人気ブログランキング |

スポットライトの消えるとき
2010年2月28日はどうしても行けなかった。 クライアントとの面談が午後2時、ちょうどりゅーとぴあ〔劇場〕でハンク・ジョーンズのプレイが始まる時間だった(泣)

ハイティーンの頃に生意気にJAZZを聴きだして、渡辺貞夫→THE GREAT JAZZ TRIO→HANK JONES … というラインと
MILES DAVIS→JULIAN ADDERLEY⇒Somethin’ Else⇒あ、HANK JONESだ! …みたいな流れも(笑)
十数年前、ナショナルのテレビか何かのコマーシャルでハンクの弾くピアノにジャバ・ザ・ハット様が涙しているシーンを観て「まだ元気だったのか!」と驚いたけれど、ここ数年はN潟でもときどき元気なプレイを聞かせていてくれていたのだった。

ハンク小父さんとの付き合いも30年以上か… もっとも"Somethin’ Else"の発表だってワタシの生れた年だからね… 
きっと今頃天国でマイルスやコルトレーンが歓迎のパーティを開いているはず、もうあの世のほうがだんぜん豪華ですから…

e0082981_21444181.jpg

e0082981_2145781.jpg

e0082981_21451950.jpg

e0082981_21453091.jpg

e0082981_21454082.jpg
〔 GR DIGITAL II with GW-1 ・ K20D | FA 43mm F1.9 Limited 〕 

MODERN JAZZのすべての歴史の証人HANK JONES 2010年5月16日永眠 91歳


Wikipediaに書いてあるだけでもそのGREATの一部でしかない、彼の輝かしいキャリアの最後が新潟の地だったとは…

 …2010年2月、東京ブルーノートではロイ・ハーグローヴ、TOKUらと共演。その後2月26日には下関のクラブビリー、2010年2月28日には新潟市民芸術文化会館に集まった900名前後のファンの前で、生涯最期となるピアノを熱演。
ファンへの思いやり、力強いステージワーク、ピアノに対する情熱は最期まで衰える事無く、アンコール後も、会場の入り口に登場し、サイン会を実施、200名近くの長蛇の列となり、すべてのファン一人ずつに声をかけ、握手し、サインを行った…

by ara_umi | 2010-05-18 22:12 | 今日は音楽の話 | Comments(2)
Commented by sa55z at 2010-05-18 22:42
劇的な感じで巻くが閉じました。
何の催し物だったのでしょうか。
Commented by ara_umi at 2010-05-19 07:55
sa55z さん、おはようございます。

昨年8月の「りゅーとぴあバックステージツアー」のときに撮った画で、HDDの
中に塩漬けされていましたが、ハンク・ジョーンズが上った最後のステージと
いうことで俄然意味が重くなりました。
このスタインウェイももしかすると弾かれたのかもしれません…
<< 展覧会やります! 砂丘館の五月人形 >>