タグ:GXR MOUNT ( 30 ) タグの人気記事
フライング
なんだかわかりにくいPRだったのか、
萬代橋でのプロジェクション・マッピングを観ようと早く帰ったけれど、
本番は土曜日だけとのこと…

リハーサルはあるようなので、サンセット・カフェでビールを飲みながら待つこと数分。

e0082981_1113527.jpg

e0082981_11185865.jpg

e0082981_11141980.jpg
〔 GXR MOUNT A12 | ULTRON 28mm F1.9 / NOKTON 50mm F1.1 〕


係りの人から聞いた本番は明日(14日)19:30~20:30
と、記憶していたけれど、例によってあやふや(笑)

本当に観たい人はwebなどでチェックしてから行ってくださいね。
[PR]
by ara_umi | 2014-06-13 23:14 | 小さな旅 | Comments(0)
ガラス壜の中の船
♪ 生きものみたいに波がねじれてゆく

 一雨来るね 黒雲スピードをあげて… ♪

e0082981_23312445.jpg

e0082981_23315542.jpg

e0082981_23332621.jpg

e0082981_23335033.jpg

  
e0082981_23341201.jpg
〔 GXR MOUNT | SWH 15mm F4.5 & INDUSTER-61 L/D 55mm F2.8 〕


あの日ローマで眺めた雲も 今月今宵のこの雲も ああ、雲に変わりはないけどね(笑)

[PR]
by ara_umi | 2014-06-09 23:36 | 小さな旅 | Comments(4)
今日の櫻2014.4.20 ヤマザクラ
前日はGルフ&温泉。Gルフ場から温泉までのR290は満開の桜街道!!
翌日は、軽い(?)呑み疲れの体に鞭打って山桜...
30分ほどのトレッキングでアゴを出す...orz

来年は必ず、きっと、満開の彼岸桜を見に行きたい。

《横位置の写真はクリックで少し拡大します》
e0082981_22235410.jpg

e0082981_22243255.jpg

e0082981_22245184.jpg

e0082981_2225650.jpg

e0082981_22252186.jpg
〔 GXR | A16 24-72mm F3.5-5.6 // A12 MOUNT & UWH 12mm F5.6 〕

[PR]
by ara_umi | 2014-04-20 23:22 | 小さな旅 | Comments(2)
コンプリートなう
あっちも御無沙汰、こっちも御無沙汰。
ブログも更新しないし、GR BLOGへのトラックバックを最後にした日など、遥か忘却の彼方(泣)
2週間後にせまった写真展『私たちのまなざしとその記憶 4』の準備も何日経っても佳境の状態。

写真展用の額装は全然アン・コンプリート状態なのに、春の移動で(?)何度目かのシステムの再編があって、
メイン機材に繰り上げ昇格したGXRセットは、誰がどうやって購入したのか、いつの間にかコンプリーテッド(笑)

本日密林商会よりウレタンのマットが届き、GXR御一行様は古いアルミケースにしゃあしゃあと納まる(爆)

e0082981_2339575.jpg

e0082981_23402619.jpg

e0082981_2340395.jpg

[PR]
by ara_umi | 2013-07-31 23:58 | ちょっとカメラの話 | Comments(0)
テーマが決まりました!
前日やり残した掃除などを軽く仕上げて、午後はフリー。
いよいよ『7人展』に向けての準備 =写真を撮ること(爆)= をするべ...
と、出かけたけれど「お天道様の位置が悪い!?」などと云いながら
ドライビングレンジへ避難(爆々)

3時を廻って日が傾きかけた頃、4日連続で県民会館(笑)

e0082981_22472088.jpg

e0082981_2248085.jpg

e0082981_22483566.jpg

e0082981_22485035.jpg

e0082981_2249589.jpg
〔 GXR + MOUNT A12 | UWH 12/5.6 & ULTRON 28/1.9 & ELMARIT 90/2.8 〕

一昨日、ara_umiさんも(一瞬)立った県民会館のステージに、今日は中村吉右衛門が立っている!!

もう、『7人展』のほかのメンバーのみなさまは「額装を終えた」とかブログで書かれていますが、
今年の自分のコーナーは、思いっきりフレッシュな画が並ぶはず... なんせ、これからですから。
[PR]
by ara_umi | 2013-07-15 23:16 | 小さな旅 | Comments(2)
Aストーム
週末は昨年の爆弾低気圧並みの荒れ模様が予想されていた。
越後地方は昨年ほどの被害は無かったかもしれないが、それなりに荒れる。
週があけて天気は回復したけれど、吹き返しの風つよし。

海岸道路を走ると、夕日に照らされた風紋が美しい。
先週末に開花したらしいサクラを撮るためにレンズをセレクトして、
バックシートに積んでおいたカメラを潮風にさらす。

N潟のサクラの見ごろは週の後半でしょうか...

e0082981_2344013.jpg

e0082981_2352695.jpg

e0082981_2353993.jpg

e0082981_2355347.jpg

e0082981_236533.jpg

e0082981_2361891.jpg

e0082981_2362688.jpg
〔 GXR / A12 MOUNT | Elmarit 90mm F2.8 || A12 28mm F2.5 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-04-08 23:10 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(2)
YOKOHAMA BLUE
鉛色の雲の国から脱出した2日目の朝はヨコハマ。
絵はがきのような青い空、蒼い海、そしてみなとみらい地区の白いビル群。
大桟橋からはみなとみらいの高層ビルの合間に白く輝く富士山も大きく観えて、
イナカモンの思い描く典型的なヨコハマの繪図。

e0082981_2310922.jpg

e0082981_2310289.jpg

e0082981_23104221.jpg

e0082981_23105524.jpg

e0082981_23112497.jpg

e0082981_23113753.jpg

e0082981_23114910.jpg
〔 GXR | MOUNT A12 + SWH 15mm F4.5 〕


ランチをとるために予約してあったみなとみらいの食堂へ向かう途中、
グイーンズスクエアビルの下にキー局各社の中継車が並ぶ。
はたしてどこかの著名人でも... 

...との思いも見覚えのあるビルのエントランスので風景で吹き飛ぶ。
ほんの数十メートル離れた商業施設では自分たちも含めて大勢の客がにこやかに休日を愉しんでいるのだけれど、
冬の抜けるような日を浴びた日揮本社ビルの中では、錯綜する情報の中で悲痛な思いが渦巻いていたはず。
[PR]
by ara_umi | 2013-01-20 23:26 | 小さな旅(湊町ブルーズ) | Comments(0)
頑張れ 頑張れ!! 出来る 出来る!!
少し古いはなし...

年末の紅白歌合戦は出場者のリストが発表された段階で「今年は観ない」と云う方針が決定されていたけれど、
大晦日のTVチャンネルをサーフィンしながら(と云うふうに使うのか?)「この歌手だけはどうしても観たい」
と云う時間帯だけはNHKにチャンネルをあわせた。

何人かのお目当ての歌手の中では矢沢永吉がよかった。好きか嫌いかで聞かれれば好きなのだけれど、
矢沢王国の使途ではないので今回の歌は始めて聴く歌だった。
しかし、中年オヤジとしてはメッセージがビンビンと入ってきましたね、
もうその時間は相当酔っぱらって、ウラ(BS-TBS)で放送っていた吉田類状態でしたけれどね(笑)

「いくつになってもあきらめてはイカン」と云うような内容の歌だったと思うのだけれど、
今の矢沢に云われると「そうだ、そうだ!」と妙に共感。

演奏終了後、司会の若いモンに「なにかメッセージはありますか?」みたいなことを訊かれて、照れもあってか
なにも応えなかったけれど「歌で充分にメッセージしていたではないか!」とara_umiオジサンは思うのでした。

e0082981_22594224.jpg

e0082981_2302486.jpg

e0082981_2303194.jpg

e0082981_2304239.jpg

e0082981_2305493.jpg

e0082981_2364727.jpg

e0082981_2311991.jpg
〔 GXR | MOUNT A12 + SWH 15mm F4.5 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-01-19 23:26 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(0)
黒部の太陽
シネ・ウインドで21日まで上映中の『黒部の太陽』を観る。
ノーカット完全版は3時間15分もあり、途中10分間のインターミッションをはさみながら
=しかし、映画館のシートの出来が悪くて最後はお尻の痛さに耐えながら=感涙に浸る(笑)

主演の三船敏郎・石原裕次郎というビッグネームにも負けないオールスターキャストの
脇役陣に配慮したのか、タイトルロールの出演者の配列がアイウエオ順と云うところが泣かせた。

裕次郎登場のシーンで「裕ちゃん!」とか声が掛かるのかと期待していたのですが、無言...
最後も拍手が沸くのかと思ったら、それもなし。
映画館に脚を運ぶことの無いワタシがとやかく云うのもなんですけどね...

e0082981_2233329.jpg

e0082981_2234293.jpg

e0082981_2234132.jpg

e0082981_22342367.jpg

e0082981_223526.jpg

e0082981_2235212.jpg

e0082981_223530100.jpg
〔 GXR MOUNT A12 || UWH 12/5.6 | Summicron 50/2 | Elmarit 90/2.8 〕


冒頭、三船敏郎の家で土建屋(今はゼネコン)の加藤武が娘の樫山文枝に縁談を持ちかけるシーンでは、
旧家の和室に母親の高峰美枝子と娘の川口晶、加藤がそろい、まるで『あの映画』を連想させて
軽いデジャブに陥り...(笑)
[PR]
by ara_umi | 2012-12-20 22:45 | 小さな旅 | Comments(2)
行いのよい証拠
旅立ちの前日は雨降りだった。しかも、業界の先輩たちとGルフの予定まで入れて...
もう、この時期の雨降りGルフはご勘弁と云うことで早朝から先輩たちに「キャンセルしましょう」の電話を入れるも「とりあえずGルフ場へ行ってから...」などと歯切れ悪し。
家から片道20分ほどのGルフ場まで走り、クラブハウスで再びのキャンセル交渉。 どこかのコンペで参加なのでしょう、顔見知りの料理店の女将さんなどが雨具を着込んで恨めしそうにスタートをして行くところを見送りながらキャンセルの説得交渉成立、晴れて(降っていましたが)帰路の人に(笑)

一夜明けて、目指すは3年ぶりの信州上高地。昨日の雨が嘘のように晴れ上がり、冠雪したアルプスの山々が眩しい。

e0082981_22544465.jpg

e0082981_22552554.jpg

e0082981_2256576.jpg

e0082981_22561728.jpg

e0082981_22563898.jpg

e0082981_22565258.jpg

e0082981_2257556.jpg
〔 GXR | A12 MOUNT || SUMMICRON 50/2 ELMARIT 90/2.8 〕


前夜はGルフはキャンセルでも19番ホールは予定通り決行(笑)、二日酔いでバスの中でのBールがすすまなかったことは内緒...
[PR]
by ara_umi | 2012-10-24 23:01 | 小さな旅 | Comments(2)