タグ:GR DIGITAL ( 443 ) タグの人気記事
GRブログ一旦終了 …ですか
GRブログ一旦終了の情報をFB経由で知る。
こちらはすでに一旦も二担もブログを休業しているので、終了の先輩ではありますが(笑)
GRブログのスタッフの皆様には10年間に渡りGR使いのコミュニティを続けてこられたことに感謝します。

そもそもワタシが10年前にこのブログを始めた訳もGRブログにトラックバックすることで
そちらのコミュニティの住人になるためであったのですが、
その結果として日本中のブロガーの皆さんとコミュニケーションをとることができ、
地元のフォトブロガーや遠方の写真(カメラ)好きのマニアの皆さんとオン・オフ取り混ぜた
交流が今でも続いていることで、ブログのもつ不思議なパワー(フォース?)に …再び感謝するわけです!

GRブログは2005年の11月と2006年の1月に終了の危機がありました。
そのときは多くのGRファンが後押しをして終了の危機を乗り越えてきたのだと思います。
ワタシもそのうちの一人だったと自負していますが(笑)さすがに10年は一区切りという感じもします。

時代も変化していますし、ワタシ自身がもうGRist(GRブログのGRistより先にこの言葉を使っていました
ではなくなっていることも、妙に納得していまう一因かもしれません(現役GR使いの皆さんゴメンナサイ)

e0082981_09173518.jpg

e0082981_09172536.jpg

e0082981_09171100.jpg
〔 GR DIGITAL 〕


もうGR使いではなくなった我が家にも1台だけ残る初代GR DIGITAL(1周年記念限定モデル=2013年11月OH済!)
を持ち出して昔よく通った港へ行ってきました(本当は仕事で立ち寄った先の近所だったのですが…)
最近は街で「お、いい感じ…」などと思っても、なかなかカメラを向けることは少なくなっていますが、
さすがにGRのもつフォースの力が伝わったのか、ウミネコを見ながら少し留まっていたらフェリーが…

昔スペシャルカタログのために『いつもの路地が、旅の入口になる』と云う銘コピーが公募で生まれましたが
本当にそんな不思議なフォースをもったカメラですね。まずいぞ、だんだん新しいGRが欲しくなってきた(笑)


e0082981_09010586.jpg

〔 α7II / Planar T* 1.4/85 ZF2 + PK-11A 〕


[PR]
by ara_umi | 2015-09-05 12:00 | 小さな旅 | Comments(2)
さよなら =お台場君=
『7人展』では、この画を撮影した2年後に撮り直した 【宇宙の旅】 Love is Illusion evo.II への質問が多かった。 
質問する人の多くがたいてい「トンネルですか?」と聴いてくるのが共通(笑)

e0082981_2311548.jpg

この画は第1回 RICOH GR カレンダーコンテストの入選作(なんと!!)で、新潟の冬の風物詩=ケヤキのイルミネーションの下を長時間露光に設定したGR DIGITALを載せたクルマを走らせながら撮ったもの。 自動的に5秒に1回レリーズしてくれるインターバル撮影、コンパクトカメラなのにマニュアルモードで絞り・露出時間の設定が自由にでき、軽くて小さいボディなのでオンボード車載も容易という GR DIGITAL ならではの画像。 そして忘れてはいけないのが、GR DIGITAL をクルマのダッシュボードの上にしっかりと固定してくれる“お台場君”(笑)

カレンダーコンテストの応募時に作品名としてつけた 「Love is Illusion」 は、むかしマツダ・コスモというクルマのコマーシャルソングとして今は亡き しばたはつみ が唄った隠れた名曲(ドライビング・ミュージック)。

 
e0082981_23122715.jpg

先日来不調の続いている“お台場君号”(クルマの方です)も、いよいよ入替が決定し、明日は新車がめでたく納車となる。 “お台場君号”は移動しながらの撮影ばかりではなく、その漆黒のボディに夕陽やサクラなどを映し込んでこのブログでもたびたび登場してくれた。
時期FX(?)は黒いボディもやめたし、“お台場君”の搭載も未定… ara_umiワールドの名脇役の代わりはもういない。
[PR]
by ara_umi | 2010-08-20 23:19 | ちょっとカメラの話 | Comments(6)
『にいがたフォトセッション講』 参 ~愚かなりし我が心~
一部のN潟の写真マニヤの間で伝説となりつつある幻の会合(全部ウソですが)『にいがたフォトセッション講』も気が付けば1年ぶりに3回目を数える。 今回も講中の皆さまのご活躍により大盛会が繰り広げられた?

今回は、白い顔の人の乱入や、コスプレ・ワンダーランド界からの干渉もなく、いたってノーマルに写真を撮りまくるという健全な(?)行為に没頭できるスケジュールだったのだが、そこはara_umiプレゼンツの危うさが随所に発揮されて、当所予定されていた(新人・ヤング・プリティ!?)モデル嬢のキャンセルに続き、悪天候により街撮り(これこそがこの講の肝なのだが)もキャンセルされるという事態になりながらも、講中の方々の日頃の修行の善行が写真の神様に認められたか、行き当たりばったりの各ステージがそれぞれ新鮮なロケーションとなって… いつものRカちゃんもバッチリとパフォーマンスしてくれたし(ありがとう×100!) その結果は講中の皆さまのブログを辿ると、自分が観たかったシーンに巡り逢えて「自分はこれを観るために企画したのだ!」と納得。


   【講中】
     Yoshi-A さん
     伊藤/kin_i さん
     marikihi10 さん
     gr-digital.net さん
     T*まら さん
     あわ さん
     nontan91 さん
     ara_umi

   【Special Thanks】
     RIKA さん

e0082981_23593662.jpg

e0082981_001320.jpg

e0082981_00228.jpg

e0082981_002523.jpg

e0082981_004682.jpg

e0082981_003437.jpg

e0082981_005695.jpg
                  〔 GR DIGITAL ・ K20D / DA21mmF3.2AL Ltd. | DA35mmF2.8 Macro Ltd. 〕

写真を撮りながら感じてはいたが、ストレートに被写体(デルモさん)を追いかけすぎ、ブログを飾るための気の利いた写真が一枚も無い!! あのとき店で流れていた"My Foolish Heart"はこれを暗示していたのか…(泣) そして、追いかけていたポートレートも今のところ大敗(笑) あとは現像のあがるフィルムに…
[PR]
by ara_umi | 2009-11-15 23:55 | 小さな旅 | Comments(12)
タチアオイ
タチアオイが咲く頃になるとどうしても思い出すこと…

2005年10月にGR DIGITALを購入して始めたことに、田中長徳の写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」の中で新潟のシーンのトレース『おいかけて新潟』というオンラインアルバムの製作があったことはこのブログでは幾度もエントリになっているが、その写真集の139ページ水道町のシーンを観るにつけ「(オンラインアルバムでは)とりあえず撮影地はトレースしているが、大事なモノが抜け落ちている」という意識があった。 特にタチアオイが咲き始めるこのシーズンにかの地をクルマで通ったりするたびに、その忘れ物を取り戻したい感触を思い出していた。

e0082981_2223079.jpg

e0082981_2225586.jpg
                           [ 2005.11.6 水道町 GR DIGITAL ]

      ■ 田中長徳先生公認(?)オンラインアルバム『おいかけて新潟』
      ■ メイキング・エントリは右下のタグから「おいかけて新潟」へGO!

このオンラインアルバムの存在はリンクさせて頂いているブログフレンドのphoto_artisanさんから、お付き合いのある長徳先生の知れることとなり、当時先生のブログに取り上げていただいたりして、一応お墨付きをいただく(笑) その後某パーティの席で長徳先生と直接お話しすることができ、そのときにも少しコメントをいただいた …よって公認(?)マーク付き(笑)

e0082981_2231161.jpg
                          [ 2009.6.23 水道町 GR DIGITAL II ]



e0082981_22324100.jpg

e0082981_2233550.jpg
                           
少し時間があったので何年かぶりにトライしていたが、人物の写らない風景ではやはり最後の魂が入らない… 人待ちをきめ込んでいたら祈りが神に通じたか!?ステキな姉妹(シスター)とグッドなカルマを得て無事撮影完了 「感謝、感謝!」
[PR]
by ara_umi | 2009-06-23 22:59 | 小さな旅 | Comments(10)
WILL
5月後半は県展。ということで今年も新潟市美術館、marikichi10さんとも遭遇できて一緒に大批評大会(うそうそ) …ここへ来るといつも思うのだけれどみなさん真面目に写真に取り組んでいらっしゃる!それを批評する解説の写真家先生(昨年同様今年も地元写真家の作品講評に少し同列)もまた真摯に写真に向き合っている (…のだろう)

10:00より、NHK BShiでara_umiさん大贔屓の“砂漠の薔薇”サヘル・ローズのドキュメント番組。イラン・イラク戦争孤児ということで大変な子供時代を送ったことは想像していたが「今に感謝している!」と言い切る精神と、若いのに将来の目標に向かって生きる志の高さに感動!

e0082981_21445131.jpg

e0082981_21442547.jpg

e0082981_2145624.jpg

e0082981_21451711.jpg

e0082981_2146334.jpg

e0082981_21453640.jpg

e0082981_2148165.jpg
                                  〔 GR DIGITAL 〈crop〉 〕

   他人様が一所懸命に生きたり、写真を撮ったりする姿に感動を覚えつつも、今日の写真もまた更にユルク… (涙)
[PR]
by ara_umi | 2009-05-24 21:52 | 小さな旅 | Comments(8)
YOU ONLY LIVE TWICE
ジェームズ・ボンド公式DVDコレクション、第7回配本は『YOU ONLY LIVE TWICE(007は二度死ぬ)』だった。007シリーズはエキゾチックな観光映画で世界を旅するという側面もあるので、高度成長期にはいったアジアの大都市TOKYO様子や日本の伝統文化なども紹介したかったのだろう。
DVD(日本語吹き替え版)を観終わって感じたことは、日本のスタッフが頑張った(のだろう)せいで、日本の風土や習慣などはきちんと伝わっているということ。男尊女卑的表現部分は今ならありえない設定だが、当時の西欧社会では日本はこんなだろうという期待(?)が込められた表現にも思えた(笑)

ボンドが日本上陸を果たして最初に訪れたところが蔵前国技館で、本場所の出番を待つ横綱に日本側エージェントへの紹介を頼むというのも数多い突っ込みどころ(笑)のひとつだが、相撲のシーンで登場する(無名の?)力士の四股の美しさは特筆モノ!! 昔の力士はみな基本がしっかりしていたのだ!!! ただ、当時の相撲の観客はおじいさんとおばあさんばかりで(?)まったく花がない…
平成の今、ワタシがTV桟敷での相撲見物でもっとも楽しみにしているもののひとつに、砂被りに陣取る粋なお姐さんのウォッチングがあるのですが…(笑)

e0082981_22584156.jpg

e0082981_22591073.jpg

e0082981_22592265.jpg

e0082981_22593355.jpg

e0082981_22594436.jpg

e0082981_22595596.jpg

e0082981_230672.jpg
                              〔 GR DIGITAL ・ GR DIGITAL II 〕

ジョン・バリーのスコアによるナンシー・シナトラの同名主題歌もよかった! 今日は 『007は二度死ぬ』へオマージュを込めて “棚から一掴み”(笑)
[PR]
by ara_umi | 2009-05-18 23:26 | 小さな旅 | Comments(8)
犬も歩けば…
前日の遊びで疲労困憊、日頃の食べすぎ&運動不足で体が重かったが「これではイカン」と思い少し歩く。逢いたかった人とも偶然出会え、行動を起こしたことでひとつLuckをいただく!「感謝、感謝」

e0082981_22491373.jpg

e0082981_22494664.jpg

e0082981_22495850.jpg

e0082981_2250978.jpg

e0082981_22502160.jpg

e0082981_22522083.jpg

e0082981_22522960.jpg
                         〔 GR DIGITAL II ・ R-D1s / Elmar f=5cm 1:2.8 〕
[PR]
by ara_umi | 2009-05-04 23:45 | 小さな旅(湊町ブルーズ) | Comments(2)
にいがた酒の陣2009
何がともあれ、11月くらいに次の年の手帳を手に入れたときに、まず最初に3月2週とか3週の土日は2年分(ara_umiの手帳は1月から翌年の3月までページがある)×印を付ける最重要イベント『にいがた酒の陣2009』、入場(試飲)券が昨年の倍の価格になってもなんのその!?今年もにぎやかに開催!ara_umi的には今年は調整に失敗(前々日に飲みすぎた(爆))して少々元気なし…写真も手抜き(ゴメン)

広島県在住のブログ友kiyo-kz氏が来港するとの事前情報あり、「朋遠方より来る、亦楽しからずや」ということであれば調整不足もなんのその(?)いきなり飛ばす(笑) 今年はJTの逆襲(?)シガーの試喫なるサービスもあり、ara_umiもン年ぶりに煙を燻らす(7枚目:若いのにいつもダンディーなkiyo-kz氏)

e0082981_21325894.jpg

e0082981_21342683.jpg

e0082981_21335285.jpg

e0082981_21344218.jpg

e0082981_21345327.jpg

e0082981_21351543.jpg

e0082981_21352719.jpg

e0082981_21354111.jpg

e0082981_21355293.jpg
〔 GR DIGITAL (長辺方向をトリミング)〕


kiyo-kz氏と分かれたあとはいつもの飲み仲間と合流(ナント、酒の陣初参加!)。蔵廻りの試飲に疲れて、場内で売っている燗酒と甘海老しんじょうなんかで椅子に根をはやした後、おばちゃんいえいえ、お姐さんたちと河岸を変えてもう一杯…



今年の酒の陣に持ち込んだのは武者装束も凛々しいGR DIGITAL(天使バージョン) 久々の出番でも、イベントでは人気者

e0082981_2224227.jpg

[PR]
by ara_umi | 2009-03-15 22:33 | 小さな旅 | Comments(14)
街の蛍 (Remaster)
日本の夏は「昭和の夏」を考える夏でもある…
NHKスペシャル『解かれた封印 -米軍カメラマンが見たNAGASAKI-』 戦後従軍カメラマンとして来日したジョー・オダネルが、原爆の威力を客観的に撮らなくてはいけない(日本人を撮ってはいけなかった)という軍の規律に違反して、自分のカメラで見たままを撮影した30枚のネガ(4×5)に残されたNAGASAKIと、後年封印されていた写真をアメリカで発表する事によってアメリカで起きた“さざ波”とオダネル家の人々の話。

最初に登場した「焼き場に立つ少年」と題された写真が強烈。まず野坂昭如の『火垂るの墓』の主人公を連想させたが、ara_umi的には当時の少年(10歳に満たないだろう)の“気を付け”の姿勢の美しい事!が印象的 …家電量販店などでビデオカメラのコーナーを通過するときなどたまにディスプレーに自分の姿が写ったりして(ひどい姿勢に)がっかりする…

カメラマンにカメラを持たせたら「撮るな!」と云われても(撮りたいものを)撮ってしまうのが悲しい性。ジョー・オダネルは軍を退役したあとホワイトハウスで大統領付きのカメラマンになり、トルーマンに「あなたは原爆を落としたことについてどう思う?」と直接聞くなどエラク骨のある人物だったようだ。隠されていたトランクの中のネガとカメラ、そのカメラ=スピード・グラフィックとコダックのレンズ(名前まで確認しなかったがf=4.7と刻まれていたような…)が妙に美しく撮影されていた事からはNHKのカメラマンの性を感じた(笑)

■クリックで少し拡大
e0082981_22365612.jpg
                                 〔 GR DIGITAL 〕

『火垂るの墓』つながり(?)で、去年撮影した近所の公園の蛍の写真をUP。この写真は昨年もエントリになっているのだけれど、GRブログで「昆虫」というトラックバック企画が始まったのでリマスタリングして再登場 
 …明るいうちに撮っておいた景色に同じ場所から撮った画像(露光時間は15秒ほど)8枚をフォトショップでコンポジット。
                       ということで、TB企画 「昆虫」 に参加です
[PR]
by ara_umi | 2008-08-07 22:08 | 小さな旅 | Comments(8)
疑問のX
思い込みというものはいつも一人歩きをする。たとえば4月28日のエントリでオマージュした(?)ケヴィン・カーターの「ハゲワシと少女」。有名なこの写真は知っていたが、PLAYBOY誌の飯沢耕太郎のキャプションでは「カメラマンはなぜ子供を助けなかったかいう世間の批判を受け自殺した」との記述があった。確かにこの写真の発表のあと人道と報道との選択についての議論があったように思うが、webでいろいろ調べてみるとこの少女は寸前まで母親に抱かれていて母親が食料をとりに行くために子供を地面に降ろしたとか、ケヴィン・カーターは撮影後にハゲワシを追い払ったとか…様々なクレジットが付いているようだ。もしこの写真の発表時にこのことが付記されていれば批判はずっと小さいものになったのではと思えるが、写真の持つインパクトはグッと小さくなったことだろう。

e0082981_2331586.jpg


e0082981_23312390.jpg
                              〔 GR DIGITAL with GW-1 〕

           思い込みで最近一本取られた(オレだけ?)のは『YouTube - しずかちゃんリアル入浴シーン!!』

                            やられたい(?)YouはこちらへGO!!
[PR]
by ara_umi | 2008-05-01 23:59 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(12)