タグ:M3 ( 19 ) タグの人気記事
小正月
昨年のクリスマスに我が家に届いたPENTAX Q & K MOUNT ADAPTER。
撮像素子の小さいQは35mm換算で5.5倍の焦点距離になるのでPlanar50mmは275mm。
スナップしか撮らないのでそれでも持て余すのに、大砲が欲しくなりオークションで捨て値の200mmをゲット!
さすがにカビが酷かったのでH間カメラでOH... 見違えったけれど、捨て値は正価になってしまった(泣)

e0082981_23311949.jpg

e0082981_23314497.jpg

e0082981_2332398.jpg

e0082981_23321723.jpg

e0082981_23323661.jpg

e0082981_23324830.jpg

e0082981_2333366.jpg
〔 M3 | UWH 12/5.6 ・ Q | 01 8.5/1.9 | SMC PENTAX-M 200/4 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-01-15 23:33 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(4)
撮り初め
正月6日目にしてようやく撮り初め。
「今年は違うぞっ!」
の思いを具現化するべく(?)フィルムカメラ!

しかし、それまでの5日間と同じく野暮な用事がワタシの時間を勝手に使い、
気がつけば夕方に... 軽い吹雪の景色は臨むところでも、光がぁ...
しかも、用意したフィルムのISOが100で、レンズの開放値は5.6とか4.5が本日のメイン機材と云うことで...

e0082981_0185067.jpg

e0082981_0192240.jpg

e0082981_0193534.jpg

e0082981_0194740.jpg

e0082981_020076.jpg

e0082981_0201120.jpg

e0082981_0202241.jpg
〔 M3 | UWH 12/5.6 & ULTRON 28/1.9 & HEKTOR 135/4.5 || Kodak GOLD 100 〕

今年の迷走も確実な予感(笑)

[PR]
by ara_umi | 2013-01-07 23:58 | 小さな旅 | Comments(4)
媒体船
今年始めのまだ写真機的物欲があった頃に仕入れて、ついぞ銀塩カメラでは使っていなかった超々広角レンズ
VOIGTLANDER URTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6のレンズ本来の焦点距離12mmを試す。
このレンズは数年前にMマウント版にモデルチェンジしてから、ビューファインダーは別売になった。
さすがに12mm用のファインダーは持っていないのでSWH用の15mmビューファインダーを流用。
構図も露出も超々アバウト(笑)
「視神経をトレーニングしてくれる未来レンズ」by田中長徳 ...って云う感じ!?

e0082981_23582319.jpg

e0082981_2359919.jpg

e0082981_23592433.jpg

e0082981_23593735.jpg

e0082981_01121.jpg
〔 M3 / ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 / 400TX 〕


UWH用の12mmビューファインダーを買うか否かが目下の懸案事項。
あ、原発やTTPや消費税や憲法改正などについてもあれやこれやと考えていますけれどね...
[PR]
by ara_umi | 2012-11-30 23:58 | 小さな旅(湊町ブルーズ) | Comments(4)
ランプシェード
『水と土の芸術祭2009』 作品No.18 Water Front在水一方(改) 王文志(ワン・ヴェンチー)

10月初めの台風被害であえなく倒壊した通称バンブーハウスも、前週には補強、再建されてバンブーハウス・フェニックスとして蘇える。 この日(11/15)は冬型の季節風により5m~15m/sec程の風が絶えず吹いていた。 更に、この川端は高層マンションのビル風の影響でときおり20m/secを越えたのでは、と感じた。そんな大風の中で耐風補強をしたバンブーハウスは、おおきく体を軋ませながら風に耐えていた。

e0082981_22323881.jpg

e0082981_22374927.jpg

e0082981_22375981.jpg

e0082981_2238888.jpg

e0082981_22381633.jpg

e0082981_22382573.jpg

e0082981_22383649.jpg
                   〔 R-D1s / Elmar f=5cm 1:2.8 ・ M3 / SWH / 400PRESTO 〕

タイトルのランプシェードとバンブーハウスの関連は …無い(笑)  カメラに残っていたB/Wフィルムを消費するために撮影したバンブーハウスのフィルムの現像を受け取りに行ったカメラ店の向かいにこの照明器具の印象的なビルが建っていただけ。
[PR]
by ara_umi | 2009-11-22 23:07 | 小さな旅 | Comments(6)
水と土の芸術祭 #016
『水と土の芸術祭2009』 No.13 関係―蓮の屋敷 関係―蓮の池 関係―記憶の土蔵 河口龍夫

来るべきXデーのための、久しぶりにM3のリハビリテーション(笑) その日も光の足りない状態が予想されるが、ここ齋藤邸・夏の別邸も充分以上に暗い。 この日用意したISO100のFUJICOLORでは、絞り開放から2.8でSS1/8~1/30ほど… ISO400のフィルムを用意してもそれほどSSは稼げないだろうし、かといってNOCTILUX-M 50mmF0.95 ASPH.などを買うわけにもいかないし(笑)

e0082981_2152635.jpg

e0082981_21523329.jpg

e0082981_21524281.jpg

e0082981_21525259.jpg

e0082981_2153215.jpg

e0082981_21531337.jpg

e0082981_21532585.jpg
                       〔 GR DIGITAL II ・ M3 / Summicron f=5cm 1:2 〕
[PR]
by ara_umi | 2009-11-01 11:01 | 小さな旅 | Comments(0)
不信なa
朝のラジオの話題で「朝青龍のガッツポーズ(ara_umi註:品性が無いということ)は許容できるか?」というものがあった。ラジオ番組にメールなどを返信する世代は戦後生まれの人が多い(今生きている人もその世代の方が多いが…)ので大相撲もスポーツの一種目という捉え方なのだろう、概ね賛同できる意見の方が多かった。
日本相撲協会も相撲は国技であり、奉納相撲など神事に係る部分もあるために品性を求めるといった建前と、興業(採算)面から外国人力士を登用しないと部屋の存続すらままならない各親方衆の思惑などが複雑に入り組んで一本芯の通った指導が出来ないでいる。

大相撲は日本人のためのものか、国際化すべきものなのかという立ち位置によってその主張するところは変ってくると思うが、ara_umi的にはまず日本の国技である、そしてその精神に賛同できる外国人にはその門戸を開けるというのが今の感情だ。国際化をしたために柔道はJUDOになってしまったが、剣道のように頑なに武士道精神を守るものがあってもいいと思う。勝つことだけに価値があるという考えには同意できない!よって、朝青龍の言動は容認できない!!(だから大嫌いだ!ということでもないのだけれど…)     …なんか、今日は語ってしまった…不振だ(笑)

e0082981_22264812.jpg

e0082981_22271696.jpg

e0082981_22272625.jpg

e0082981_22273932.jpg

e0082981_22274994.jpg

e0082981_22305527.jpg

e0082981_22281035.jpg
                        〔 M3 / Elmar 5cm f=1:2.8 ・ GR DIGITAL II 〕

   ムムム、やっぱり28mm(GR)と50mm(M3)の相性はgoodだ!こりゃ次(!?)はデジタル用に35mmだな… ここにも不審なaが…!?
[PR]
by ara_umi | 2009-01-28 22:44 | 小さな旅 | Comments(8)
その壁に刻まれたもの
たまに上京などして、地下鉄の階段を降りるときに下から風が吹き上げてきたときなど、鄙びた地方都市では絶対に感じることの無い、この街を造った工人たちの息吹きみたいなものを感じる。徳川時代に堀や用水を「かっぽれ、かっぽれ…」と掘りはじめて以来、明治になって以降も地下鉄用の坑道を掘削したり、巨大なビルディングを建設したり、とにかく兆大な人力がこの街を手当てし続けてきた念(エネルギー)みたいなものが空気の中に溶け込んでいて、そんな氣が蔓延しているのが大都会の空気のような気がする。

40年以上前に建てられたこの地方都市の複合ホールのコンクリートの壁を見ていたら、同じような人間の氣を感じた。現在のように工業製品化された建築材料が少なかった過の時代は、鉄や木や石やコンクリートなどの基本的な材料を職人技で設計者の意図どおりに表現するしか術がなかった…というより技術があった!…壁一面にリブ状に打設したコンクリートを手作業で削(はつ)った回数だけその職人の氣が壁に染み込み、いまだにその氣が発散しているのだろう。

e0082981_22352024.jpg

e0082981_22354655.jpg

e0082981_22355853.jpg

e0082981_2236865.jpg

e0082981_22362110.jpg

e0082981_22363131.jpg

e0082981_2236448.jpg
〔 M3 / SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 / 400TX 〕


いや、このレンズ!改めてフィルムで使うと凄い、周辺もデジタルほど落ちないし、何よりもまっすぐに写る …プアマンズ・ホロゴンの面目躍如!
[PR]
by ara_umi | 2009-01-23 22:44 | 小さな旅 | Comments(8)
50
祝!東京タワー開業50周年!!!!!

ということで(?)急に「"50"のつくものを買わなくては」(爆)という気分に…

最初EOS50Dが頭に浮かんだが、レンズやらなにやらを買う資金があるはずもなくあえなく却下。スーパーカブやヤマハメイトも"50"だが、やはりカメラ関係しか頭に浮かんでこない…orz

もう少し気の利いたものを選びたかったが、なにせ急に思いついたので手近なところで…オークションに出されていたコレを直電でGET


e0082981_17305658.jpg



e0082981_17311687.jpg

Nr.1551956というシリアルナンバーも必須だったのですよ(笑)  ara_umiサンタさんありがとう


…ん?よく観ると"50"ぢゃないぢゃないか!(泣)

[PR]
by ara_umi | 2008-12-24 19:58 | 小さな旅 | Comments(12)
雨の街
2月25日 「デジタル一眼レフ」プロ級写真の撮り方教えます 田中希美男 《時々書店で立読みしていたのに気が付いたら買っていた》
3月 5日 スナップ写真のルールとマナー 《一読して知人に進呈》
4月13日 カメラは知的な遊びなのだ 田中長徳 《チョートク先生へのお布施は卒業したと思っていたのに…》
4月19日 サライ -土門拳の写真教室- 《年寄りなので時々買ってしまう》
4月26日 PLAYBOY -世界を変えた50枚の写真- 《リーズナブルに楽しめた》
5月19日 横木安良夫流スナップショット 横木安良夫 《スナップに対する姿勢が違う、少々過激=さすが団塊》
6月19日 世界のM42マウントレンズ 《この本が役に立つと困る?》
7月 3日 真像残像 ぼくの写真人生 田沼武能 《前頁グラビアで手に取ったらずっしりとしていたのでつい…》 

e0082981_2124920.jpg


e0082981_21242350.jpg


e0082981_21243557.jpg


e0082981_21244937.jpg


e0082981_212535.jpg


e0082981_21251640.jpg
〔 Leica M3 Summicron f=5cm 1:2 / KODAK 400TX 〕

いくら本を読んでもさっぱり思うようには撮れません(笑)

[PR]
by ara_umi | 2008-07-09 22:05 | 小さな旅 | Comments(8)
レンズ三姉妹 【2】 Leitz
今日は「昭和の日」だった。昭和といえば銀塩写真ということで(?)昭和の前半の写真機界のトップスター!LEITZ三姉妹、35mm、50mm、90mm。ara_umiとほぼ同世代でスッピンでの登場を拒んだので、少し紗を…(笑)

(たぶん)独逸や米国で最初のオーナーと出逢い、流れ流れて極東の小さな港町で余生を送る…今年も少し光が通る…まだまだ現役!

e0082981_23443240.jpg


    そして、こちらも昭和を代表するフィルム、Kodachrome64 … おお、期せずして昭和の64(年間)といっしょだ!


             あああ あああ

              一日 一日 遠くなる

                わたしの時代が遠くなる

                  そしてあのこも あのひとも
    ワタシは小林旭や阿久悠ほどどっぷりと浸かっている世代でもないのですが…
[PR]
by ara_umi | 2008-04-29 23:59 | ちょっとカメラの話 | Comments(20)