タグ:Rollei 35 T ( 5 ) タグの人気記事
ちびっこハウス
善行は忘れた頃に復活する…
群馬県前橋市の児童相談所のまえに高々と積まれた紅いプレゼントの山
キザ兄ちゃん!(伊達直人)からのランドセル… ココロにポッと灯が点りましたよ(涙々)

e0082981_026947.jpg

e0082981_026301.jpg

e0082981_0264321.jpg

e0082981_0284165.jpg
〔 Rollei 35 T // 400TX 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-12-28 23:30 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(0)
比叡の諸道
仕事の関係の年賀状を仕上げる。 2日遅れの投函になるが元日配達にまにあいますか…(願) 表も裏もパソコンからプリンターを通っての印刷、今年は本文を複合機のレーザープリンターを使ったのが大間違い! ヒドイ仕上がり…orz 「届いたみなさん、お許しを」 

インクジェットはがきを使ったほうがよい色が出る場合と、普通紙にレーザープリントをしたほうが質感が上がったりする場合もあって選択に迷う。 もっとも年賀はがきを買う時点で構想やデザインが決まっているわけではないのでもともと無理があるのだけれど。

取引先や業界関係とクライアントが半分ずつで約400枚のプリントは小分けにプリンターにセットするのでそこそこ時間がかかる。 月初めの関西行きで読みかけにしていた司馬遼太郎の残りを読了。 旅のはじめに全部読んでおけばいいのだけれど、途中まででも旅は愉しめた。 残りを読んでもう一度旅を愉しむ(笑)

e0082981_07983.jpg



e0082981_072960.jpg



e0082981_073643.jpg



e0082981_074526.jpg
〔 Rollei 35 T // 400TX 〕
 
個人関係の年賀状あと200枚… こちらは年越か(ハァ~~~)


 
[PR]
by ara_umi | 2010-12-26 23:27 | 小さな旅 | Comments(0)
御料車
NHK BS2 で『走る宮殿 特別編』
かつてのテツとしては見逃せない。 番組では天皇陛下や皇太子が国内の移動に使っていた列車を御料車と呼んでいたけれど、ara_umi少年も御料車(御召し列車と呼んでいた)には思い出がある。

中学生のときに地元で植樹祭があり、そのときに御料車を牽いた機関車が当時新津機関区に現役で(!)所属していたC57 1号機。
わりと自由に忍び込めた(?)機関区で、ピッカピカにレストアされている真っ最中のC57 1を目の当たりにした記憶は今でも鮮やかに残っている。

e0082981_2356339.jpg



e0082981_23565214.jpg



e0082981_2357087.jpg



e0082981_2357986.jpg
〔 Rollei 35 T // 400TX 〕


本当はその番組のあとにBS TBSで放送された『吉田類の酒場放浪記特別編 奥の酒道』を観るための前座だったのですが…

どちらも素晴しい(笑)
[PR]
by ara_umi | 2010-12-23 23:27 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(0)
期限切れ
なにげにカメラ棚を見ると古いフィルムが5本。 そのうち3本は数年前に使用期限の切れたKodachrome64、これはカメラ棚のアクセサリーとして永久保存品。 あと2本はFUJI 100 ACROS、これもよくみてみれば2009.11と2010.2という風に使用期限がすぎていた。

そのくらいならまだナントカ写るのでは… と、RICOH GR10を取り出すも、挙動不審。 こちらも電池切れだった。 780円也のリチウムイオン電池を買い求め、黄金週間の街へ…

5月3日は万代方面から新潟島へ… オートフォーカスのコンパクトカメラはデジカメ以上にカメラを操作するところがなく(レリーズボタンを押すだけ)どうもペースがつかめない(笑) 翌日、もう一台Rollei 35 Tがあったことを思い出し、GR10に詰めてあった未撮影のフィルムをリバース。 しかし、フィルムが全部パトローネの中に巻き込まれてしまいお手上げ。 前日撮ったフィルムをN村写真機店に現像に出すついでに引っ張り出していただく。 この日はN村発~フルマチカミシモ~再びN村さんへフィルムを預けて帰艦。

GR10には2009.11のフィルム、Rollei 35 Tは2010.2のフィルムだったが、さすがに半年以上前に使用期限の切れたフィルムはコントラストが不足していた模様。 銘玉GRレンズも真価を発揮できず!? 目測距離計、露出もフルマニュアルのRollei 35 Tは撮影のテンポも何故か心地よく、フィルムの賞味価値もまだ残っていた模様(笑) 電池も買ったし、GR10もたまには使ってやらなくては…

e0082981_21335263.jpg

e0082981_21341891.jpg

e0082981_21342975.jpg

e0082981_2134404.jpg

e0082981_21345044.jpg

e0082981_2135197.jpg

e0082981_21351580.jpg
〔 Rollei 35T / FUJI 100 ACROS 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-05-06 22:12 | 小さな旅 | Comments(6)
覚悟はあるのか
今朝もいつものように朝食をとりながら朝刊に目を通していたら「富士写5000人削減フィルム事業縮小」の文字が目に飛び込んできた。コニカ・ミノルタのカメラ事業からの撤退、ニコンのフィルムカメラ部門の縮小→撤退(?)などの旧来からの写真ファンにしてみれば心情的には寂しいニュースのつづく中で、富士写真フィルムが早々に発表した声明は銀塩海岸を浸食する大きなうねりに対する防波堤にも思えたのだが…

e0082981_21435039.jpg

富士写真の勇気付けられる発表を知ったのは、GRブログにTBされたfujimori_leicam3 さんのJunk'sからであった、感激したara_umiはコメントバックをしたのたが、
流石fujimori_leicam3 さん!私の意見への同意とともに「皆でフィルムを使わなくては…」というコメントで、ara_umiの“対岸で感傷的になっている様子”に気付かせてくれたのだった。

写真のRollei 35 Tは私が30年近く前に初めて自分の金で(といってもお年玉を集めただけ)買ったカメラ。すでに自分の周りには気軽に使えそうな銀塩カメラがあまり無くなっている。

e0082981_21592013.jpg

壊れた三脚の部品が入荷したというので近所のキタムラへ行ったら気になるリーフレットが一枚だけ残っていた。

富士写真フィルムの「NATURA CLASSICA」SUPER EBC FUJINON ZOOM28-54mmに露出補正機能つきとある。どうやら発売されたばかり…と思ったら何かの理由で発売が延び延びになっているらしい。NATURA BLOGなるものまである。

最後の(!?)銀塩カメラとして購入するか、しかし本当にコンスタントに(といっても年に数本だろうが)フィルムを使い続けられるのか→フィルムに残したい被写体を追い続けられるのか…

それほど高い買い物でもなさそうだが、妙に覚悟が必要な気分。
[PR]
by ara_umi | 2006-02-01 22:17 | ちょっとカメラの話 | Comments(8)