しコメントをいただいた …よって公認(?)マーク付き(笑)

e0082981_2231161.jpg
                          [ 2009.6.23 水道町 GR DIGITAL II ]



e0082981_22324100.jpg

e0082981_2233550.jpg
                           
少し時間があったので何年かぶりにトライしていたが、人物の写らない風景ではやはり最後の魂が入らない… 人待ちをきめ込んでいたら祈りが神に通じたか!?ステキな姉妹(シスター)とグッドなカルマを得て無事撮影完了 「感謝、感謝!」
[PR]
by ara_umi | 2009-06-23 22:59 | 小さな旅 | Comments(10)
未完成
朝起きると思いのほか天気が良い!年末なのでいろいろとやらなくてはならない仕事もあるが、「天気の
良い休日はもう無いかもしれない」などと勝手に理由付けをして久々にお写ん歩。

かつて、『チョートクのカメラジャーナル』という雑誌があった。後期には100ページくらいの立派な(?)本
になったが、当初はB5版全8ページで毎号1台のカメラについて主筆田中長徳の口絵写真2枚とコラムが
あるだけのリーフレットのようなものだった。
ここに1999年5月発行のカメラジャーナル73号<特集ザ・ワーストカメラ ニコンF5>がある。73号は特大
号ということで16ページに増量されていて(今気付いたがカメラジャーナルは1号からの通しのページにな
っているのか、この号は582~596のページナンバーが書かれている)口絵写真も6枚に増やされている
(しかし、オレも物持ちがいいね←捨てられない性格)
そして、この73号の口絵は全部新潟の写真で占められている。ほとんど街中の誰でも知っているような場
所であるし、確定できていないところも2箇所ほどあるが探せばなんとかなりそうだということで「おいかけ
て新潟」
特別版の旅をすることに…(笑)


e0082981_22524560.jpg


e0082981_2254436.jpg


e0082981_2253311.jpg


e0082981_2253187.jpg


e0082981_22532817.jpg


e0082981_22534042.jpg

結局2枚目の写真の場所が探せず(涙)、クラシックカメラを扱うカメラ店か質店のショーウインドーだった
のだけれど見つける前に日没タイムアウト…このシーンはまたいずれ。4枚目の墓地の画はオリジナル
では長徳先生の奥様のご実家の方々(たぶん)が墓参をした後の記念撮影的ショット。


一応カメラジャーナル誌に敬意を表して表紙と同じショットも撮影、オリジナル版のNIKON F5に替えて
今回の機材RICOH CAPLIO GX100
e0082981_22542164.jpg
    〔 CAPLIO GX100(1,3~6) K100Ds/DA21mmF3.2(7) 〕

ここは人もクルマも多く通るので、この写真を(じっくり)撮るのは一寸恥ずかしかった(笑)




Welcome from
GR DIGITAL CALENDAR DECEMBER 2007 Love is Illusion
                                   □■□←Click
[PR]
by ara_umi | 2007-12-09 23:59 | 小さな旅 | Comments(8)
祭りは終わらず
      本日は秋篠宮家に親王がご誕生されました。おめでとうございました。


今日のタイトルは宮家の慶事と、自分の身の周りの事を、一緒くたにするつもりはまったくないのですが…

8月は長岡祭りに始まり、お祭り月間とも云うような日々が続いた。実際の「祭り」が終わってもGRブログのトラックバック企画の『海と祭り』や、裏企画(?)として「大人げないっ!」のなぐさんのところで『掛軸祭り』(笑)があったりで、個人的にはずっとお祭りの気分を引きずったまま月末を迎え、最後はGRブログのTB企画でセレクトされ、更には、なぐさんのところでも「新鮮な視線で賞」をもらって(笑)長いカーニバルを終えたはずだった。

e0082981_23224951.jpg
e0082981_22212915.jpg
e0082981_22213990.jpg

時期を同じくしてGR Dを手に入れてからほぼ1年掛かってしまったパロディ(?)&オマージュオンラインアルバムの撮影も終わり、これはこれで達成感というか安堵感を噛みしめていたのに…

ブログ友達のphoto_artisan さんが、パロディのネタ元の大先生と旧知でこのアルバムの事を伝えてくれたらしく…そしたら大先生自らコメントをくださったり、ご自分のHPで取り上げてくださったりで…にわかに身辺がさざ波立って(あくまでもさざ波ですが(笑))きた感じ。

e0082981_2222281.jpg
                   〔 GR D 長手方向のみトリミング 〕

     そのオンラインアルバム「おいかけて新潟」のラストショットを撮った次のショット。
  
                    また新しい旅が始まる…

■□■□■□
ということで、今週はしつこく書きます(笑)まったく私的な改め、田中長徳先生公認(田中先生、今日だけ使わせてください!(笑))オンラインアルバム「おいかけて新潟」完成しました!!

※(今日だけ)公認オンラインアルバム「おいかけて新潟」は田中長徳氏の代表的写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」のうち新潟のシーンを10数年後に追いかけたもので、オンラインアルバム単体を見てもその意味はあまり伝わりにくいものになると思います。
図書館などで写真集を借りて一緒にご覧いただきますことをお薦めいたします(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-09-06 23:56 | 小さな旅 | Comments(6)
完成しました
GR Digitalを手に入れてから新しく挑戦したことに、田中長徳の写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」の新潟の場面のトレース撮影をしているということはこのブログでも何回かとりあげている。撮影終了のめどがついたと書いたのはゴールデンウィークの頃だったはず…

あと2枚を残し停滞してしまった撮影のうち、最後に撮るショットは最初から決めていた。問題はその前のショットで撮影場所ははじめからわかっていたのだが、そこへ行くためにある程度の仕掛けが必要で足踏みをしていた。
しかも、そのショットは夕方5:30にならないとオープンしないホテルのラウンジからのデイライトショットで、秋が近づき日の短くなってきたこの季節では待ったなしの状況にもなっていた。

e0082981_23205598.jpg
                        〔 GR Digital 〕

信濃川の畔に立つホテルの15階にあるスターライトという名前のラウンジは天井に埋め込まれたダウンライトが星空を現していて日が暮れるといい感じになってくる。

e0082981_23241333.jpg
                     〔Caplio R4 (200mm相当) 〕

e0082981_23243131.jpg
                        〔 GR Digital 〕

この日は天気もよく、信濃川と反対側のサンセットビューの窓からは市街地の向こうに日本海と佐渡ヶ島が見え、ちょうど日が暮れていく様子が楽しめた(←えらくいい感じ)。

最初写真を撮る事が一番のプライオリティだったのだが、だんだん 
        「どこへ 行くの ふたりはぁ~ … くるくる危ない 土曜日ぃ~ ♪」
                          などと考えていたのは…自分ばかりだったか…(笑)


    とういうことで、まったく私的なオンラインアルバム「おいかけて新潟」完成しました!!

※まったく私的なオンラインアルバム「おいかけて新潟」は田中長徳氏の代表的写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」のうち新潟のシーンを10数年後に追いかけたもので、オンラインアルバム単体を見てもその意味はあまり伝わりにくいものになると思います。
図書館などで写真集を借りて一緒にご覧いただきますことをお薦めいたします(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-09-03 23:39 | 小さな旅 | Comments(13)
フェラーリっぽい
GR Digitarlを購入してから、最初に始めたことは田中長徳の写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」の新潟のシーンをおいかける私的オンラインアルバム「おいかけて新潟」の作成ということは(書いているほうもいやになる位(笑))何回も書いている。101ページから150ページまで40枚のシーンがあるのだが、昨日で残り3つまでいった。そのうちの2つの撮影地は最初から分かっていた。一枚(124ページ)はどうしても最後にとりたいと思っていたし、もう一枚(148ページ)も夕方からしかオープンしないホテルの最上階ラウンジからのデイライトショットなので、時と同伴者(?)をきちんと選定しないと撮影に望めない(笑)

最後の最後まで撮影地の確定ができなかった場所を今日やっと見つけることができた。写真集には一応撮影された所在地がデータとして残されているのであるが、田中氏は地元の人間でないので間違いがいくつかある。最後に残ったシーンはほとんど特徴的なものが写っていなく、かつ所在地の記述も違っていたため探し出すことは困難だった。(間違った記述の町名が「田中町」というのもなにかを暗示していたか…)

昨日「田中町」をくまなく廻り、この地でないことを確定させていたので今日は自転車で探すことにした。(クルマでは小回りが利かないし、徒歩では範囲が大きすぎる(かもしれない)ので)
しかし、撮影地まではなかなかの距離がある。1年ぶりに自転車(BS:クロスロード!)を引っ張り出して洗車をする。15分ほど漕いだところで、早くも後悔をする(笑)。が、引き返すわけにも行かず、(目的予定地まで片道)小一時間ほどサイクリング、足も尻も痛い(笑)。

汗をかいての探検の祈りが天に通じたか、あっけなく撮影ポイントを見つけることができた。

e0082981_2362422.jpg


今日のサイクリングで一番の難所、新潟みなとトンネルの排気塔「入船みなとタワー」の壁面の一部「この色使いって…」


まったっく私的なオンライン・アルバム「おいかけて新潟」更新しました。完成まであと2枚!
[PR]
by ara_umi | 2006-05-04 23:15 | 小さな旅 | Comments(6)
気の合う二人?
知る人ぞ知る(?)私的オンライン・アルバム「おいかけて新潟」というものを現在製作中である。写真家、田中長徳の写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」の新潟のシーンをコピーして歩いているパロディ写真集(チョートク先生にはもちろん無許可、しかも完成間近かにして足踏み中(笑))であるが、先日書店でパラパラとめくった雑誌のシーンにも目が止まった。

2月にタイ王国まで滞在時間48時間のハード・ジャーニーをしてきたが、そこで撮った写真と「デジタル フォトテクニック」#008のレポート写真のロケ地が結構ニアミスしている。表紙と巻頭グラビアの“ユンソナ”にもクラッときて速攻でGET(笑)

「おいかけて新潟」は先にプロが撮影した写真があり、それのトレースだが、「デジタル フォトテクニック」のレポートはプロの写真家とバーチャル撮影旅行に行ったムード。

タイのシーンは本文54ページからのD200vsEOS5D特集で5Dに標準ズームを装着して写真家山田慎二がレポートしている。写真は13枚中5つのシーンでニアミス(?)していた(笑)。

e0082981_20341399.jpg
                  [バンコク/ワット・ルアン]

e0082981_20364532.jpg
                  [アユタヤ/ワット・ロカヤ・スタ]

e0082981_20382463.jpg
                [アユタヤ/ヴィハーン・プラ・モンコン・ポピット]

e0082981_20434596.jpg
                  [アユタヤ/ワット・プー・カオトーン]

e0082981_2045531.jpg
                    [バンコク/ワット・プラ・ケオ]
             《GR D レベル、アンシャープなどレタッチ 5枚とも》

「おいかけて新潟」もそうなのだが、手元に写真集や雑誌が無ければ、ただのスナップ写真以下(!?)というところが…ツライトコロ(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-04-26 21:10 | 小さな旅(王国の私) | Comments(0)
ローカル エアポート
知る人ぞ知る(?)私的オンライン写真集「おいかけて新潟」(田中長徳の写真集「Wine・NewYork・Niigata」の新潟編のトレース版)も完成まで後数枚というところで足踏み状態がつづいている。写真集では新潟の場面は50ページある、最後の2ページは空撮だから最初から計画には入っていない。48場面中41場面の撮影は終わった、残り7場面のうち3箇所は撮影地の確認はできているのだがあとの4箇所が特定できていない。

e0082981_2202590.jpg

今日は41場面目となった新潟空港を撮影。写真集でも空港は雪が残っている、私自身この写真集はパロディでありながらへんな拘りは持っていてこの空港の場面には雪が必要と思っていたので雪の季節まで撮影を残していた。

たまにこの空港を利用するときはいつも時間の余裕など無くあわただしく搭乗手続きをとり、待合室にカンヅメになってしまうが、今日は久々にゆっくりと空港内の施設を見られて新鮮だった。

e0082981_22104494.jpg
e0082981_2211271.jpg

1996年に今のターミナルビルに建替えられたのでもう10年経つのか…それなりに利用者も増えているようだし、従来のロシア、韓国便のほかに中国、グァム便などが開設され土産店などを覗いても国際色が現れていて、以前のイメージとはずいぶん変わってきた。

e0082981_22213159.jpg

昨年、セントレア空港で搭乗口を間違え600mほどのウイングを大返しで走った(大汗)ことがあったが、地方の空港のコンパクトさは間違ってみようも無く安心である。

ということでまったく私的なオンライン写真集「おいかけて新潟」更新しました(たった2枚ですが)
[PR]
by ara_umi | 2006-02-05 22:36 | 小さな旅 | Comments(0)
Oh sunnyday
日曜日が来た、例の私的オンラインアルバムのロケに出る。GRDを手に入れてから休日になるとイソイソ出かける日が続く、そのうち素行調査をされるかもしれない(?)。

GRDが発売された10月21日以降、私の住む日本海側の町は休日に晴れることがあまりなかった。平日にしても、この時期は割と晴れる日が多いのだが今年は少なかった。太平洋側からこちらへ引っ越してきた人は一様に、晩秋から冬にかけての重く暗い曇り空を見て“憂鬱”になるのだが長年ここに住んでいても、暗い冬が来る前のこの時期に晴れない日が続くことは結構ストレスがたまる。

e0082981_1853147.jpg

実はこの日もそれほど天気がよく暖かい日という訳ではなかったが、ずっと暗黒面(ダークサイド)にいたので、久しぶりの日光が嬉しかった。

「ブログ開設から2か月たって初めて空の青い景色だ」

                    例の私的オンラインアルバム「おいかけて新潟」更新しました
[PR]
by ara_umi | 2005-11-21 19:20 | 小さな旅 | Comments(0)
クラゲの気持
例の私的オンライン写真集のワンショットのために水族館へ行く。土曜の午後ということで、比較的混んでいた。トンネル付きの大水槽を抜けると、目の高さの小さな水槽が並ぶ。今日の撮影の目的はこれらの水生動物ではないが、きれいなのでカメラを向けてしまう。

当然光は少ないし、魚は動き回るのでちゃんと撮れるものは限られてくる。

e0082981_937143.jpg

これは“ミズクラゲ”この辺りでは一番一般的なヤツ。海の中で遭遇すると逃げ出したくなるが、水槽の中で泳いで(自分の意思では泳がないという説も聞いたことがあるが真相は不明)いる様は見ていて飽きない。

日本海側では近年“エチゼンクラゲ”という巨大クラゲが出没、漁業に大きな被害を与えているが、これも巨大水槽で見てみたい。

e0082981_9374343.jpg

こちらは“サカサクラゲ”「それって、温泉マークのことじゃなかったのか!」と、実在を知り驚く。サカサクラゲをググって見ると、温泉宿のほかに売春宿などの意味も含んでいる。サカサクラゲにしてみれば迷惑な話だろう。

サカサクラゲは、ほとんど泳がない。クラゲというよりイソギンチャクのようだ。トンネルを抜けてサカサクラゲで終わったので一声。

「ハアッ!!」

              例の私的オンライン写真集「おいかけて新潟」ワンショット追加しました
[PR]
by ara_umi | 2005-11-13 09:51 | 小さな旅 | Comments(3)
トワイライト・タイム
天気がよく、日が差すと写真が撮りたくなりムズムズする。(軽いGR D中毒か)特にGR Dを手に入れた先週末からは、はっきりしない空模様が続いていたのでなおさらである。10月24日にUPしたオンライン写真集「おいかけて新潟」のシーンは私の日々の行動範囲の中にある。今日も、とあるシーンの近くまで行ったので数ショット撮ってきた。


e0082981_20393841.jpg

この新潟駅前(南口)の様子はここ数年で大きく変わった。写真集では写っている背景が少しばかり高い建物に阻まれどこを写したのかまるでわからなくなる。夕方再びここを通る用事があったので、証拠写真を残した。

今日はwebで購入した1GのSDカードが届き、結局誘惑に勝てずに注文していたビューファインダーも入荷したとのことなのでとりにいく。これで一応GR Dの整備計画は完了したはず。
明日からは福井方面への旅、楽しみである。

             まったく私的なオンライン写真集「おいかけて新潟」更新しました。
[PR]
by ara_umi | 2005-10-27 20:47 | 小さな旅 | Comments(0)