タグ:GOLF ( 23 ) タグの人気記事
Qの次のレンズ
2012年4月1日(日)オープニング競技 午後からの2ホールを終えたところで、吹雪と体の冷えのためNR.

2013年4月7日(日)オープニング競技 爆弾低気圧来襲の天気予報を受けて競技をキャンセル。

2014年4月6日(日)オープニング競技 冬並みの低気圧が上空を通り過ぎるも、ラウンド中はそこそこ晴れて
          =しかし終日寒風の吹き荒ぶ中で一瞬グリーンが雪で真っ白になる場面も=
          なんとか(3年ぶりの)ホールアウト。

毎年のGルフクラブのオープニング競技会で思い起こす、この時期の春の天気の不順さかな…
家に帰り、コンペの参加賞の越後姫を頬ばりながら春の甘さを感じる。

e0082981_2354768.jpg

e0082981_237652.jpg

e0082981_237244.jpg

e0082981_2373544.jpg
〔 Q | 01 STANDARD PRIME 〕


夕飯は近所のとんかつ屋まで、Gルフ疲れであちこち痛い体を引き摺りながら歩く。

そして、もう一つ寄りが欲しいQの01 STANDARD PRIMEを使いながら思いつく!
最近広角ズームがラインナップされて完成されつつあるQシステムに、
ぜひGR DIGITAL IVのレンズをQマウント化して(限定でもいいから)発売して欲しい!

寄れる広角単焦点、しかもQ(7)にGRレンズとくれば1000人くらいは即買いだと思うのですが…
[PR]
by ara_umi | 2014-04-06 23:07 | ちょっとカメラの話 | Comments(0)
勝利の美酒
遂にその日はやってきました。
念願のクラブ競技に初優勝!(もちろんハンデ戦ですが...)
銀行やら取引先などのコンペの優勝からも遠ざかって、はや数年。
「下手固め(へたがため:間違った練習を繰り返すためちっとも成果の上がらない練習)」
の繰り返しだったドライビングレンジで前週、突然『開眼!』

インスタートの前半は、お約束の(?)大叩きホールがあったものの、
全体的には無難に切り抜け、怒濤のアウトコースへ...

アウト前半はミスショットがナイス・ミス!?に化け、
後半に入ると微妙な距離のパットがどんどん入り出す!
「これは、来ているぜ!」感がありありと...(笑)

最終ホールはパー狙いの8.8mのパットを強打!!
3.2mの返しのパットをきわどく入れ返してボギー...
結果として、2位とは1打差、3位とも2打差の薄氷を踏むがごとくのWINでございました(笑)

歴代の優勝者のネームが彫られた大きなカップはクラブハウスのガラスケースに鎮座、
優勝者には銀座の老舗、宮本商行社製の銀杯がレプリカとして贈られる。

e0082981_23184962.jpg


で、この日の勝利の美酒は、ara_umi家初登場の"モヒート"

...最近どこかの酒販会社が流行らそうと企画しているらしく、よく見かける。
しかも、もうカクテルとして(炭酸で割るだけでよいように)製品として売っている。

首尾よく用意してあったライムやミントの葉を入れて「今日の勝利に乾杯!」(笑)
[PR]
by ara_umi | 2013-07-07 23:09 | 小さな旅(王国の私) | Comments(2)
遠雷
ユーミンの歌う『遠雷』は夏を迎える前の歌だった、
ちょうどクルマのiPodからこの歌が流れはじめた頃に夜の練習場へ到着。

e0082981_0334741.jpg

e0082981_0342029.jpg
〔 PX 〕


今日は日の暮れた頃からゴロゴロ、ピカピカ云っていましたから、流石にお客も少なかった...(笑) 
ドライビングレンジのアナウンス嬢も「雷が近づいていますので、ご注意ください」だって

「ご注意ください」と云われてもねぇ...
[PR]
by ara_umi | 2012-08-22 23:58 | 小さな旅 | Comments(4)
『私たちのまなざしとその記憶 2』 番外編 本当に暑かった!
写真展5日目、この日はT京からわざわざ某カメラメーカーの方々がこの写真展のために来港される日だったけれど、ずっと前に予約を入れていた真夏の恒例ゴルフの日で、面会はかなわず(涙)
「あ、お土産いただきました。ありがとうございました!」

     紫雲GC加治川コース1番ホール 10:06スタートのはずが既に18分遅れ...
e0082981_21493889.jpg

e0082981_21501728.jpg

e0082981_21503127.jpg

e0082981_21504444.jpg

e0082981_2151259.jpg

e0082981_21511614.jpg

e0082981_21513141.jpg
〔 GXR | A12 28mm 〕


クラブハウスについたとたんにI坂副支配人に「今日は混んでますから覚悟してくださいネ」とか云われたものの、午前のハーフで3時間、午後も同様でホールアウトは5:30を過ぎて影も長く... 暑さと水の飲み過ぎでぐったり...orz

それでも、このあとN潟の街に繰り出して、いつもの...(笑)
[PR]
by ara_umi | 2011-08-15 23:17 | 小さな旅 | Comments(2)
バイト!
お伊勢さまの式年遷宮ではありませんが、2011年は10年に一度のアイアンセットを入れ替える年度(笑)
不景気や大震災の自粛ムードも何のその(?)懐具合も顧みずに注文してしまうのはいつものことか...

今回のテーマは軟鉄鍛造とスチールシャフトへの回帰、そして地産地消。

そのテーマについては今のところいい具合だったのではないかと感じている。
そして10年もクラブを買い替えないと、その辺の事情もすっかり様変わりしてしまうと云うのはデジタルカメラも一緒のようで... 20年前も10年前もアイアンセットは#3〜9番までのアイアンにピッチングウエッジ(P)、アプローチウエッジ(A)、サンドウエッジ(S)の3本がセットになったものをメーカーに売りつけられていたものであるが、今はロングアイアン(#3〜4)やウエッジ(A〜S)は別途購入が常識らしい。

そこで、ウエッジである。 今回選んだYONEXのアイアンセットのシリーズにはウエッジ類の用意はない。 YONEXと云えば石川遼ですが、石川もウエッジは契約先のYONEXではなくTitleist VOKEY DESIGNを使っていることは周知の事実。 ara_umiも以前からボーケイウエッジはロブショット用にロフト58°-バンス8°を1本持っていたので右へ習え(?) と云うことで、ボーケイ スピンミルド 50°-8°のアプローチ用と同56°-11°のバンカー用をチョイス。シャフトは日本シャフトN.S.Pro[S]。これがバランス、ロフトともにアイアンセットとのつながりがよくてまるで誂えたよう!

   あとは腕だけ... と云うのはカメラも一緒か(笑)

e0082981_22544917.jpg



e0082981_2255127.jpg


いつも感じるのが、買ったばかりの時はギュ、ギュッと(グリーン上に)止まるのに、2度3度と使っていくうちにあの効き目が薄らいでいくのは気のせいでしょうか...
[PR]
by ara_umi | 2011-07-03 23:04 | 小さな旅 | Comments(0)
Azalea
昔、若い頃に観た、貴方が美しいツツジの藪の中で何かを狙っているショット(画)が忘れられません。
あれはきっとオーガスタ・ナショナル・ゴルフ・クラブの(たぶん)No.13ホールのグリーン廻り…と云うより、大きくグリーンを外した藪の中…から、いつものようにリカバリーショットを打つところでしたね。

e0082981_21454899.jpg

e0082981_21461517.jpg

e0082981_21462312.jpg

e0082981_21463381.jpg

e0082981_21464261.jpg

e0082981_21465270.jpg

e0082981_2147126.jpg
〔 GXR | A12 50mm 〕

若い頃にアイドルだったスターの訃報はやはり悲しい…
ゴルフを始めた頃に本当に憧れたスーパースター、セベリアーノ・バレステロス。
病魔との闘いを終え、5月7日天国へ旅立つ。
[PR]
by ara_umi | 2011-05-25 22:01 | 小さな旅 | Comments(0)
Drive A Go Go !
療養中のご主人様のまねをしたのか、愛機GOLF 6 TLもターボユニットの不調とかで3日ほど入院。 代車のGOLF 5 GT(初期型だったけれど…)がよかった!
TL 1.2L はいちおうエコカーなので踏まないで走るほうが気分がいい事のほうが多いのですが、GT(NA2.0L)は旧式なフィーリングとも相まって踏んでこそ爽快感が得られるクルマで、久々に(?)ストレスの無いドライブをさせていただきました(笑)
サスペンションもスポーツタイプが奢られているということで、タイヤも太いし(スタッドレスですが)コーナーも速いし(ハイスピードでも)安定していましたね。

そんなナイスなGOLF 5 GTとも短い逢瀬が終わり、Dラーへクルマを受け取りに行く途中の夕方の空の光がキレイだった。 ロケーションもナイスな工場地帯はクルマを止めるところが無く、走りながらテイク(笑)

e0082981_2272522.jpg

e0082981_2275093.jpg

e0082981_228015.jpg

e0082981_2281083.jpg

e0082981_2282095.jpg

e0082981_2282953.jpg

e0082981_2283856.jpg
〔 GXR | A12 28mm 〕

運転しながら(停止はしていますが)片手で撮っているので時々設定が変わるのかアスペクト比が違っていますね(笑)

[PR]
by ara_umi | 2011-02-22 23:23 | 小さな旅 | Comments(6)
美人の里
なのだそうな。。。

藤あや子、岡江久美子がここ角館の出身で、京系秋田美人。 日本海側には桜田淳子のようなアイヌ系(とバスガイド嬢(???)は云っていた)正統派秋田美人が多いとか… 観光客のほうが多く、京都系秋田美人との遭遇はそれほどでもなかったけれど、もろこし店の若女将は評判どおりの美人でした。

e0082981_0423274.jpg

e0082981_0425886.jpg

e0082981_043615.jpg

e0082981_0431414.jpg

e0082981_0432360.jpg

e0082981_0433234.jpg

e0082981_0434088.jpg
〔 GXR | A12 GR 50mm F2.5 MACRO 〕

寒くなったせいか数日前から右肩が痛い。 最近はすっかりなりを潜めている頚椎椎間板ヘルニアの再発も疑われたがすこし様子が違う。 五十肩か、それにしても最近体を動かさな杉! 日々、体が硬直していくのが感じられる…orz
そんな中でもゴルフシーズン終了前のいくつかの競技会に出るために(いまさら)練習再開。 体の硬直、筋力低下に加えて今年は春頃から3年ぶりにゴルフ肘(左手)まで復活(泣) GXRでムービーを撮りながらひどいフォームをチェック(笑) ジジィショットに変換すべく開眼する!?
[PR]
by ara_umi | 2010-11-02 23:58 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(4)
Golf TSI Trendline #004
【Fan to Drive 編】

乗っていて愉しい!まさにFan to Drive!!! これに尽きます。

フォルクスワーゲン独特のダウンサイジング=1.2L TSIエンジンや乾式ツインクラッチを持つ7速トランスミッション=DSGなどのテクノロジーによって、小さなエンジンの数値的には貧弱なパワーでも充分以上の加速性能を持ち、制限速度以内であればほぼどんなシチュエーションでも流れをリードすることができることは確かに驚きのひとつですが、それにもましてこのクルマの美味しいところは乗り心地です。

アイドリング時の振動やエンジン音はほぼ皆無、走り出しても路面の段差は拾いますが、凪いだ洋上をすべるように(そう、先日乗った矢切の渡しの静粛感に似ていますね(笑))、しかも抜群の直進安定性と相まってなにげなくただまっすぐ走っているだけで気分がよいのです。 あ、もちろんコーナリングは得意科目ですよ。フロントが軽いので、細くすこしやわなタイヤとコンタクトをとりながらの高速コーナーなんて「運転している!」感で盛り上がります。 あと、ターニングサークルが意外と小さく取り回しも楽です。

とは云っても、ゴルフTL は所詮ベーシックカーであり、決してスポーツカーでも高級サルーンでもありません。 そのように他のクルマと比較してのハナシではありませんのでお気をつけください(笑) しかも、1.2L TSIエンジンもDSGトランスミッションも少ないパワーをギリギリに効率よく使うために、運転のお作法もすこしはクルマに合わせなくてはなりません。 そのためにはクルマとのコミュニケーションが必要です(今のクルマは頭が良くて多少はこちらの運転パターンも学習してくれるようですが…) クルマとのコミュニケーションとか書いていたら、むかしのTV「ナイト・ライダー」のマイケルとキットの事を思い出してしまいましたが、あんな感じです(笑)

e0082981_21424990.jpg

e0082981_21431543.jpg

e0082981_21432564.jpg

e0082981_21433598.jpg

e0082981_2143468.jpg
〔 K20D | DA 35mm F2.8 Macro Ltd. 〕

いやぁ~、↑ の画を撮った先週末は「全国の里山で熊が出没」のニュースが多く、ひとりで山道に下りて撮影をすることは冷や汗ものでしたよ(笑)
[PR]
by ara_umi | 2010-10-27 22:58 | 小さな旅 | Comments(0)
Golf TSI Trendline #003
【燃費編】
生涯最高燃費車!ですよ、いまのところ。 いまをトキメク国産ハイブリッドカーには到底かないませんが、期待以上の(しかし一旦知ってしまうと「もっと!」と欲が出ますね)燃費性能に驚きました。 前のクルマが2.0L(CVT)セダン、その前が2.5L(5AT)スポーツセダン(の旦那仕様)で、街乗りで7~8km/l程度、長距離を走っても11~2km/lが最高燃費だったのでは… という程度でその前の排気量の小さなクルマの時代も含めてあまり燃費の良いクルマに乗っていたことはなかったのです。

このクルマが納車されたときはまだ盛夏でエアコンをフル稼働させてのドライブだったし、慣らし運転中でエンジンのあたりもまだついていない状態だったということで12~3km/l程度の燃費でしたが、9月半ばを過ぎて慣らし運転も終わり、エアコンも稼動が少なくなったら延びる延びる! 最近は一回のドライブが郊外型で30km以上走ることが多いことも一因ですが、給油時平均で15km/lは軽く達成しますね。

↓ のドライブは隣県へ往復200kmほど走ってきたときのオンボード・コンピューターの平均燃費(Φマーク)ですが一時は20km/lを超えました!(Golfのオンボード・コンピューター燃費計は正確で、満タン法よりも僅かに低めの数値が出ます) Golfの燃料タンクは55L入りますから、長距離を走れば1000km無給油は楽勝な計算です(笑)

e0082981_23265640.jpg

e0082981_0102072.jpg

e0082981_23271117.jpg

e0082981_0104933.jpg

e0082981_0105921.jpg


↑ (3、5枚目)のオンボード・コンピューター(ガソリンスタンドのマーク)は、あと何キロ走行できるか(燃料が残っているか)を示していますが、5枚目は0kmとなっていますね(汗) 5km単位で減っていく残走行距離計が0kmになったときは「あと3kmくらいは走れるかな?」と思い、急いで最寄のスタンドに駆け込み10Lだけ給油して、数キロはなれたホームSSまで走って満タン給油をしましたが、そのときのホームSSの伝票には45.1Lの記載が… あのとき「なんとかなるはず!?」などと思い、給油せずにホームSSを目指していたら0.1L足りずにスタンド目前でガス欠を起こしていたことでしょう(笑)
[PR]
by ara_umi | 2010-10-19 23:36 | 小さな旅 | Comments(2)