2009年 10月 07日 ( 1 )
台風18号上陸間近
初夏の頃に各カメラメーカーから魅力的な新製品が発表されたときは、ara_umi国の財務状態が前年度までの計画無視の軍備増強および、古町下地区での夜の給油活動によって債務超過状態にあったこともあり、まったくといって良いほど物欲バロメータの針は動かなかったが、はるか南の太平洋上で台風18号が発生した頃から、まさに気圧の変化でバロメータのセンサーが狂ったのか死の商人(カメラ量販店)からカタログをもらったり、怪僧ラスプーチン(T中長徳)の予言の書などを買い求める日々。
我が国の財務状況は一向に改善していないので、いくらカタログや解説本を読んでも何の足しにもならないことは分かっちゃいるけどやめられない…

で、次の赤いシグナルは、何故か OLYMPUS PEN E-P1。 発売当初は、ダイヤル類のデザインや工作精度が気に入らず触手は動かなかったが、Panasonicから GF1 が発売されてCMを観ながら「SUMMICRONでハイビジョン動画が撮ってみたい…」 などと思い出したあたりからだんだんココロを危うい影が覆っていったようだ。 E-P1とGF1を比較すると双方ともに一長一短があり、誠に悩ましい(買わないのだから悩む必要はないのだが…) しかし、このマイクロ・フォーサーズというマウントは我国保有のL/MマウントFマウント更にはKマウントまで装弾可能で誠に実戦向き… ああ、やっぱり悩ましい(笑)

e0082981_215946100.jpg

e0082981_2201552.jpg

e0082981_2202692.jpg

e0082981_2203661.jpg

e0082981_2204799.jpg

e0082981_221179.jpg

e0082981_2211229.jpg
                        〔 GR DIGITAL II ・ R-D1s | SUMMICRON 1:2/35 〕

しかし、昨年あたりから一部で噂されているRICOHのレンズ交換式コンパクトカメラというのも気にかかる。 夏にはGR DIIIが発売され期待された素子の大型化はなかったが、想像以上のブラッシュアップでGR Dファンの期待には応えている。 が、やはり火のない処に煙はたたずとも云うし、すこしwebで調べたら来年くらいには(PENTAX)Kマウントを採用したレンズ交換式コンパクトデジカメの発表がありそうとの情報を得る!

Kマウントであれば素子はAPS-Cサイズだろうし、ara_umi国の主力部隊でもある。 そこにGR Dのデザインを踏襲したバルナック・ライカより小さいサイズのコンパクトカメラと、(マイクロ?)KマウントのGRレンズ(28mm&21mm相当)が加われば云うことなし!!なんですけどね(笑)       まあ、これ以上は鬼が笑いそうなので、またいずれ…

それより、N潟も5年ぶりの台風直撃を受ける模様だけれど、市内に点在する『水と土の芸術祭2009』のランドアートの中には、大風には耐えない仕様のものも多くあるように感じられるが大丈夫なのでしょうか???
[PR]
by ara_umi | 2009-10-07 23:17 | ちょっとカメラの話 | Comments(6)