人気ブログランキング | 話題のタグを見る

SOMEBODY'S NIGHT
朝、某ホテルの駐車場に痛いトレーラーが数台、そうか、今日は王様がやって来る日だったのか!(ノーチェックだったけど) webでスケジュールを確認して日が沈む頃、県民会館まで… 夕方近くになっても仕事が終わらずに焦る(汗)

たとえばara_umiの好きなEC(Eric Clapton)などはただ好きということで、そのファンの人たちと話していても共通の話題という程度だが、この王様(E・YAZAWA)は違う! かの国の国民は全員使途となり、たえず伝道活動をしているのでファンの人と話しているだけで王様のオーラがその人を伝わって感じられ、かの国の民ではないこちらまで嬉しくなってしまう! 「あ~チケットが欲しかった!」

SOMEBODY\'S NIGHT_e0082981_23403574.jpg
  

from NIIGATA
SOMEBODY\'S NIGHT_e0082981_2341357.jpg


from TOKYO
SOMEBODY\'S NIGHT_e0082981_23411393.jpg

 
SOMEBODY\'S NIGHT_e0082981_23412390.jpg
            

from UNKNOWN
SOMEBODY\'S NIGHT_e0082981_23413157.jpg
            

from OSKA
SOMEBODY\'S NIGHT_e0082981_23414610.jpg
            

ride PAIN CAR?
SOMEBODY\'S NIGHT_e0082981_2341569.jpg
〔 R-D1s / SWC 15mmF4.5 AL | ULTRON 28mmF1.9 AL 〕

by ara_umi | 2009-10-30 23:58 | 小さな旅(王国の私) | Comments(8)
Commented by yoshipass at 2009-10-31 00:22
全然知りませんでした!!!
特にどってことは無かったのですが、最近というか10年ほど前から凄っ!!!と思うようになりました。
Commented by sa55z at 2009-10-31 06:01
王様って、本物の「王様」かと思いました。
あの替え歌ロックの・・・・。
Commented by ara_umi at 2009-10-31 07:53
yoshipass さん、おはようございます。

ワタシも朝、柳都大橋のたもとに並ぶトレーラーを見なければ気付きませんでし
た。
10年ほど前に1度だけオールスタンディングのコンサートを観たことがあるので
すが、会場前から盛り上がる全国のファンがカルチャーショックでした(笑)
キャロルの頃はよく聴いていましたが、それ以降のYAZAWAはヒット曲くらいし
か知りません、最近の思いはYoshiさんとたぶん一緒です!!!
Commented by ara_umi at 2009-10-31 08:00
sa55z さん、おはようございます。

本物の王様もよくN潟に来ますが、彼の場合小国なのでお供のものは「テンポ刻
むクン」と名付けられたバックバンド係りのMDプレーヤー一人(?)です(笑)
昨日は仕事もあって暗くなる前に帰りましたが、開演前に会場の外で繰り広げ
られる、それぞれのチームに分かれて「エー!」「チャン!」、「エー!」「チャン!」
とエール(?)を交換するところが観たかった(笑)
Commented by jutora at 2009-11-02 01:40 x
最後のPain Car?で吹き出してしまいました!
いやー、でもこの熱気の中に飛び込んでみたいですね。
一緒にタオル投げたいですよ。
Commented by ara_umi at 2009-11-02 08:14
jutora さん、おはようございます。

痛車(と呼べるのか)はほかにも数台いました。

>この熱気にまじってタオルを投げる…
わかります、わかります…
もうこの歳になるとン十年分の自分の歴史の思いと、まるで変らないYAZAWAとの
コントラストが切なかったりもするのですが…
Commented by あわ at 2009-11-04 00:37 x
ワタシの行きつけのスナックにもYZAWAと同化したかのようにカラオケ・ライブをする御仁がおります。店のネェさんのひとりがまた筋金入りなので収拾がつかなくなって・・・。

尋常でないパワーに圧倒されながら呑むのも嫌いではないです。
(実は羨ましかったりもして・・・。)
Commented by ara_umi at 2009-11-04 07:59
あわ さん、再びおはようございます。

一見してちょっとコワそうにみえるYAZAWAの使途のみなさんも、声を掛ければ
ちゃんと撮影に応じてくださり大感謝です! 彼等も気分が高揚していますしね…

YAZAWAを含む彼等と自分のセンスとは対極にあると思っていますが、確かに
その中の何かに憧れている自分もいます。
名前
URL
削除用パスワード
<< 水と土の芸術祭 #015 高原散歩 II >>