タグ:GR DIGITAL ( 443 ) タグの人気記事
にいがたフォトセッション講 番外 レクイエム
「お黙り!お黙り、お黙り、お黙り!」
松子夫人が怒りに声をふるわせたのはそのときだった。
「おまえさんたちは、なんということをいうの。この佐清は、かりにも犬神家の総本家ですよ。
総本家の跡取り息子ですよ。お父さんがあんなつまらない遺言状をかいておかなかったら、
犬神家の名跡も、財産もすっかりこの子のものになっていたはずなんだ。この子は本家だよ、
総本家ですよ、昔ならば殿様だ、ご主人ですよ。佐武も、佐智も、家来も同然、それだのに…
…それだのに……この子をつかまえて、手型をおせの、指紋をとらせのと、まるで罪人を扱う
ように。……いいえ、いいえ、けっして、……佐清、おいで、こんなところにいることはない」
松子夫人は席を蹴って立ち上がった。

e0082981_23531048.jpg

「署長さんも、たぶんお聞きおよびでしょうが、実は昨夜もこの座敷で、これと同じような場面
がございました。佐武さん佐智さんが詰めよって、無理無体に、佐清に手型をおさせようとし
たのでございます。(中略)しかし、いまはもう、事態がすっかり変ってまいりました。
佐武さんが、あのような恐ろしいことになって、しかも……」
と、そこで松子夫人は毒々しい視線を、妹の竹子のほうに投げると、
「それがまるで、わたしと佐清の仕業のように、このひとたちは思いこんでいるのでございます。
しかしよくよく考えてみれば、それも無理ではないかもしれません(中略)これはいつまでも意
地を張っている場合ではない。……と、そんなふうに考えたものですから、署長さんにもお立
会いを願って、皆さんの眼のまえで、佐清に手型をおさせようと思い立ったのでございます。
皆さん、これでわたくしの気持ちは、よくおわかりくだすったでしょうね。」
松子夫人の長広舌はそこで終わった。夫人はそこで一同の顔を見回したが、だれも声に出し
て、それに返事をするものはなかった。橘署長がうなずいたきりである。
「では、佐清……」

e0082981_23534098.jpg

仮面の佐清が右手を出した。さすがに興奮しているのか、だした掌がふるえている。松子夫人
はどっぷり手に、朱墨をふくませると、それを掌に塗ってやる。掌が真っ赤に塗り上げられると、
「さあ、その紙へ……」
佐清は五本の指を、八つ手の葉のように広げると、それでべったり白紙の上に押し付けた。
松子夫人はしっかりその手をおさえながら、毒々しい眼で一同を見回し、
「さあ、皆さん、よくごらんくださいまし、佐清は手型をおしましたよ。なんのペテンも、
いかさもありませんよ。署長さん、あなた証人になってくださいますわね」

e0082981_235358100.jpg


e0082981_23541330.jpg
     
〔 GR DIGITAL 《 photograph by Mr.Marikichi10 》 〕


いまから一ヶ月前の2月13日、巨匠市川崑監督が鬼籍に入る。更に一年ほど前に完成したリメイク版
『犬神家の一族』のキャスティングでどうしても納得のできなかった配役に、犬神家顧問弁護士古館
恭三役の中村敦夫があった。前作では小沢栄太郎の重厚な演技が光ったものだが、今作の中村=古舘
は作りすぎたメイクとともに違和感を感じたものだったが、『犬神…』が市川監督の遺作となった今、
市川監督が映画もTVもこだわらずに美しい映像を愛した人だったことを思えば、TV界に市川ワールド
を展開した『木枯らし紋次郎』の中村敦夫を出演させるという事は、自身のこの世での仕事の締めく
くりには欠かせない俳優であることは
間違いない!!ということで今は大納得(笑)

いい役者があちらの世界に多く行ってしまったいま、あの世での市川作品も早く観たい気もするが、
私の予定では後半世紀くらいあとになる予定(笑)
[PR]
by ara_umi | 2008-03-14 23:46 | 小さな旅 | Comments(20)
にいがたフォトセッション講 奇譚 我がココロ此処に在らず
9人のフォトブロガーさんと半日行動を共にしてお互いの成果をUPしあうことはなかなか新鮮な感覚。
日ごろからそれぞれのブログを眺めながら十人十色の展開を楽しんだり、感心していたりするのだけ
れど、この日はほぼ同じところを歩いて同じものを撮ってもまるで違う写真!!技術的な差も露見してし
まうけれど、視点や感性の違いがしっかりと表れて同じ景色が9倍楽しめる!!

しかし、この日はココロがフワフワしていまひとつ集中力が出ない=普段から土門拳先生の如く集中し
て写真を撮っているわけではありませんが…(汗)
ひとつは講の世話人として動いていたことからイベンター魂(!)に火がついてしまい、写真がそっちの
けになったことと、後半で予定されていた美人ポートレート撮影には「是非一度、秘玉(?)ELMARIT
1:2.8/90を使うべし!」などと1年ぶりにLEICA M3など持ち出して、馴れないフルマニュアル撮影ま
でしていたのが原因(笑)
昔からお祭とか、文化祭とかになるとじっとしていられないほうなのだけれど、とちらかというと本番よ
りも仕掛け(だけ?)を楽しむタイプ…元来詰めが甘い性格(笑)


e0082981_2147817.jpg


e0082981_21473086.jpg


e0082981_21474498.jpg


e0082981_21475843.jpg


e0082981_2148114.jpg


e0082981_21483364.jpg


e0082981_21484615.jpg
                 〔 GR DIGITAL(SKY) 〕


ココロがフワフワしていたのは性格のせいばかりではなく、この日の天気のせいも多分にあった(はず)。
モデルさんにも受けのいい(?)“写ルンですDIGITAL”ことGR DIGITAL(SKY)は空ばかりみていた。

PS : 最後の写真をみていて13か月前のこの風景を思い出す。←土蔵の骨組みの向こうの景色に注目
[PR]
by ara_umi | 2008-03-10 22:43 | 小さな旅 | Comments(10)
にいがたフォトセッション講 奇譚 嗚呼やっぱり
四畳半にたちこめたものはおやじの加齢臭か、はたまたうら若き女の色香か…

2週間ほど前にブログ友達のkiyo-kzさんの広島移転の報を知り、以前よりの懸案だったオフ会を急遽
開催する事になり、いよいよ春の日差しが北国の空にも降り注いだ週末の午後、路地のお地蔵さんの
紅い頭巾をみて何処からともなく現われる隠密同心の如く、NEXT21に新潟ブロガー9人衆見参!!

撮影用に借りた屋敷の大家さんに怪しい集団と勘違いされないように、講を組織(これがますます怪しい!?)

社中の皆さんは以下の通り(ツワモノ揃い)
              kiyo-kz さん
              たまら さん 
              yoshipass さん 
              marikichi10 さん
              gr-digital.net さん
              nontan91 さん
              dramatic_camera さん
              伊藤/kin-i さん
             
(世話人)        ara_umi 

ご苦労様でした!ありがとうございました!!またいつか、誰かやってください!!!(笑)

この日のフォトセッション(実は意味もわからずに始めた)は盛りだくさんで、何から報告してよいか考え
もまとまらないのだけれど、各社中のみなさんのブログを巡ると全容が…わからんかなぁ~~(笑)


e0082981_2355532.jpg

↓はポートレート編のひとこま、モデルとフォトグラファーの間合いに注目(笑)
e0082981_22533666.jpg


e0082981_22534927.jpg


e0082981_2254490.jpg


e0082981_22541663.jpg


e0082981_22543169.jpg


e0082981_22544722.jpg


e0082981_22545970.jpg
  〔 GR DIGITAL(1,2,4,6~8)  K100Ds FA43mm F1.9 Ltd(3,5) 〕

で、やっぱりオレはフォトグラファーではない(アクターでもない!!(笑))ということを再確認、
仕掛けに(モデルさんにも?)気が行って写真に集中できず(泣)
[PR]
by ara_umi | 2008-03-09 23:30 | 小さな旅 | Comments(20)
大江戸町歩き 豊川稲荷
大江戸町歩き。徳川吉宗所縁の氷川神社を詣で、鴨南蛮と熱燗で正気を取り戻した後、豊川稲荷まで歩く。
徳川吉宗といえば松平健…ではなくて子供の頃に観たTVの「男は度胸」の浜畑賢吉も印象的。当時の超人
気番組「太陽にほえろ!」の記憶がジーパン刑事(松田優作)編からしかないのが不思議だったが、「男は度
胸」は「太陽にほえろ!」が裏番組のNHKの金曜時代劇シリーズで、「鞍馬天狗(高橋英樹)」~「男は度胸」
~「天下御免(山口崇)」~「赤ひげ(小林圭樹)」とはまり続け赤ひげの最終回までそちらを観ていたためという
ことが最近判明!…ということでもなくて(笑)吉宗といえば大岡越前(実に名コンビだ!)ということ。
豊川稲荷は大岡越前守忠相所縁の寺。小役人から出発して50年(!)75歳で現役のまま(!!)天寿をまっとう
したときは一万石取りの大名にまで出世したということで商売繁盛を願う参詣客で賑わう。正月に鎌倉を歩い
たときも鶴岡八幡宮の次に人が多かったのは銭洗い弁天だったが、人の心の判りやすさよ(笑)

ふつう稲荷といえば神社だけれど、ここは曹洞宗妙厳寺という寺(別院)。豊川といえば三河国=徳川家の故里
(そして大岡家も)であり、大岡家の屋敷内に豊川稲荷が奉られていたものを現在の場所に移したものらしい。
江戸切絵図を見ると現在の豊川稲荷の位置にはかつては幕府直轄の定火消しの御役屋敷であり、豊川稲荷
の塀に刻まれている火消しや各講中の刻印はその名残か。
また、民間消防組織(町火消し)であった「いろは四十七組」の組織の創設と整備も忠相の仕事だったとか。


e0082981_22134413.jpg


e0082981_2214550.jpg


e0082981_22141918.jpg


e0082981_22143483.jpg


e0082981_22145121.jpg


e0082981_2215533.jpg


e0082981_22152170.jpg
                          〔 GR DIGITAL 〕

豊川稲荷と並び青山通り沿いに建つ鹿島設計部のエントランス天井のステンレスがピッカピカに磨いてあった
のでセルフポートレートを一枚、東京記念(笑)


                 既出ですが新潟でオフ会やります!  お問合せはこちらまで
                 ■社中のみなさまへ、すこし連絡事項を書き加えました(2008.3.3)
[PR]
by ara_umi | 2008-03-03 22:58 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(6)
忘れ物
東京時代MAPなる本を入手。御江戸大絵図をもとに作った江戸期の地図に現代の東京の地図をトレー
シングペーパーに印刷した物を重ねて綴じてあり、その比較が面白い。青山から赤坂、新橋までは武家
屋敷や寺社が圧倒的に多いが、銀座から日本橋にかけてはすべて町屋、ブランドショップひしめく晴海
通りも町民の町だった。


e0082981_122370.jpg


e0082981_124779.jpg


e0082981_1242179.jpg


e0082981_1243575.jpg


e0082981_1244764.jpg


e0082981_125960.jpg


e0082981_1252591.jpg


e0082981_1222042.jpg
          〔 GR DIGITAL(1,8)  K100Ds / Planar T* 1.4/50ZK(2~7) 〕

普及型デジイチの中では見やすいといわれているPENTAX K100D superのファインダーもマニュ
アルレンズのシビアなピント合わせは(少々くたびれたおじさんの眼には)辛いものがある。しかし、
PENTAXには拡大アイカップなるスグレ物のアクセサリーがあり、眼鏡族の身としてはファインダー
の四隅が見難くなることをガマンすれば格段にピントの山がつかみやすくなる。

なのに、なのに…せっかくの銀座も拡大アイカップは新潟に置き去りにされピンボケの山(ギャフン)


               既出ですが新潟でオフ会やります!  お問合せはこちらまで
[PR]
by ara_umi | 2008-03-01 23:59 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(10)
大江戸町歩き 聖橋
赤坂でプチ「街道をゆく」旅を終え、次はとりあえず浅草という気になっていた。浅草の何処を訪ねた
いという具体的な目的地は決めていなかったのだけれど、時間があったら両国の博物館も観たいし、
居酒屋でホッピーも飲みたいし…などと漠然と思う。
地下鉄が上野に近づいた頃、身内に受験生がいることを思い出し(なんたる奴!)湯島天神へ進路
変更(笑)。氷川神社の奉納絵馬とは比較ならないほど鈴なりの絵馬や、梅祭りと受験シーズン真っ
只中ということで多くの参拝客で賑わう。無事(?)合格祈願のお札をいただき、次の行き先を考える。


e0082981_22151897.jpg


e0082981_2222091.jpg


e0082981_22154685.jpg


e0082981_2222149.jpg


e0082981_22155722.jpg

司馬遼太郎「街道をゆく 33」は、白河・会津のみち/赤坂散歩という二部構成で、会津へ旅したときに
買ったもの。白河の記述の中に“山下りん”という明治初めの女流画家の行があり、ニコライ堂で修行
をしたことなどが書いてあった。ニコライ堂へ行けば山下りんの描いたイコン(聖教画)を観ることができ
るのでは…などと単純に考えていた…ということで浅草の前に御茶ノ水まで歩く、道が不案内だったが
不思議と迷わずに辿り着いた。果して山下りんのイコンは観ることはかなわなかったけれどニコライ堂
はよかった…ここも人がいないんだわ(笑)


e0082981_22234234.jpg


e0082981_22235582.jpg
   〔 K100Ds Planar T* 1.4/50(1,3,5)  GR DIGITAL(2,4,6,7) 〕


御茶ノ水といえば聖橋、なぜかさだまさしの「檸檬」のフレーズがリフレインしてしまうのだが(笑)聖
橋の意匠デザインは山田守という人で萬代橋の欄干やバルコニーの意匠も担当したといわれている
(日本武道館や京都タワーも同氏の設計)。聖橋~神田川~同棲時代(?)~上村一夫~信濃川~
萬代橋~山田守~聖橋~…とara_umiの中ではスパイラルが勝手に出来上がった(笑)

ということで突然ですが、GRブログ トラックバック企画 「鉄道」 に参加です!
[PR]
by ara_umi | 2008-02-18 23:08 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(6)
大江戸町歩き 氷川神社
司馬遼太郎の「街道を行く」を参考に赤坂散歩。赤坂の項を全部読んだわけではなかったが、とりあえ
ず日枝神社~氷川神社~豊川稲荷と歩く。
氷川神社は八代将軍徳川吉宗が自身の所縁ある赤坂に鎮めた神社という。質素倹約が信条の吉宗
らしく、日光東照宮などとは対極にある(?)簡素な美しさのある神社。
しかも、「ここが東京?」と思わせるほど人が居ないのがいい(笑)

e0082981_23384860.jpg


e0082981_233958.jpg


e0082981_23391683.jpg


e0082981_23392996.jpg


e0082981_23394298.jpg


e0082981_23395512.jpg


e0082981_23401243.jpg
                      〔 GR DIGITAL(SKY) 〕

また、ここは将軍吉宗がこの地に氷川神社を建立する前は備後三次浅野家の江戸藩邸だった場所で、
三次浅野家は松の廊下の刃傷事件の浅野内匠頭長矩の夫人亜久里(瑤泉院)の実家、内匠頭亡き後
ここで生涯を終えたという。忠臣蔵の芝居では討ち入り前の大石内蔵助が報告に訪れる事になっている
が、その史実はなかったらしい。(もっともらしく書いている事は、もちろん全部司馬先生の記述より(笑))

赤坂番外
[PR]
by ara_umi | 2008-02-15 23:59 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(6)
大江戸町歩き 三井越後守高安
月曜日の20:00~NHK BS hi で放送された『日本美ナンダコリャこれくしょん』なる番組を観て感じ入る。
有名処では絵画の伊藤若冲や麗子像の岸田劉生、建築では日光東照宮陽明門など、過剰なる造り込
みやデロリ感(麗子像のような表現を指すらしい…やっぱりみんなあの絵をそういう眼で見ていたんだ…)
を前面に出した「凄いけれど笑える(?)」芸術品のオンパレード。
我が越後からは豪農の館、北方文化博物館の三角形建築「三楽亭」も紹介されたいた。ara_umiが一番
気になったものは三越日本橋本店の天女(まごころ)像。いまから40年も前、まだ小学生だった頃、始めて
上京して東京の伯母さんに連れて行ってもらい「東京ってスゲ~!」って、ぶったまげた経験がいまだに脳
裏に焼きついている(笑)


e0082981_23533657.jpg


e0082981_23544148.jpg


e0082981_22351032.jpg


e0082981_22354754.jpg

訳あって少しトリミング(笑)
e0082981_22362115.jpg


e0082981_22365423.jpg


e0082981_2238858.jpg


e0082981_22382456.jpg
  〔 K100Ds Planar T* 1.4/50(1,4,6,7) GR DIGITAL(2,3,5,8) 〕


越後屋(●田洋行) 「お代官様、今日は南蛮渡来のゴルフクラブのセットをお内儀様の
              分ともお持ちしました」

代官(守■事務次官) 「おぉ、越後屋か、ほぅなかなかの品じゃ…次の種子島も随契で
                山●洋行じゃ…  フッフッフッお互い悪よのぅ~」

などと、時代劇では悪役に廻る事の多い越後屋も元は近江出身の松坂商人、三井越後
守高安が興した大商家三井家による名店、そんなに悪い事はしていなかったはず(笑)
[PR]
by ara_umi | 2008-02-14 23:59 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(8)
オフ会御礼
鉛色の空の国からトンネルを抜けて、これ以上抜けそうにない青空の下のビルの中に
終日缶詰めだった2月9日、上京にあわせてcasta6cさんにオフ会のコーディネートを
お願いして、楽しいひと時を過ごす。
昨年末にsa55tさん発案の緊急覆面座談会に呼ばれてもいないのに勝手に電子エン
トリーしたことでつながったご縁でのリアル会議。

出席者
議長(コーディネーター) casta6c 君 [D300 Ai AF Nikkor 50mm F1.4D]
議員(出席表明1番者) カルロスゴン 君 [K100D FA35mm F2AL]
議員(帰国遅延出席者) sa55t 君 [NIKONOS-V W Nikkor 35mm F2.5]
議員(電話出席者) Yoshi-A 君 [D300 Planar T* 1.4/50ZF(perhaps)]
議員(会議召集要請者) ara_umi [GR DIGITAL(SKY)&K100D super Planar T* 1.4/50ZS]

上京の対外的な目的はこのビルで開催された講習会への出席ではあったが…
e0082981_113712100.jpg

気分は、せっかくのお登りさんなのでPENTAXの聖地(?)新宿詣でや
e0082981_11512244.jpg

同じくGR DIGITAL(SKY)の銀座詣でのほうに軸足がかかっていたり…
e0082981_11373128.jpg

しかし、なんといっても講習会を出汁にコーディネートしていただいたオフ会が最重要
であった事は云うまでもない!!             ↓↓↓はオフ会のイメージ(笑)
e0082981_11383959.jpg

casta6cさん、sa55tさんとカルロスゴンさんの愛機K100D+FA35mmF2(Zeiss調仕上げ)
e0082981_11374830.jpg


e0082981_1137595.jpg


e0082981_11381182.jpg
             〔 GR DIGITAL[SKY](1~3,5~7) K100Ds 50/1.4 〕

会場の代々木「しすい」の場所を確かめずに(うろ覚えで)出てきてしまい大遅刻での入場だったり、不夜城
TOKYOに終電なるアキレス腱があったことを意識していなかったり(カルロスさん問題なく帰りました!)、
お約束の(?)ドタバタではあったが、取り留めのない話を延々と聞かされた御三名の皆さま大変ありがとう
ございました!またお逢いしましょう!!
[PR]
by ara_umi | 2008-02-09 23:59 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(8)
ブルー・スエード・ストラップ
雪の降る夜は家でモノ撮り…

今日は寒かった(らしい)、終日勉強会で暖房が効きすぎの部屋で過ごす…声が嗄れた。

昨日、市内にタカナシカメラチェーンというローカル店にしてはけっこう頑張っているカメラ店があり、新装移転してから初めて立ち寄る。ここは中古カメラのラインナップも豊富である意味危険なカメラ店(笑)。新しい店舗になったら主照明を落とし気味に、展示棚はやや明るくしたりしてなにやら怪しげなムードで購買抑止器官を麻痺させる戦法に路線変更した模様。最初からJUST LOOKING!と決めていたのに、薄いブルー(に見えた)アルティザン&アーティストのレザーストラップを見つけ、「これはあのカメラに似合うはず(でも今日はチェックだけ…)」と思いつつも店員さんに「ちょっと見せてください」と云ったところですでに転んでいた(笑)

このカメラには何か新品のアクセサリーを買いたかった。フォクトレンダーM(シルバー)のビューファインダーもCaplio R4から引き継いだシルバーのストラップもみなお古だったから。でもこのカメラを出動させる機会も更に減ってきている…2月にGINZAまで行けそうなので里帰り(?)させようか。

e0082981_22552510.jpg


e0082981_2332512.jpg



6年ほど使用した手巻きクロノグラフが早くもオーバーホールされて手元に戻ってきた。日曜日になじみの修理専門の時計店に持ち込んだのだが金曜日には整備完了の連絡有、しかも相変わらず超リーズナブルな料金でありがたし。プラスチックの風防もステンレスのブレスレットもきれいに磨かれて新品とはまた違ったエイジングを重ねた美しさ(それほどでもありませんが)を感じる(笑)。最近スパムコメントが来る原因であろうと思われる“2ちゃんねる”の某板で話題の時計店のコラム(このコラムはたいへん楽しい)で、このスピードマスターの修理の話があり、真っ先に白く塗装された時計針の塗装を落とさずに外すことが一番大変だと書いてあったが、なるほど10倍のルーペで覗くと苦労して外した痕跡ともいえる(?)塗装の剥がれを発見!しかし、不思議と不満にも思わなかった…こりゃ誰が外したって跡は残るべ(本当は違うのか?)…OHをした証と認定(笑)だって肉眼じゃどうしたって見えないもんね。


     ■ロービートで刻まれるクロノグラフ針の痕跡を見よ!(笑)
e0082981_2256213.jpg


e0082981_225612100.jpg


e0082981_22562325.jpg
                       〔 CAPLIO GX100(1,2)  D100 60mmF2.8(3~5) 〕


ある方面の人々にとっては発表が楽しみだった1月24日。カメラもレンズもど~んと発表!!カメラはともかく、ロードマップを見て気になっていたDA35mmF2.8 Macro Limitedと、最近気になりだしたFA43mmF1.9 Limitedとの狭間で揺れるココロ。しかも予算ゼロ(笑)
[PR]
by ara_umi | 2008-01-24 23:38 | ちょっとカメラの話 | Comments(4)