タグ:COSMOFLEX ( 23 ) タグの人気記事
今度のFXは はきはきした子だった
ara_umi家の歴史的カメラ=COSMOFLEXも再使用にあたってオーバーホール時に修理したはずのフォーカシングユニットの不調が再発… 片ボケの写真連発。 戦後の4畳半メーカーが必死で造っていたカメラではあるが、堅牢性まで求めるのは酷でしょう。

しかして、ビックカメラの駐車場を利用する時に駐車料金の代わりに買っていた120フィルムが数本残っているし… などと考えていると、よからぬ思いが脳内に充満し …最初はFUJIFILMのGF670がいいなぁ、などと思うも、その価格ならHASSELBLADも買えそうだとか、いやいや、やはりROLLEIFLEX 2.8Fだ! …とか、たった数百円のフィルムが、思わぬ経済効果を呼ぶ「わらしべ長者」状態に…(笑)

e0082981_22562079.jpg

e0082981_22565078.jpg

e0082981_2257084.jpg




e0082981_22572981.jpg

e0082981_22573824.jpg

e0082981_22574829.jpg




e0082981_22575991.jpg

e0082981_2258149.jpg
〔 COSMOFLEX(1,4,7) | 今度のFX(2,5,8) // 400TX | GXR S10(3,6) 〕


新しいFX(もちろん↑で候補に挙がった(?)世界の銘品などではございません)のテストに露出計代わりに持ち出したGXR S10は(400TXにあわせて)ISO400に設定したこともあるけれど、50年以上前のオールドガールと比べても情けない結果に… 50mm相当で1:1を選んだ画角もあっていないし…orz
[PR]
by ara_umi | 2011-02-28 23:01 | ちょっとカメラの話 | Comments(4)
違和感
長年連れ添った(?)君とサヨナラをするために意を決してある行動を起こす。 これは年初からの目標(行動計画)のひとつ。 
今日はあるものを体に埋め込む(!) すごい違和感、そして痛み(だんだん薄れる…?)

君は思い出の中でだけに居てさえくれたら、ボクも幸せになれるのだよ(笑)

e0082981_21344912.jpg

e0082981_21351150.jpg

e0082981_2135213.jpg
〔 COSMOFLEX || RAP F 〕


ということで、夕方はボーッとしていたせいで64連勝を目指した横綱白鵬を稀勢の里が破り、連勝を阻止していたことを7時のニュースで観るまで知らなかったことは残念!
[PR]
by ara_umi | 2010-11-15 21:36 | 小さな旅 | Comments(6)
古いカメラに期限切れのフィルムを
ちょうど1年前が使用期限だったASTIA 100Fも冷蔵庫での保存がよかったのかちゃんと写ってくれた(たぶん) それにしてもカミフルを撮るときはこうも同じところしか撮れないのか…とも思うが、このあたりのショップのディスプレーがお気に入りなので仕方ない(笑)

しかし、よくよく考えてみればara_umiさんは生まれたときはこの町内に住んでいたのだし(物心がついたときには引っ越していたので、普段はそういう意識はない)その頃このカメラは、死んだじいさんが使っていたカメラなので50数年前もこのカメラでこのあたりを撮っていたのかもしれない…

e0082981_2258615.jpg

e0082981_22582469.jpg

e0082981_22583497.jpg
〔 COSMOFLEX || RAP F 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-11-08 23:01 | 小さな旅 | Comments(2)
あの日のサクラ 2010.4.24
秋葉山 ~ 満願寺

e0082981_0523496.jpg

e0082981_053755.jpg

e0082981_0532467.jpg

e0082981_0534392.jpg

e0082981_0535513.jpg

e0082981_054895.jpg

e0082981_0542175.jpg
〔 COSMFLEX / RIALA ・ GXR | S10 24-72mm F2.5-4.4 VC 〕 

今年のサクラもこれにて打ち止め。 ありがとうございました。

[PR]
by ara_umi | 2010-04-30 23:58 | 小さな旅 | Comments(4)
あの日のサクラ 2010.4.25~26
白山公園 サクラ山 ~ 鳥屋野潟スポーツ公園

e0082981_0422585.jpg

e0082981_042498.jpg

e0082981_043077.jpg

e0082981_0431235.jpg

e0082981_043231.jpg
〔 COSMOFLEX / 100 ACROS ・ GXR | S10 24-72mm F2.5-4.4 VC 〕

(5枚目)素晴しいサクラ吹雪も、バックを慎重に選ぶか、フィルターワークを駆使しなければちゃんと写ってくれません(><)

[PR]
by ara_umi | 2010-04-29 23:58 | 小さな旅 | Comments(0)
あの日のサクラ 2010.4.21


e0082981_22362371.jpg

e0082981_22365179.jpg

e0082981_2237361.jpg

e0082981_22371548.jpg

e0082981_22373082.jpg
                      〔 COSMOFLEX / 400TMAX ・ GXR | S10 24-72mm 〕

今日は残仕事により(春のアカルイ日差しを恨めしく眺めながら)デスクワーク。 日が傾いた頃用事もあって街まで出る、ついでにサクラ吹雪を期待して白山公園サクラ山。 サクラ吹雪は期待したほどではなかったけれど、3枚目の水深10cmほどの池で泳ぐ泥酔した学生らしき花見客ひとり… ああ、青春(笑)
[PR]
by ara_umi | 2010-04-25 22:49 | 小さな旅 | Comments(0)
寒い日
一昨日と昨日は海岸都市N潟市の冬らしい、風が吹いて寒い日(気温はそれほど下っていなかったはず)、しかし今日は冷えた。 夕方暗くなり始める頃、道路が一番危険な状態=ブラックアイスバーンになり始め、お尻センサーが「まずスピードを落とせ、そして車間距離をとれ」とワーニングを発する。

e0082981_23585483.jpg

e0082981_23591676.jpg

e0082981_23592519.jpg

e0082981_23593364.jpg

e0082981_23594223.jpg
                         〔 COSMOFLEX / 400TX ・ GXR | A12 〕
[PR]
by ara_umi | 2010-01-14 23:58 | 小さな旅 | Comments(4)
平和の礎
実は子供の頃、ここ(新潟縣護國神社の境内)で遊ぶとき、少し怖かった… というより、参道に並ぶ軍馬や軍犬の慰霊碑から子供独特のナニか想像をしていたのだろう。 そんな中で、境内に散在する数々の戦没者慰霊碑や、芭蕉堂や坂口安吾の碑のような文学的な石碑とは雰囲気の違うモダンな慰霊碑 …と云うよりパークだろうか… があったことも覚えているが、それが「平和の礎」と呼ばれる、軍人も民間人も、戦争の犠牲者全員の(たぶん信仰の有無や宗教を問わない)鎮魂の碑であったことの記憶はない。

護國神社本殿と向かい合う位置に建立されたそれは、本殿前の芝生ほどきれいに整備されていないところを見ると、神社の管理ではないのかもしれないが、三が日をすぎてひと気のなくなった境内でひとり「平和の礎」に向かっていると、気分がすーっとしてきた。 平和は「わーわー」云って守るものではなく、静かに祈るものという気がした。

「平和の礎」の外観デザインは昭和40年頃に流行した、コンクリート打ち放しにハツリのはいったもので、鉄扉の奥に佇む慰霊者の像は見ようによってはキリスト教風にも見える(というより無国籍)。 全体にモノトーンでまとめられたファサードなのだが、深い庇の真ん中に開けられたトップライトの内側だけが太陽の光を感じさせるオレンジ系のタイルで彩られていて、そこまで歩いってはじめてそれを感じる演出がニクイ。

e0082981_23252970.jpg

e0082981_2325578.jpg

e0082981_23261078.jpg

e0082981_23262169.jpg

e0082981_23263342.jpg

e0082981_23264596.jpg

e0082981_23265835.jpg
                      〔 GR DII ・ GXR|A12 ・ COSMOFLEX / 400TX 〕
[PR]
by ara_umi | 2010-01-08 23:24 | 小さな旅 | Comments(8)
一打ち二打ち三流れ
12月14日雨、夜になって雪も混じる。
明朝には街は白くなっているかも。
暖冬を決め込んでいたのに突然週間天気予報に雪だるまが並ぶ、タイヤ交換も未だなのに…

12月14日といえば赤穂義士の討ち入りの日。今年は不覚にも関連のエントリを建てられず…
堀部安兵衛にちなんで酒を呑んで義士の供養としよう …あ、それでは毎日供養していることに…(笑)

赤穂義士関連で少しおもしろい一品を発見! 浅野内匠頭の最後に由来する、その名も「切腹最中(もなか)」
浅野内匠頭が切腹した新橋は田村屋敷跡に近い菓子舗の名物。 お詫びの手土産に…と云うところが泣かせる(笑)

e0082981_21403248.jpg

e0082981_214140100.jpg

e0082981_21414936.jpg

e0082981_2142052.jpg

e0082981_2142822.jpg
                     〔 COSMOFLEX | FUJICOLOR100 ・ GX100 〈croped〉〕
[PR]
by ara_umi | 2009-12-14 22:01 | 小さな旅 | Comments(6)
ふゆのまちかど
リンクしていただいているブロガーさんたちの間で『大人の科学』の付録の35mm二眼レフカメラがちょっとしたブームである(ブログで表明しているだけで4人、こっそり買った人があと数人いる予感)。 かく云うワタシも書店で何度か手にしてレジへ行こうとしたが、今のところ思いとどまっている(笑)

子供の頃は、ただの『科学』という本があって、学校を使って子供たちを手玉にとり(?)姉妹誌『学習』と併せて、まんまと大量に売り込んでいた(!?) ara_umiも、そのまんまとハマッていた可哀想なひとりだが(被害者は金を払った親か…)、『科学』の目玉はなんと言っても毎号の付録、今回の二眼レフカメラを見てたしか当時の『科学』の付録にもカメラがあったことを思い出す。

細かな記憶は定かではないが、ブローニー版のフィルムを使うレンズシャッターのカメラだったと思う… …シャッターの動力は小さな輪ゴムだったのではなかったか。 一応組み立てて近所のカメラ店にフィルムを買いに行ったら、持参したカメラを見て「こんなカメラじゃ写らないよ!」と云われてフィルムは売ってもらえなかった。 悔しかったので、当時(鉄道少年だったので)入り浸っていた古町のカメラ店まで足をのばして(当時の家は、近所のカメラ店へは徒歩2分、古町は自転車で10分)「××カメラ屋で、こう云われたんだけど…」とかブツブツ云いながらフィルムを売ってもらったことが懐かしい(笑)

e0082981_20561461.jpg

e0082981_20564146.jpg

e0082981_20565363.jpg

e0082981_2057432.jpg

e0082981_20572084.jpg

e0082981_20573146.jpg

e0082981_2057402.jpg
                       〔 COSMOFLEX | FUJICOLOR100 ・ GX100 〕
[PR]
by ara_umi | 2009-12-10 21:52 | 小さな旅 | Comments(12)