タグ:Wonderful Tonight ( 28 ) タグの人気記事
フルマチ再び
昨年末にはもうフルマチのオネーサンは卒業!と誓ったはずなのに...

今日も新年会、昨日も新年会と宴会が続くうち、どさくさにまぎれて気がつくといつのまに...??

途中、過日のNガタナイトの番外編でのハジケタ場末のスナックの記憶が脳裏をよぎるも、饐えた匂いの記憶はラップに包んでポケットからQを取り出す(笑)



マグマ大使?
e0082981_23223296.jpg

e0082981_23225587.jpg




e0082981_23238100.jpg




e0082981_23232179.jpg


ベルサイユのばら??
e0082981_23233382.jpg
〔 Q | PENTAX-01 STANDARD PRIME 8.5mm F1.9 〕


Qには手ぶれ補正機能とF1.9というハイスピードレンズが付いているのだけれど、光の足りない場面ではそのボディの小ささから少しでも気を緩めるとどうしても手ぶれを起こしてしまう。まして酒と美女に囲まれていれば「気を緩めるな」と云う方が無理(笑)
[PR]
by ara_umi | 2013-01-14 23:15 | 小さな旅 | Comments(0)
何かいいことないか仔猫チャン
♪♪ What's new pussycat? wooow woow wow! ♪♪

♪♪ What's new pussycat? wooow woow wow! ♪♪

e0082981_22485764.jpg



e0082981_22495743.jpg

今日で君の青春のひとつの章が終わり、次の章へ幕が変わる




   「じゃあ、僕たちの関係も次のステップへ移るわけだ…」

e0082981_2250852.jpg


   「とか云いながらヘンなところにSわろうとしてもダメですからね!」

   「してねーし…(汗)」
[PR]
by ara_umi | 2011-05-31 23:59 | 小さな旅 | Comments(6)
今宵のYOU エピソード12
初代GR DIGITALの画像もキャッチコピーもユーザーから一般募集した特別企画カタログの銘コピー「いつもの路地が旅の入口になる」の精神を「いつものカウンターが恋の入口になる」と勘違いして始めたGR Dを手に夜の街を彷徨う『今宵のYOU』シリーズも、エピソード11からは機材にGXRも加わり、GXRで取材(?)するときは「(キャストが)スライドチェンジするたびに妄想世界は拡大する」というふうにカメラの綱領(カタログのコピー)に合わせて取材方針をチェンジしている(笑)

この日YOUは、取材方針にのっとり(?)Kトスのシンガー~ピンナップ・ガール~馴染みのYOUとスライドした(笑)

e0082981_223342.jpg

e0082981_016111.jpg

e0082981_0162226.jpg
                                〔 GXR | A12 50mm 〕

↑ のYOUのお店はオーナー・マスターの趣味がara_umiと完全一致してナ~イスなYOUが揃う店だったのに、マスターのもうひとつ趣味が高じて(?)T京にもう一店舗出して、N潟を留守にしだしたあたりから少し店の様子が変り、だんだんフツーになってきたことがちょっと寂しい…

で、そのT京の店というのが、もうひとつの趣味=音楽をメインにした参加型レストラン。 たまたまN潟の店にチラシが置いてあったので勝手に紹介(笑) N潟の店においてあったオルガンを持ち込んだようなので、たぶんマスターのキーボード伴奏で客にギターなどを弾かせるのだろう… 酒を飲んだあとにギターが弾きたくなるアナタは是非一度!(笑)

e0082981_2258354.jpg

あ、↑ の店で「ara_umiさんから聞いてきました」などと云っても通じませんのであしからず(笑)


e0082981_0163215.jpg

ピンナップガールは、この日洋行帰りの妙齢のご婦人からいただいたNYのチョコレートショップMARIEBELLEの板チョコ。 キルヒナー・ガールからの正当な流れを汲むアメリカン・ピンナップガールのパッケージがオシャレ。
[PR]
by ara_umi | 2010-04-24 23:22 | 小さな旅 | Comments(2)
わるいゆめ
 
「 あ ・ ら ・ う ・ み  さ ん 、ま だ 寝 ち ゃ だ ~ め … ♪♪♪ 」

e0082981_23134493.jpg







e0082981_231426.jpg







e0082981_23141375.jpg













e0082981_23142554.jpg

                       

「 ・・・ 」

[PR]
by ara_umi | 2010-04-01 00:00 | 小さな旅 | Comments(11)
Blue Valentine's Day
             今日は Blue Valentine's Day
              だって 君からの チョコレート
               もらえそうも ないからさ

             ハートのチョコ
              君に送る 相手がいたら
               そんなことを 考えたら
                ユーウツさ


e0082981_224133.jpg

e0082981_22412538.jpg

e0082981_224134100.jpg


                       たとえ ほかの女の子から
                        プレゼントされても
                         僕は 君からのでなきゃ
                          嬉しくないのさ

                       Biue Valentine's Day
                         今日は一日中 ユーウツさ       

( text by Eiichi Otaki )

e0082981_22414361.jpg
〔 GR DIGITAL II ・ GXR | A12 〕

そんなブルーなバレンタインデーですが GRブログTB企画 「ハート」 に参加です 



e0082981_22415574.jpg
 とか云いながら、実はケッコウ 「ムフフ…」 なヴァレンタインズ・デーだったりして… (笑)

[PR]
by ara_umi | 2010-02-14 22:14 | 小さな旅 | Comments(6)
四連投
右側のカレンダーのブログをUPしない日をみると、なにか新年の決意を新たにする大切なイベント(新年会とも云う)に出席した日の影ができているようでおかしい(ホントは悲しい…)

先週末からの四連投も無事(?)終わり、再び寄せてくる新年会の次の浪が来るまえの(酒)ラマダンに入る(笑)

e0082981_2221614.jpg

e0082981_22213719.jpg

e0082981_22214564.jpg

e0082981_22215446.jpg

e0082981_2222220.jpg

e0082981_22221132.jpg

e0082981_22222019.jpg

e0082981_22223054.jpg

e0082981_22223851.jpg

e0082981_22225011.jpg
                         〔 GXR | S10 ・ GR DII ・ K20D | FA43/1.9 〕


初日 : 「朋あり、遠方より来たる、亦楽しからずや」 ということで、松本から三人展"Keep Going"鑑賞のため、Aわ氏来たる。(新潟の面々は全然横の連絡はなかったのにちゃんとその気(どの気ぢゃ)で集まった!) 業界団体で催行する神事の稽古のため荒海料理には間にあわなかったけれど、2次会から合流。 静かな幕開け

2日目 : 今年に入って最初の新年会で盛り上がっている最中に、馴染みのおでん屋のママから新年会の誘いのCall・・・ 酔って気分がよかったので(?)つい、二つ返事でOK(爆) …そういえばこの日は三人展のみなさんからも「今飲んでるよぉ~」と云うCall があった。 20人ほどのシニア世代の客同士の狂乱の宴 壁に向かって腰を振りながら唄っているお嬢さん(?)も昼間は堅気のご商売をされている… (以下自粛)

3日目 : 業界団体、定期総会および新年祝賀会。 総会後講演会があり、講師に招聘した“美人すぎる講師先生”の洗練されたトークと美貌にKO! 祝賀会ではおじさんたちが引きも切らずに…
この日は荷物が多かったためにGR DIIしか持っていなかったのですが、“美人すぎる先生”はGXR | A12でお撮りしたかった被写体でございました、残念っ! …またいつか(!?)

4日目 : これまた恒例の月に1度の異業種交流勉強(?)会の新年会。 毎年メンバーの魚中卸業者社長からのスペシャル素材がタノシミなのであるが、今年は寒鰤!と河豚! 鰤は刺身、しゃぶしゃぶ、照り焼きと大活躍、当然全部食べられるはずもなくTイクアウト… ごちそうさまでございました m(__)m

この勉強会(?)も新年会のときだけコンパニオンのオネーサンが登場! 武田鉄矢の名曲「母に捧げるバラード」の頃は …ちちバンドの中にクラゲの頭ごと あんた男をたぶらかす… と唄われたアレも、今や周辺からお肉を集めて寄せ上げる(by 今宵のyou)のだそうで…
[PR]
by ara_umi | 2010-01-13 23:08 | 小さな旅 | Comments(6)
今宵のYOU エピソード11

  『(キャストが)スライド&チェンジするたび、

           妄想世界は拡大する(爆)』


         「おい、君たち、今日はクリスマスイブだぜ、デートじゃないのかい?」

         「なに?家に帰ってから、ひとりチーズフォンデュだって… 」

e0082981_23105160.jpg

e0082981_2311941.jpg

e0082981_23111934.jpg
                                    〔 GXR / A12 〕

この日入手したRICOH GXR A12ユニットのファーストライトは被写体を選ばなくてはならない! ということで、N潟の誇る美人の巣窟(?)某Sへ… この時間帯は忘年会の流れなので、すでに泥酔状態(笑) 

          「ピントなんて合わなくてもいい!?」 と思わせる写りに感動!!(笑)
[PR]
by ara_umi | 2009-12-25 23:39 | 小さな旅 | Comments(8)
今宵のYOU エピソード10
「いつものカウンターが、恋の入り口になる」

  …かどうかは知らないが、

GR DIGITAL IIを忍ばせてバーのドアおでん屋の暖簾をくぐったからにはピースサインのツーショットばかりを撮るわけには行かない(笑)


この日は少し寒かった
店に早く着いたボクは、君を待たずにいきなり熱燗から始めてしまった(いきなりアクセル全開)
里芋、ガンモドキ、豆腐… ああ、なんて地味なオーダー(笑)
美しい指が、魚をきれいに食べるのに見とれていたよ

e0082981_2355678.jpg

e0082981_236769.jpg

e0082981_2353880.jpg
                                  〔 GR DIGITAL II 〕

                            タイガーのようにキワドイ会話もなかったね
[PR]
by ara_umi | 2009-12-12 23:23 | 小さな旅 | Comments(0)
忘却
銀色週間からだらだらと日々を過ごしているうちに、新潟国体が始まってしまう…  という話ではなくて、あるメモリアルな日を失念していた。 もっともこの日はある会合で夜は家に居なかったし、次の日も別の会合で深夜まで街を彷徨っていたおかげでそんな日のことは、とっくに忘却の彼方にあった。

今日は、毎年(義理で買ってねと)お声のかかる、ある取引業者の絨毯の展示会。2年前はここで「砂漠の薔薇」に出逢い、シアワセなひと時を過ごしたものだが、その後彼女は売れっ子になってしまい、この手のイベントにはあまり同行しなくなったのだとか… それはそれで彼女の成功なので寂しさ半分、応援の気持ち半分というところ。

e0082981_21521587.jpg

e0082981_21524398.jpg

e0082981_21525599.jpg

e0082981_2153589.jpg

e0082981_21531588.jpg

e0082981_21533047.jpg

e0082981_21533846.jpg
                        〔 GR DIGITAL II ・ R-D1s / U28 // E50 〕

今年はイスラムつながりということなのかトルキッシュなムードで(?)、N潟のオネーサン(カルチャースクールのインストラクターらしい)たちによるベリーダンス! これは、これで120%OKですけどね(笑)

  …ということで、忘却の彼方にあったメモリアルデー=25日で5年目に突入の「おれのほそ道」、 さらにユル~~~く継続する気持ちを断固宣言!?
[PR]
by ara_umi | 2009-09-28 22:29 | 小さな旅(王国の私) | Comments(16)
今宵のYOU エピソード9
「いつものカウンターが、恋の入り口になる」

  …かどうかは知らないが、

GR DIGITAL IIを忍ばせてバーのドアをくぐったからにはピースサインのツーショットばかりを撮るわけには行かない(笑)


『今宵のYOU』シリーズ 久々の登場! いつもはラブコメディタッチの設定なのだけれど、今回は長編大河ラブロマンス風で… (笑)

e0082981_221828.jpg

e0082981_2213273.jpg

e0082981_2214150.jpg

e0082981_2215025.jpg


e0082981_2215999.jpg
         
〔 GR DIGITAL II ・ CAPLIO GX100 〕

女は魅力的な笑顔で話しかける、
いつしか身に付けたお客の心にスッと入っていく笑顔。
たわいもない会話に男の気持ちがほぐれていく
ふとした瞬間に見せる、憂いの表情
男はそれを見逃さなかった
そして落ちていく深い沼の底へ・・・。

                                            Text by Jutora



◆この物語はフィクションであり、登場人物、団体、設定等は一切架空のものですので無用の誤解は禁物です(笑)

[PR]
by ara_umi | 2009-07-15 22:09 | 小さな旅 | Comments(12)