人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラ・フォル・ジュルネ
今年の黄金週間は「ラ・フォル・ジュルネ新潟」で始まる予定だったが、この時期特有の業界団体総会シーズンに向けての準備会(今年は特にひどかった)やら、終わらない仕事をかかえ、更に休日にはGルフやPロ野球観戦などの行事を入れていたために音楽会はさすがにキャンセル(泣)。 あわせてN潟の街でも賑やかに開催された(らしい)関連イベントもパス(再泣)

それでも、GWの夜は家でハイボールを飲みながら、東京国際フォーラムで開催された「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のLIVE放送を愉しむ。

「ショパンの葬送」と題されたプログラム=「自分の葬儀にはモーツァルトのレクイエムを」という遺言に添って執り行われた葬儀を再現

【曲目】
ショパン:前奏曲第4番 ホ短調 op.28-4(オルガン独奏)
ショパン:前奏曲第6番 ロ短調 op.28-6(オルガン独奏)
ショパン(ヘルツィン編曲):葬送行進曲(オーケストラ版)
モーツァルト:レクイエム ニ短調 K.626
【出演者】
シャルロット・ミュラー=ペリエ [ソプラノ]
ヴァレリー・ボナール [アルト]
クリストフ・アインホルン [テノール]
ピーター・ハーヴェイ [バリトン]
鈴木優人 [オルガン]
ローザンヌ声楽アンサンブル
シンフォニア・ヴァルソヴィア (←これを りゅーとぴあのコンサートホールで聴きたかった!)
ミシェル・コルボ [指揮]


ラ・フォル・ジュルネ_e0082981_2265890.jpg

ラ・フォル・ジュルネ_e0082981_2272143.jpg

ラ・フォル・ジュルネ_e0082981_2273021.jpg

ラ・フォル・ジュルネ_e0082981_2273759.jpg

ラ・フォル・ジュルネ_e0082981_2274755.jpg

ラ・フォル・ジュルネ_e0082981_2275670.jpg

ラ・フォル・ジュルネ_e0082981_228686.jpg
〔 GXR | GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 〕


【公式ホームページよりの解説】
ショパンが亡くなったのは1849年10月17日。わずか39歳の生涯でした。死の床でショパンは遺言を残します。「私の葬儀ではモーツァルトのレクエイムを演奏してほしい……」。10月30日にパリのマドレーヌ寺院で行われた葬儀では、遺言に従ってモーツァルトのレクエイム他が演奏されました。この日のプログラムが「ショパンの葬送」と題してそのまま再現されます。安らかに眠りたまえ、フレデリック。

であったが、この有名なテーマの部分だけは誰でも知っているショパンの葬送行進曲を聴いてara_umiさんの思ったことは 「あ、これはダース・ベーダーのテーマだ!ジョン・ウィリアムズ先生は絶対この曲をネタにあの名曲を作っている!」 テーマが転調しながら展開していくところがまったく同じだった(笑)  …でもこれって、有名な話?
by ara_umi | 2010-05-11 22:49 | 今日は音楽の話 | Comments(2)
Commented by あわ at 2010-05-11 23:50 x
「ああ、これはアレの画だ・・・」と、垂涎ものでスクロールしておりました。
・・・が、マイクロフォーサーズの超広角レンズに走ったワタシは、またGXRから遠のきました(涙)。
Commented by ara_umi at 2010-05-12 08:01
あわ さん、おはようございます。

サクラ月間だった4月はなぜかGXRの出番が激減していましたので、A12の柔らかい描写は久々に新鮮でした。
ソニーからも新しいミラーレス機が出て、μ4/3陣営も更なる攻勢をかけることでしょう、あわさんも超広角の次(!?)が楽しみなのでは…(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< ゆどうふ サプライズ >>