人気ブログランキング |

タグ:K100Dsuper ( 75 ) タグの人気記事
Tell The Truth
20:00からのNHK hi プレミアム・ライブ「クロスロードライブ2007」を堪能!このプログラムがあることを知らずにチャンネルをガチャガチャ廻してしたら(何時のTVぢゃ!?)偶然エリック・クラプトンの顔を発見!クリス・ペプラーの解説の間にHDD録画のセッティング(ぎりぎりセーフ!)
キラ星の如くのオールスター・セッションのあと、後半30分のECのセットのオープニングは2006/7年のWORLD TOUR=日本公演で自分が観た日のオープニングと一緒!しかもフロントの3ギターも一緒!!大感動!!!

Tell The Truth_e0082981_025342.jpg

Tell The Truth_e0082981_032338.jpg

Tell The Truth_e0082981_034181.jpg

Tell The Truth_e0082981_04811.jpg

Tell The Truth_e0082981_043551.jpg

Tell The Truth_e0082981_045097.jpg

Tell The Truth_e0082981_051456.jpg
                       〔 GR DIGITAL II ・ K100D super / FA43mm F1.9 Limited 〕

             写真は、ECとはまったく無縁に9月の北陸行きの際に、芭蕉も立寄った那谷寺[なたでら]で撮ったもの。

               奇石さまざまに、古松植ならべて、萱ぶきの小堂、岩の上に造りかけて、殊勝の土地也。

                          「 石山の 石より白し 秋の風 」


             と詠まれた奇石も300年後に宇宙のマフィア“ジャバ・ザ・ハット”さまになろうとは…(笑)
by ara_umi | 2008-12-05 23:59 | 小さな旅(奥の細道をゆく) | Comments(4)
嗤う月
う~~~ん… 昨日のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの不動裕理は痛かった(泣)。メジャー大会しかも最終戦ということで相当気合いも入っていたはずだし、ちゃんと最終日のバックナインで優勝争いにしっかり絡んでくるあたりは実力者の貫禄充分!勝利の美酒をいただこうと冷蔵庫から缶ビールを出してきた日曜の午後だったのに…

上がり3ホールで逆転のはずが、トップで廻っている全美貞にはスコアを開けられる不味い展開、全英女子オープン(これもたしかリコーの冠がついていたはず)、目の前で観た日本女子オープンに続いてメジャー(韓国勢に)3連敗かぁ~とあきらめムード(←ファン失格)。いったんTVの前を離れPCでweb情報を確かめると古閑美保逆転優勝の文字が!?「このスコアの差ではそれはありえないはず!」と再びTV観戦…18番ホールでの不動のスーパーショットを見せられたときには「なんで古閑が優勝なの???」との疑問はピークに。

そこから先は不動の優しさ(一部の勝負師に云わせれば弱さということになるが)がでましたね…orz あそこで何事もなくバーディを決めてこそ不動裕理、来年こそ大復活を!!(今年だってそんなに悪くないんだけど)

優勝賞金¥25,000,000-に副賞としてリコーの複合機(事務用コピーマシン)とGR DIGITAL II(ワイコンなどフルセット)というところが泣かせた、来年は不動もGRistだ!

嗤う月_e0082981_2257814.jpg

嗤う月_e0082981_22575899.jpg

嗤う月_e0082981_22574530.jpg

嗤う月_e0082981_22581160.jpg

嗤う月_e0082981_22582037.jpg

嗤う月_e0082981_22583084.jpg

嗤う月_e0082981_22584015.jpg
                 〔 GR DIGITAL II ・ K100D super / FA43mm F1.9 Limited 〕

夕方、陽が落ちると西の空が嗤っていた。月、金星、木星という全天で明るい方から3つの星が揃い踏み。  詳しい解説はここを参照のこと
by ara_umi | 2008-12-01 23:33 | 小さな旅(宇宙の旅) | Comments(10)
銀杏2008
妙齢のご婦人から「ポートレートを撮ってほしい」との依頼。ara_umiさんのジツリキもだんだんセケンに知れ渡ってきたのか!連休の最終日、少し雲が切れて光が指してきたので晩秋の蛭野へ…
黄葉の名所だけあってカメラマン多し、シロートモデル(しかもおばちゃん)が長時間銀杏の前を独占するわけにもいかず撃沈…orz
昨年と同じくギンナン、キノコ、サトイモなど仕入れた山の幸だけが土産(笑)

銀杏2008_e0082981_21341027.jpg

銀杏2008_e0082981_21343859.jpg

銀杏2008_e0082981_21344821.jpg

銀杏2008_e0082981_2134585.jpg

銀杏2008_e0082981_2135933.jpg

銀杏2008_e0082981_21352131.jpg

銀杏2008_e0082981_21353073.jpg
                    〔 GR DIGITAL II ・ K100D super // Planar T* 1.4/50 ZK 〕
by ara_umi | 2008-11-27 21:50 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(8)
晩秋のお花畑
11月もいよいよ残り1/3、ボジョレー・ヌーボーも解禁になり(これは関係ないか…)年末に向けて加速してゆく日々。歳暮は、年賀状は… 11月はまだ冬じゃないんだから(?)少し雪が積もったくらいでタイヤなんか替えちゃいけない…

晩秋のお花畑_e0082981_2312528.jpg

晩秋のお花畑_e0082981_23131936.jpg

晩秋のお花畑_e0082981_23133467.jpg

晩秋のお花畑_e0082981_23134479.jpg

晩秋のお花畑_e0082981_23135450.jpg

晩秋のお花畑_e0082981_2314576.jpg

晩秋のお花畑_e0082981_23141560.jpg
                   〔 GR DIGITAL II ・ K100D super / Planar T* 1.4/50 ZK 〕
by ara_umi | 2008-11-20 23:32 | 小さな旅 | Comments(4)
山居倉庫
今回の山形への旅、最後は酒田市の山居倉庫。酒田には何度か行っているがいままで縁の無かった場所、今回の旅の個人的なハイライト。といっても特別に何があるわけではないのだけれど…
今回の旅の行程は芭蕉の「おくのほそ道」とTV小説「おしん」の所縁の地を巡る旅、実際に目にした景色に様々な心情をバーチャルにラップさせて旅を二度楽しむ(笑)

山居倉庫_e0082981_23553616.jpg

山居倉庫_e0082981_2356920.jpg

山居倉庫_e0082981_23562213.jpg

山居倉庫_e0082981_23563524.jpg

山居倉庫_e0082981_23564571.jpg

山居倉庫_e0082981_23565881.jpg

山居倉庫_e0082981_23571186.jpg
                        〔 K100Ds / FA 43mm F1.9 ・ GR DIGITAL II 〕

念願かなって山居倉庫へ行くことができたが、今回の旅でここへ辿り着くまでの観光地で幾度となく目にしたJR東日本『大人の休日倶楽部』のポスター=吉永小百合がこの山居倉庫の欅並木で佇んでいるもの=が目に焼きついていて、最後に是非今回お世話になった新潟交通(可愛い系)バスガイドI田嬢にモデルになってもらって同じような写真を撮らせてもらおうと探すもタイミング悪く叶わず。 
  「心残りだったなぁ…」 と、FA 43mm F1.9 Limited も云っていた(笑)
by ara_umi | 2008-11-05 23:23 | 小さな旅(湊町ブルーズ) | Comments(4)
CRY ME A RIVER
   「 さみだれを あつめて早し 最上川 」

ということで(?)山形いき二日目は、もはや五月雨が紅葉の季節になってしまったが、芭蕉も下った最上川の急流下り。平成の世では小一時間ほどの行程のちょうど中間地点にトイレ&補給休憩所あり(もちろん船会社の経営)。
乗船時には句の如く降っていた雨も船頭の予言通りすぐに上がったものの、川面を吹く秋風は少々冷たく体も冷える。そんな心理を見透かすかのように“鮎の塩焼き+ワンカップ熱燗(清酒最上川)”で750円也をほぼ全員が購入、酒を飲みたくない乗客は“芋煮鍋”あたりか…商売上手!!(笑)


CRY ME A RIVER_e0082981_2330391.jpg

CRY ME A RIVER_e0082981_23303218.jpg

CRY ME A RIVER_e0082981_23304242.jpg

CRY ME A RIVER_e0082981_23305229.jpg

CRY ME A RIVER_e0082981_2331418.jpg

CRY ME A RIVER_e0082981_23312080.jpg

CRY ME A RIVER_e0082981_23313183.jpg
             〔  K100Ds / FA43mm F1.9 ・ GR DIGITAL II ・ R-D1s / Summicron 50mm F2 〕

                  最上川はかつて北前船の寄港地として栄えた街、酒田で日本海に注ぐ。

                            「 熱き日を 海に入レたり 最上川 」

最後の画は酒田で撮ったものではなく、後日新潟の海でゲットしたものですが、ま、気分ということで… Summicron 5cm 初夕陽
by ara_umi | 2008-11-04 23:52 | 小さな旅(奥の細道をゆく) | Comments(2)
Sound of Silence
「 閑けさや 岩にしみ入 蝉の声 」 と芭蕉が詠んだ山寺(立石寺)に近い山形県天童市にある天童オルゴール博物館。ここを訪れたのは2度目であったが本物のオルゴールは相変わらずのこころよい響き。

芭蕉は山寺のまえに尾花沢で 「 まゆはきを 俤(おもかげ)にして 紅粉(べに)の花 」 という句も残している。まゆはきとは“眉掃き”と書き化粧の道具、そして芭蕉が旅した季節にそこで一面に咲いていたはずの紅花は、ここ最上地方の名産品。

Sound of Silence_e0082981_2313654.jpg


Sound of Silence_e0082981_232913.jpg


Sound of Silence_e0082981_2323580.jpg


Sound of Silence_e0082981_2325585.jpg


Sound of Silence_e0082981_2331159.jpg


Sound of Silence_e0082981_23327100.jpg


Sound of Silence_e0082981_2334048.jpg
                      〔 GR DIGITAL II ・ K100D super / FA43mm F1.9 〕

オルゴールの音色も良かったが、オルゴールを衰退させる原因になったモノというふうに紹介された蓄音機でかかった美空ひばりの「お祭マンボ」のSP盤にはぶっ飛ぶ!古いレコード、古いプレーヤーなのに、そこに美空ひばりがいるのではないかと思える臨場感、超アナログ力!そのあとで別室にてパイオニア製最新オーディオ(といってもアナログ盤でしたが)で聴いた「川の流れのように」はうるさいだけだった(ように聴こえた)
by ara_umi | 2008-10-28 23:31 | 小さな旅(奥の細道をゆく) | Comments(6)
一元の焼き方
一元の生き方とは「今の状態をどんな状態であれ、そのままで充分と受け入れ、しかもその状態をプラスに変えられる」と考える生き方のことです。他人が見れば嘆くような不幸にあっても、それを淡々と受け入れ、前向き肯定的に生きる。そうすると心の病や人生の問題は人生の宝物に変ってゆくのです。

そういう活動を実践している講師先生の講演を聴き、
「さあみなさん、眼を閉じてください。そうして、自分に対して『このままの自分ででいいんだよ』と心の中で何回も繰り返して云ってみてください」
との優しい問いかけに、その通りにしてみたら何かココロが暖かくなって不覚にも涙腺が緩み…「ほぉ、オレもココロの中では結構ツッパッていたのか…」と弱い自分を見た気がしたけれど、朝起きてもう一度ココロの中で同じ言葉を繰り返してみたら、ココロにさざ波もたたなかったのは…(笑)

一元の焼き方_e0082981_2254100.jpg

一元の焼き方_e0082981_227081.jpg

一元の焼き方_e0082981_2272445.jpg

一元の焼き方_e0082981_2255317.jpg

一元の焼き方_e0082981_2274231.jpg

一元の焼き方_e0082981_2275810.jpg

一元の焼き方_e0082981_22810100.jpg

一元の焼き方_e0082981_226615.jpg
                 〔 CAPLIO GX100(1~3,5~8)  K100Ds / FA43mmF1.9(4) 〕

写真は一元の世界とは行かず、10月初めに某所より届いた松茸をどうしても炭で焼きたいと思い苦労して炭をおこしたのに松茸のあと、肉を焼きだしたら家中が煙くなりたまらず玄関前に移民!ひと通り焼き終わったあと、残った熾きをみながらやはり残ったおかずを肴にもう一杯やっているところ(笑)…しかも焼肉の画は後日撮影したイメージ画像ということで(3~4元ですね)…
by ara_umi | 2008-10-21 22:39 | 小さな旅 | Comments(10)
あきさめを あつめて早し 最上川
年2回の依頼仕事のひとつ、業界団体の家族旅行に同行して集合写真を撮る。現地に着かないとロケーションはもとより、集合写真が撮れるのかも分からずに行くので(去年はガラス越しに谷川岳を望むナイスビューのホテルのロビーだったが、折り悪く逆光でCaplio GX100 1台しかもって行かなかったために内蔵ストロボではなすすべもなく酷い仕上がりになってしまった)最低限の準備が必要。去年の反省もあり、安いズームレンズとストロボを新調(←本当に最低限の準備だった(笑))
晩夏のみちのく路を北上して大きな鍋の前で記念撮影をする予定であったが、会場近くで雨模様になってしまったため、急遽ワイナリーの醸造工場内での撮影に…添乗員とワイナリーの女将さん(?)の云われるままに撮影場所が決まってしまったが、後から入ったワイン蔵のほうが狭かったがいい感じに撮れたはず…ま、最低限の準備のおかげで参加者の顔はみな認識できる(その程度かよ!!)

あきさめを あつめて早し 最上川_e0082981_2123282.jpg


あきさめを あつめて早し 最上川_e0082981_21232562.jpg


あきさめを あつめて早し 最上川_e0082981_21234098.jpg


あきさめを あつめて早し 最上川_e0082981_2123589.jpg


あきさめを あつめて早し 最上川_e0082981_21241371.jpg


あきさめを あつめて早し 最上川_e0082981_21242632.jpg


あきさめを あつめて早し 最上川_e0082981_21243970.jpg
                   〔 K100Ds / DA18-55mm F3.5-5.6AL II & FA43mm F1.9Ltd. 〕

しかし、このやがて1万円を切ろうかというズームレンズはよく写る!DA21mm F3.2AL Ltd.の出番無し!
タグ:
by ara_umi | 2008-09-08 22:13 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(2)
これでいいのだ!
ヨドバシカメラとかヤマダ電機とかの量販店に行く、展示してあるエントリークラスのデジイチに装着してあるレンズはたいていキットレンズと呼ばれる一番廉価なスペックも抑えられた、しかも小さくて軽いレンズ。そして何千人のお客にチェックされたそれらのカメラ&レンズは手垢にまみれ、量産工業品の本性を表し(?)およそ道具の持つ魅力などというものとは対極にあるように思えた。

これでいいのだ!_e0082981_2214407.jpg


このたび諸般の事情で所属する某業界団体の旅行とか行事の撮影というような依頼仕事(っていうのか?)をこなさなくてはいけなくなったP社のシステムに加わったWキットズームレンズ[DA18-55mmF3.5-5.6AL II/DA50-200mmF4-5.6ED]とストロボ[AF360FGZ]。望遠ズームは今月初旬に近所のキタムラで¥19,800-のプライスが付いていたもの(中古、わりと美品)を¥15,000-まで値切って購入…あまり安くはなかった、標準ズームは今年になってマイナーチェンジされ写りがよくなったと評判だったものの最安値をwebでチェックしていたらマップカメラで限定20台¥10,800-という価格につられゲット。本当はP社のシステムにはK20DとDA16-45mmF4がやはりマップカメラでバーゲン価格だったので追加装備したかったが、財政の問題で断念(涙)。しかし、小馬鹿にしていた(?)キットレンズも新品の状態でカメラにつけると量販店で見たものとは別物に見える見栄えのよさ…この辺は純正レンズのマッチングも…と、なんといってもPENTAXシステムのコンパクトさに驚く…チョット押し出しが利かない(依頼仕事はコレも大事(笑))というウワサも…
デジイチの世界ではフルサイズフォーマット時代の夜明けの様を呈してきているが、PENTAXは中判デジタルがあるのかは別としても、コンパクトなレンズとボディを生かしてAPS-C路線をひた走るもの生きる道かも知れない。


これでいいのだ!_e0082981_2215152.jpg
                     〔 K100D super / DA18-55mm F3.5-5.6 AL II(50mmF8) 〕

これでいいのだ!_e0082981_22153417.jpg
                        〔 K100D super / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50(F8) 〕

まぁ、宴会の前後に記念写真を撮るには充分な写りでしょう!ストロボの制御もわりとよろしいようで…できれば本体ストロボからのワイヤレス制御が…というのをエントリークラスに求めるのは贅沢?(笑)
タグ:
by ara_umi | 2008-08-30 23:08 | ちょっとカメラの話 | Comments(12)